--- スポンサーリンク -----

和装の髪型。友人は前日の夕方~夜にアップにしてもらい一晩そのまま寝る強者

2016年03月27日

コメント ( 14 )



710: 2016/03/21(月) 13:02:09.58

早朝料金&朝から美容室が億劫で、朝からの行事では自分でアップにしてる。
友人は前日の夕方~夜にアップにしてもらい、一晩そのまま寝る強者。
さすがに、うたたね状態らしいが。
頭にラップを巻き付けてUピンで固定すると、そんなに崩れないらしい。

713: 2016/03/21(月) 13:57:01.71

>>710
前に和服コンパニオンの知り合いにアップを持たすコツを聞いたことがある。
今はちょっと珍しくなってしまった引き出物とかに付いてきたナイロン風呂敷(紫と白のぼかし)を枕に被せるといいらしい。
アップにして3~4日をこれで持たせ、美容院に一度行って撫で付けてもらいなんとか週一に押さえるんだそう。
慣れれば眠れると聞いたけれどプロってすごいのねと思った記憶。
頭にラップとは逆の発想だね。

714: 2016/03/21(月) 14:21:27.82

>>713
昭和初期かよw
頭が痒くて仕方がないと思うんだけど・・

722: 2016/03/21(月) 20:59:53.09

>>713
今時アップなんてヘアアクセやスタイリング剤も簡単にできて質のいいものも一般人でも手に入るし
美容家電も安価なんだから毎日アップにする人なら普通自分でやるよ

それに>>714じゃないけど痒くなるし固めてるとかなり臭うよね…
昭和初期とは大気も違うから汚れ方も全然違うんだし今時不潔すぎる
夏場とかどれだけ香水使っても動物園並みの匂いになってると思う

724: 2016/03/21(月) 22:08:21.06

>>714
そこはかんざしで掻くといいよ

頻繁に洗わずに日本髪を維持させてる昔の人はすごいよね
自分なら痒くって発狂しそう

729: 2016/03/21(月) 22:55:15.30

>>724
でも禿げてたらしいよ
ソースは有吉佐和子の小説

730: 2016/03/21(月) 22:57:38.71

>>724
今でも、舞妓さんはそうなのだけれど。

731: 2016/03/22(火) 00:21:59.20

>>722
もちろん素人さんじゃない業界のお話で、
自分で上げている程度の髪では出入り出来ない場所もあるということね。
髪の造り、着ているもの、お作法でランクのつく世界もあるから。

というか、1週間洗わなかったくらいで動物並みの匂いになると言い切るのはどうかとw

732: 2016/03/22(火) 00:32:11.23

>>729
禿げてるなんて!衝撃的!
現代の悩んでいる人には羨ましいかも

737: 2016/03/22(火) 23:19:31.07

>>732
頭の後ろの中央ちょっと上に、まず髪を小さくギュッとキツく括って芯を作るんだけど
まげを結い上げていくいくごとに、そこに括りつけて形を作って安定させていくので
そこ1か所に全てのテンションがかかり続け、500円ハゲができる
舞妓さんに出てる数年で、十分できる   だが

髪が長いから、髪おろしてるときでも隠せると思う
世にいう本物の立派なハゲとはそこが違うw

741: 2016/03/23(水) 21:26:52.45

>>737

自分もそれ時々やってたが引っ張られて痛いので
もしゃもしゃのあんこをピンで止めてからそこに結い上げるようにしてる

元スレ: http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/ms/1454314325/


--- スポンサーリンク -----


コメント一覧

  1. 着物の名無しさん   2016年03月27日 22:23

    薄毛・五分刈りの祖父ですら、入院時3日お風呂に入れなかった時は頭結構臭かったのに・・・

  2. 着物の名無しさん   2016年03月27日 23:09

    佐藤愛子さんのエッセイにも後頭部の禿に自分の抜け毛を集めて作った「ハゲアテ」なるものをあててるお婆さんの描写があった気がします。なんか可愛かった。

  3. 着物の名無しさん   2016年03月27日 23:17

    腕が良い美容師さんだと可能だと思う。
    自分は洋装での結婚式出席だったけど、美容室が時期的に混雑してたから前日に8割ほどセットして、当日仕上げてもらった。
    普通に枕で寝たけど、なんともなかった。その美容師の娘さんは夜にセットしてもらい深夜バス寝て移動しても崩れなかったと。
    どんなにガッチガチに結われても頭皮が痛くならないのが凄いなー、と。

