皆さん長襦袢の色はどうされていますか?私が着るのはウールかポリ小紋くらいなので…

2017年10月12日

コメント ( 13 )


30: 2017年10月07日 02:04

突然ですが、皆さん長襦袢の色はどうされていますか?
私が着るのはウールかポリ小紋くらいなので襦袢で遊んでみたいのですが、
三十路女がどこまで遊んで良いのやら…。
周囲に着物を着る人はおらず、誰かに聞くことも出来ません。
真っ赤な綸子の襦袢とか着てみたいけど、どうなんだろう…?

31: 2017年10月07日 06:20

素材も大事ですよ。
これからの季節、静電気ありますし。
静電気に関しては「帯電列 繊維」で検索。

全体のバランスが良ければどんなのでもいいと思いますよ。

32: 2017年10月07日 07:41

30さんはそのバランスがわからないんだよね?
私の感覚だとウールやポリに赤い綸子の質感は合わないけど同じものを想像してるとは限らないからな
31さんのいう通り静電気すごそう

33: 2017年10月07日 09:01

>>30
一般的にウールとポリに正絹の襦袢は静電気が凄いので合わせないほうが良い
ただ静電気が起きにくいポリの綸子も売っています
しかし、綸子は地紋のある生地なのでそもそもフォーマル向けの襦袢なのです
さらに赤の綸子となると最近の傾向では七五三と振袖の時以外はあまり使いません
赤い襦袢は柄物だったり絞りだったりがカジュアル向けなので
それらなら紬や小紋にも合う可愛いものがありますよ
暗めの赤襦袢自体はお年を召している人が紬なんかに合わせても可愛いし
私は今40ですが明るい臙脂色の襦袢を持ってます
八掛だって色々な色があるので襦袢だって同じくらい色のバリエーションが
あっていいし着ても全然変ではありませんが(フォーマル以外)
そもそも襦袢も安くないので着回ししやすい色が多いというだけです
ウールならメリンスの可愛い柄物襦袢が古着で安く出回っているし
メリンスは染まりやすいので自分で赤に染めてもいいかもしれません
袖口から赤がちらっと見えるのはなかなか素敵ですよ

34: 2017年10月07日 12:13

アラフォーですが、普段着用の襦袢は茶色の無地と紫地に野菜柄の正絹、ポリの淡黄色、実家のタンスから出てきたピンクのモスの4枚を持っています。
ポリにはポリ。ウールにはモスを合わせるのが基本ですね。
正絹とポリ、ウールとポリの組み合わせは着心地が良くなかった。
個人的な感想ですが、天然素材と化学繊維の組み合わせはイマイチ良くないです。

35: 2017年10月07日 12:37

静電気はこちらが参考になります~

ttp://www.seidenki-100.com/2006/12/post_14.html

36: 2017年10月07日 14:00

>>35
すごい、わかりやすい…!

元スレ: http://www.kimonolog.com/archives/post-38841.html


スポンサーリンク


コメント一覧

  1. 着物の名無しさん   2017年10月13日 22:14

    寧ろウールの時にどんな素材の長襦袢を着ていらっしゃるのか知りたい。

  2. 着物の名無しさん   2017年10月14日 11:03

    昭和40〜50年代、私の家では、冬場のウールアンサンブルには、メリンス(モス、モスリンとも。薄手のウール)の長襦袢でした。

    私のは道長取り風にピンクと水色に染め分けられて、描き匹田の雲取りや花模様も散ってて、すごく好きな柄だった。妹のは赤地に花柄。母のは何枚かあって、全体が薄い朱色の描き匹田のものとか、ごく薄いピンク地に小さな羽根が飛んでる柄とか。祖母のはぐっと渋くて、グレイの地に小さな唐子が散ってる物が印象的。藤色のもあったと思う。
    つい思い出語りを、すいません。

    当時はいろんな色柄の、長襦袢用のメリンスが、豊富に揃ってたけど、今はあるのかな?あるなら30さんにもお勧めしたいけど。
    でも、とにかく虫に食われやすいのが難点だった。もし今もあるなら、何か新しい技術で克服されているのかな?でなきゃやっぱり、お勧めは出来ない気がします。ウールにはウールどうしで、一番合いそうにも思いますが。

  3. 着物の名無しさん   2017年10月14日 13:31

    やっぱり岡重だわー。綺麗だもの。
    でも一番のお気に入りは、赤というか朱色の矢羽柄。母親の物だけれど愛用してます。
    袖からのチラ見えが素敵なんです。
    以外に黒も好きです。
    猫柄の時には長じゅばんまで猫です。
    羽裏に凝るように長襦袢もコーデの一種だと思っています。

