--- スポンサーリンク -----

おはしょりがどうしても右斜めになる。腰ひもを前下がりに結べば解消できるのかな?

2015年02月22日

コメント ( 30 )



102: 2015/02/06(金) 23:44:55.82

おはしょりがどうしても右斜めになる
腰ひもを前下がりに結べば解消できるのかな
姿見欲しい…

107: 2015/02/07(土) 11:40:38.81

>>102
おはしょりは裾と並行ではなくて、やや斜めになるのが粋なのよ。

108: 2015/02/07(土) 13:29:37.35

右上がりでいいんだよね?

109: 2015/02/07(土) 14:48:05.75

ていうか、右上がりになるものなんだって

110: 2015/02/07(土) 16:11:54.23

後と左はピーンと伸ばせるんだけど、右の合わさってる所がどうにもって感じなんです
下前?がもたつくというか…

111: 2015/02/07(土) 17:39:15.53

前を合わせるとき、床に平行にするんじゃなくて
足に添って裾すぼまりになるように合わせるといいよ。
そんで、腰紐で一度くくったら皺を伸ばしてきちんと折りたたむの。

元スレ: http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/ms/1422681016/


--- スポンサーリンク -----


コメント一覧

  1. 着物の名無しさん   2015年02月22日 09:06

    いやいやいやいや・・・・・・。斜めにはならんて。
    腰ひもは骨盤上にしっかり。前下がりとかにわざわざしなくてもいいんだ。
    そんでもって、全部上に引き上げてからおはしょりを丁寧におろす。前後しっかり。
    そこから内側だけを斜めに織りあげる。
    よって斜めになるのは、伊達じめか胸紐のかけ加減が問題なのかと推測。
    マイサイズじゃない場合、ここで長さを調整する。伊達じめの中に入れ込んで始末する。

    裾は右上がりでいいんだけどね。
    褄上がりっていうのか。

    帯を付けた後に、おはしょりをすーっとなでて、上がった分を下すだけでも違うのよ。

  2. 着物の名無しさん   2015年02月22日 10:01

    いや、なるよ?
    上前を少し上げるんだから、その分おはしょりが多めになる。
    船底型ってやつだね。
    今は日本○装とかではまっすぐになるように教えてるみたいだけど
    斜めになるのは別に間違ではない。

  3. 着物の名無しさん   2015年02月22日 10:10

    うん、確かに斜めになるよね。
    習ってたおばあちゃん先生が、斜めが当たり前で悪いことではないのよ、って言ってた。
    次の若い先生は腰ベルト(腰紐)を斜めにすれば真っ直ぐになるからって教えてくれた。
    好みの問題かと思ってたけど、決まりがあるのかな?

  4. 着物の名無しさん   2015年02月22日 10:39

    左も巻き込むようにちょっとは上にあげるから、左右ともに実は「上がって」いることになるよ?
    まっすぐにするには技術がいるのかな?
    ここで苦労したことないからわからんんけど。
    斜めが嫌なら、おはしょりを伊達じめに入れ込んで始末するのがいいんだよー。

    >>2
    船底型であってるね。中央が少し膨らんで左右は上がるっていう。

    それでも、帯を締めたのちに仕上げに綺麗に整えることは可能だから・・・・。

    雑誌なんかでは綺麗にまっすぐにしてるよね。
    おはしょり用の芯が売っていたのには驚いた。
    買って着装している人っているんだろうか。

  5. 着物の名無しさん   2015年02月22日 10:56

    >4
    あ、おはしょり用の芯、持ってます。
    普段は使わないんだけど、七五三で写真撮るときはピシッとしたくて使いました~。
    まだまだ初心者で、もっと上手くなったら無くても綺麗に出来るようになるのかなぁ。