  4. 着物の名無しさん   2016年03月28日 02:28

    大昔には、髪を結い上げるための土台になる物を使う方法があって、その土台が頭に密着するように頭頂部のちょい後ろあたりの髪を剃ってしまうので髪を下ろしたら河童禿状態ってこともあったらしい、って聞いたことある。

  5. 着物の名無しさん   2016年03月28日 07:10

    社交ダンス部にいたから、前日に結うのがデフォだった。
    大会会場へ早朝から移動しなきゃだから、前日にワックスやスプレー沢山使って結い上げ、そのまま寝て、当日は開会前に会場でお直し。
    みんなそんな感じ。

  6. 着物の名無しさん   2016年03月28日 12:57

    石鹸シャンプーのスレッドだったかな、シャンプーの広告を見たことがある。

    明治時代の広告>月に一度は洗いましょう
    大正時代の広告>月に二度は洗いましょう
    昭和に入って>週に一度(略

    こんな感じだった

  7. 着物の名無しさん   2016年03月28日 12:59

    失礼、途中だった

    毎日洗ってる人が一日洗わないとかなり臭うけど、ふだんから数日に一度しか洗わない生活だと
    動物なみまでは臭わない

  8. 着物の名無しさん   2016年03月28日 15:28

    子供の時は週一シャンプーの世間だったわ
    頻繁に洗うと髪の油分抜けてバサバサになると言われてた時代
    髪に残留する成分とか今のシャンプーと大分内容が違うと思う
    当時は夏もずっと涼しかったしね

  9. 着物の名無しさん   2016年03月28日 15:30

    シャンプーというか、合成洗剤?のアレルギーで石鹸シャンプーに変えて、
    毎日洗うと必要な皮脂まで取れすぎてしまうので週1回ぐらいしかシャンプーしない。
    合間に2~3日に1回お湯とクエン酸で洗う。
    特に臭いとか言われたこともない。むしろつやつやサラサラで、来年50歳だけど白髪1本も無い。

  10. 着物の名無しさん   2016年03月28日 15:38

    ※4
    私もてっぺんは「剃ってしまう」ものなのだと覚えてた
    単純に自然な禿げを利用することもあったのかな・・・

  11. 着物の名無しさん   2016年03月28日 17:48

    ※10
    ずっとあたってて禿る。蒸れるから剃る(人もいる)、と
    短大時代に教授(女性)から聞きました。
    国語国文科だったので一度は日本髪で生活実践されたことがある女性教授、講師が多かったです。

  12. 着物の名無しさん   2016年03月31日 11:19

    臭いは食事や生活習慣でもだいぶ変わる

  13. 着物の名無しさん   2016年04月02日 12:23

    うちの家族、父親ですら体臭薄い人だから、一週間くらい洗わなくても臭わないよ。
    家族だから慣れてるとかじゃなくて機械チェックでも臭わないっていう。

    うちの母親も学校の式典の時は着物で来てくれたけど、美容院で前日にセットしてもらって椅子で寝てたな。
    朝から私の支度(小学生の時は髪結ってもらった)もあるし狭い場所で着付けるしで忙しかったから頭まで手が回せなかったらしい。

  14. 着物の名無しさん   2016年04月03日 00:44

    洗うのが普通だとこまめに洗うのに合わせて皮脂が出るから、洗わないと痒くなるけど
    あんまり洗わないと皮脂があんまり出なくなるので、しばらく洗わなくても痒くならない

コメントする

煽り・荒らしはスルーでお願いいたします。
煽り・荒らしやそれに反応したコメントは削除する場合がございます。
悪質な煽り・荒らしコメント・過度な連投をされた方については、コメント規制させていただきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事






TOPページに戻る
きものろぐ