--- スポンサーリンク -----

半幅帯むすびという106種類載っている本をお持ちの方はいらっしゃらないでしょうか?

2015年11月02日

コメント ( 1 )



704:  2015/10/26(月) 21:25:30.46

帯結びの本について相談です。
半幅帯むすびという106種類載っている本をお持ちの方はいらっしゃらないでしょうか?
別の本(25種類載ってて、試してみたい結び方がある)とどちらを買うか悩んでいます。
106種類は魅力的だけど、使わないのばっかりだと意味無いかなと思うのですが、実物を見れる本屋さんもないのでぜひ感想を教えて欲しいです。

706:  2015/10/26(月) 23:27:24.27

>>704
なんか聞いたことあるな、と思ったら持っている本だったw
半分以上はあまり実用性のない結び方なんだけれど、見ている分には結構楽しい。振り袖にもいけるようなのがあったりして興味深いよ。
試してみたいのも複数載っているから自分的には後悔していないけど、
改めてお値段見たら2500以上するのね。

707:  2015/10/26(月) 23:59:23.27

>>704
10年位前の本みたいですね。アマゾンの評価的にはどうかなーって感じだった。
この本は持ってないのでくわしくわからないけど、自分が買ったのすすめてみる。
半幅帯いろいろ結んでみたくて買ったのは
君野倫子の半幅帯結び楽しみ帖(21種類)と
くるりの帯結びアレンジ帖(35種類)
そもそもカラテア結びをやってみたくて、それっぽいのがのってるのを探して買ったのですが、
楽しみ帖よりアレンジ帖のほうを使ってます。
ただ楽しみ帖は半幅帯だけだけど、アレンジ帖は名古屋や兵児帯ものってます。
でも短めの帯の結び方とか、アンティーク帯についてとかものってて役に立ってます。
どちらも結び方のプロセスに写真がたくさん使ってるので、わかりやすいと思います。
どちらも実際に自分で結べる結び方がのってますよ~

708:  2015/10/27(火) 00:15:37.97

>>706>>707
ありがとうございます。正直、お値段と実物が見れないのとで踏み切れてない感じです……
707さんの本、お店で見かけしてて結構気になっています!名古屋帯のアレンジ載っていたのがとても楽しそうでした。半幅帯に特化したものに絞っていたのですが、そちらももう一度見に行ってみようかな……

706さんに追加で教えて頂きたいのですが、短冊系の結び方があるらしく、短冊系って、半幅帯を細く折ったもので結んでいくやり方なのでしょうか?

709:  2015/10/27(火) 00:59:20.05

>>708
置いてる本屋ない場合近くに図書館あれば蔵書にないかな?
今だとネットで在庫検索できたり予約取り寄せできたりするところもあるけど。

710:  2015/10/27(火) 07:00:32.11

短冊系は立て矢とか、タレ側も半分に折る系だよ。
106種類のは、ひと結び1ページが基本なので、なんとなく出来ても、途中の写真がないのでホントにこれでいいの?となる。あと、ゴムで固定とか飾り帯揚げとか帯二本使いとか特殊なのが多いよ。
帯一本に、足すとしても三分紐に帯留くらいの普段着や浴衣向きのは君野倫子本にも同じのが紹介されてるイメージ。風船太鼓とか。
個人的には笹島式の「帯結び100選 」は、半幅のベーシックな結び数種類に写真もページも割いてあって、これベースで練習したら飛躍的に綺麗に結べるようになったからオススメするわ。

712:  2015/10/27(火) 13:39:00.17

皆様ありがとうございます。実は図書館、私の県全部になかったんです……
が、もう1個の方は探したらあったので見てみます!
買うって決めきれないのでもう少し悩んでみます。何冊か買っちゃえばいいのでしょうが、大半の結びがかぶっててなんか無駄に思えてしまって…..
皆様におすすめされた本をじっくり見に行ってみます!

元スレ: http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/kankon/1443160489/


--- スポンサーリンク -----


コメント一覧

  1. 着物の名無しさん   2015年11月07日 14:03

    ここ読んですぐくるりのアレンジ帖頼みました。
    小ぶりだけど色々詳しく載ってて、買って良かったです(^O^)
    ついつい同じ結び方ばかりしてしまうけど、レパートリー増やして和装を一層楽しみたいと思います。

コメントする

煽り・荒らしはスルーでお願いいたします。
煽り・荒らしやそれに反応したコメントは削除する場合がございます。
悪質な煽り・荒らしコメント・過度な連投をされた方については、コメント規制させていただきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事






TOPページに戻る
きものろぐ