  6. 着物の名無しさん   2015年02月22日 11:10

    4です。
    なりますよ~。
    どういうサイズでもいけます。
    すっーっととにかく1回は二枚を合わせて綺麗に整えるのが良いんです。そこから一枚にあげる。後ろも綺麗にね・・・・。
    後ろトントン前トントン、袖を引いて、おはしょり始末。
    襟先整え、衽合わせて、褄上がり。
    つまりは、おはしょりの衽と見ごろの衽線が合わないとおかしいんで・・・・。

    >5
    使ったんだ・・・。ぴしっとなるのはいいね!
    実は襟芯もカレンダーとかの方が良いって言われていて、確かに胸元が浮かないので綺麗になる。
    市販の物は長すぎるんだよね。でもそうじゃないと入れ込めないし・・・。

  7. 着物の名無しさん   2015年02月23日 13:22

    ※4
    ・前から見た時に見えるおはしょりは全て上前
    ・左のつま先を上げていようが上前の左側が上がるわけではない
    ・よって、左右共に上がるはずがない

    わかるか?

    で、斜めorまっすぐは個人の好みなので、間違った着付けではない
    まっすぐにしたければ、胸紐締めた後におはしょりをまっすぐになるように手繰ればよいだけ

  8. 着物の名無しさん   2015年02月23日 23:40

    わざと裾つぼまり気味になるよう
    直線直角基本な着物を、
    あえて袖付けから下あたりの脇線?をななめに角度をつけ、ラインを出す仕立てがあるとか(袖とのバランスや縫い目の負担があるので極端にはお勧めできないそうですが)

  9. 着物の名無しさん   2015年02月23日 23:41

    ※6
    はめこみ芯より三河芯てことでしょうか…

  10. 着物の名無しさん   2015年02月24日 00:12

    ナナメになるものだよー
    まっすぐにするには胸紐の時に引っ張りあげたり挟み込んだりして形を作る
    着せつけだとゴムベルトとか伊達締めとかで挟むことが多いのかな?

  11. 着物の名無しさん   2015年02月24日 11:59

    おはしょりは舟底にするし(まっすぐにも出来るけど好きじゃない)褄先ほとんど上げない(裾つぼまり好かない)。
    西の感覚なんだろうなとは思う。
    お太鼓の形も含めて好みが出る部分ですねぇ。

  12. 着物の名無しさん   2015年02月25日 09:18

    ※7
    なにその上から目線

  13. 着物の名無しさん   2015年02月25日 15:05

    慣れてくれば大丈夫になると思います。
    数をこなしていけば、解決しますよ。

  14. 着物の名無しさん   2015年02月25日 21:37

    ※7
    うん、ちょっと言い方きつくないかな。
    わかるか?
    なんてちょっとひどいよ。

    ※4
    気にしないで!

  15. 着物の名無しさん   2015年02月25日 21:55

    自分はあんまりピシッと真っ直ぐだと不自然な気がするので着たままなりに自然にしてる。
    記念写真を撮るような時はきれいな方がいいんだろうけど
    それでも別に裾と寸分違わずに真っ直ぐ並行じゃなくてもって思う。

    裾つぼまりに着た方が少しは痩せて見えるし
    おはしょりも真直ぐ平行じゃない方が粋に感じる。
    そういう自分は関東人でっす。

  16. 着物の名無しさん   2015年02月25日 22:16

    姿見がなくても着付けは出来るけれど
    みなさん持ってらっしゃる?

  17. 着物の名無しさん   2015年02月25日 22:37

    ※16
    姿見なしでの着付けも練習しようと思ったけど、衿元汚しそうだから結局止めた
    俯くとファンデとかで衿周り汚れるし、着物はともかく帯周りは鏡なし且つ俯かないで着るのは難しい

  18. 着物の名無しさん   2015年02月25日 22:41

    いつも不思議なんだけど、襟周りがファンデで汚れる人って顎の下とかにもファンデ塗ってるってこと?
    それって日常のちょっとした動作でも、洋服でも襟汚れない?