  4. 着物の名無しさん   2017年10月14日 14:50

    岡重は素晴らしいですよね。本で見るだけですが、迫力がある感じ。私は優しげな紫織庵の方が好み(でも1枚しか持って無い)ですが。
    長襦袢までコーデの内…とは、私もその通りだとは思います。でも予算も手間も、なかなか思うようには行きません。

    ウールやポリ小紋にという話題なので、今回の話題提供者の方には、東レのシルックで出ている岡重や紫織庵のコレクションなんか、どうかでしょうか?
    静電気問題があるので、ポリにはポリを。きっと豊かなコーデ遊びが出来るかと思います。

  5. 着物の名無しさん   2017年10月14日 21:06

    長襦袢は取りあえず見えるのは「振り」だけですので、そこに凝りたい婆です。

    私は古い(祖母、母、伯母、&叔母)の超×超の正絹長襦袢の袖を外して手芸店で買った染子でいろいろ染めた。

    面白いように染まるよ。まぁ 黒歴史的なものもあるけど、そこはそれ、もともとざっとな性格だし

    紬などには長着に縫い付ける。振りにぎりぎりにつけて「見ておくれ」的な立ち位置~~ってどんなだか???

    もしこの書き込み見て「よしゃ!」と思った方自己責任はもちろんだけど、絹は水を通すと縮むので
    干す時にしっかり形を整えてね。

    蛇足だが、ポリなども思いがけない色に染まるよ。柄だけががびっくりするようないろになったり

    なかなかスリリングだ!

  6. 着物の名無しさん   2017年10月14日 21:17

    母の若い頃のぺらっぺらな派手な正絹小紋を、着るのが派手過ぎる年になったら、長襦袢に仕立て直そうかなーと思ってる。羽織に直すには、安っぽい生地なので。。ぱきっとした、濃いブルーです。
    年とったら地味な紬とか着るようになるだろうから、その振りからチラ見せしたいと妄想しています。

  7. 着物の名無しさん   2017年10月16日 17:41

    ※6さん
    なるほど、そういう手がありました!一周回って考えすぎて忘れてしまってましたが、長襦袢にすれば良いんだと気付きました。有り難うございます。
    祖母が若く痩せてる時に誂えて、歳をとったら染め直してまで着ていた小紋があります。
    柄が気に入っていたので仕立て直しに出したら、裄はなんとか出るけど、丈がどうしても短く。
    確かに生地も薄くなっているし、祖母のお気に入りだったと思うと捨て難くて。
    立涌に菊が散りばめてあり、地色を焦茶に染め変えてます。

  8. 着物の名無しさん   2017年10月16日 18:46

    ※7さん
    そういう着物こそ長襦袢にするの良いかもしれませんね。
    思い入れのある物って、出来るだけ、ハサミ入れたくないですし、帯や羽織にするにはある程度
    生地がしゃんとしてないとダメだし。
    昔は、長襦袢って、そういう物だったみたいです。最初は長着で着て、痛んできたら長襦袢へ。
    長襦袢専用の生地で誂えるのは贅沢なことだったようです。

  9. 着物の名無しさん   2017年10月16日 22:31

    いいこと聞いた♪
    私も古い長着を捨てずにとっておいて長襦袢にしようっと

  10. 着物の名無しさん   2017年10月17日 10:53

    6さん7さんのような、受け継いだ思い入れのある品は、持ってないのだけど…。

    もう使わない振袖用の帯揚げを、昔の『美しいキモノ』の記事を参考に、古びてきた長襦袢の袖口と振りに嵌め込んでもらった。
    着ると、見えるとこだけ鹿の子絞りの、滅茶苦茶リッチで可愛い長襦袢が出来た。渋い紬に効果的で、嬉しいよ〜。

    古着市で、すごく惹かれるけど、派手で着られない絽の小振袖に出逢った。馴染みの呉服店では「大胆で面白い柄だから帯にしたら?」と言われたけど、長襦袢に。
    単衣の下に着て京都旅行してたら、某長襦袢の有名店で誉められた!一生自慢するぞ〜。

  11. 着物の名無しさん   2017年10月17日 11:09

    10さん、面白いことにお金掛けてるね~
    そう言うとこにセンスって出るんだろな
    東京の裏勝りってやつ?

  12. 着物の名無しさん   2017年10月18日 10:52

    皆さんのくりまわし素敵!
    そういうの着て、ひっそり楽しんでみたい!

  13. 着物の名無しさん   2017年10月19日 13:03

    長着そのままだと重すぎることもあるので、袖だけ使うなんてのも良いよ
    傷みが激しかったら数センチ幅に切って見えるとこだけ使うとか

コメントする

煽り・荒らしはスルーでお願いいたします。
煽り・荒らしやそれに反応したコメントは削除する場合がございます。
悪質な煽り・荒らしコメント・過度な連投・自演された方については、コメント規制させていただきます。


関連する記事


TOPページに戻る
きものろぐ - 着物まとめ -