  19. 着物の名無しさん   2015年02月25日 22:49

    ファンデーションは首まで伸ばしますけど・・・・・
    え?やらないの?!
    確かに着物の時は薄めにはしますけれど。
    そのために半襟があるんじゃないのかしらん。
    イメージで着るの。
    仕上がりは首をすっきりあげているでしょう?
    着つけている間もそれを維持するのですよ。
    そうすると、ぐずぐず崩れたりしない。
    着付けの先生になまじっか見るからダメ・・・・・て言われた。
    特訓の甲斐あって最高速で三分で長襦袢から先ですが、二重太鼓までいけます。

  20. 着物の名無しさん   2015年02月25日 23:04

    姿見を見ながら着たらたいていは頭はすっきり上がってますよ。
    姿見がない方がいろいろ見る為に頭が下がってしまう。
    たまにしか着ないから自分を見ずに着るのも無理だし。

    ファンデは下唇ラインより下にはつけてないけど
    お粉だけは首まではたくし首が短いから1日着たら衿の折筋には汚れが。むしろ半衿のほうには目に見える汚れはついてないです。

  21. 着物の名無しさん   2015年02月25日 23:40

    ファンデ、顔の中心エリアからぼかして輪郭くらいで終わる感じにしてるな。首はベビーパウダーくらい。
    私も地味に手入れ本の「半襟のファンデ汚れ」のくだりが謎だった。役者さんとかじゃなくてもすみずみまで気をつかう人は首まで塗るのね。

    鏡見なくても衿合わせとかおはしょりは指の感覚や顔を動かさないチラ見でできるかな。動くと汚れ以前に崩れるからできるだけ動かない。
    お太鼓の形だけは最後にチェックしないと不安だから結局か鏡必要なんだけどね。

  22. 着物の名無しさん   2015年02月27日 08:48

    大元の話に戻るけど
    おはしょりは「右上がり」じゃなく、「右下がり」になるんだよね?
    右端を上げて腰ひもをかけるんだから多めになるから・・・・・・。
    それが「斜め」という表現?
    衣文を抜いて胸元をあわせると引き上げられるから、自然にまっすぐになる・・・のでは?
    たぶん、大元のスレ主は後ろのおはしょり分を綺麗に引き出していないのではないかしら?

    着付の本ではまっすぐにとあるよね。
    好みはあるだろうけれど、まっすぐにするのは不可能じゃないし、普通は右下がりになるはず。
    今日着つけていてなんだかおかしいと思って・・・・・・。
    流れを読まずにすんません。

  23. 着物の名無しさん   2015年02月27日 09:19

    右上がりになってるけど、普通だとおもってた…

    ファンデは輪郭まで、首にはパウダーも塗らないけど、着付け中とかなんかの拍子に下向いた瞬間、衿を顎で擦っちゃう。

  24. 着物の名無しさん   2015年02月27日 11:28

    ※22
    相談者から見て右なのか、向かって右なのかは分からないけど、斜めって説明で想像付くんじゃない?

    私の手持ちの着付けの本には、斜めになってokと書いてあるものもまっすぐにしましょうと書いてあるものもあるから、どちらが正解とも断言できんわ。
    好きな方、で良いんじゃないかねー

  25. 着物の名無しさん   2015年02月27日 12:17

    まとめると、慣れてくれば綺麗に着付が出来るようになるってことでええとちゃうの?

  26. 着物の名無しさん   2015年02月27日 12:35

    構造的に斜めにはなるもの
    真っ直ぐにしろと教える教室が多いけど
    まっすぐにするプロセスを入れる入れないは好み

    斜めだとカジュアル感や粋よりになる?
    手首を細く見せるためやこなれ感のために、セーターの袖口折り返して中のシャツの袖見せるかどうかぐらいの問題

  27. 着物の名無しさん   2015年02月27日 21:20

    ※26
    セーターのくだりが複雑でわからん、手首を細く見せるテクニックがあるの?
    細く見せたほうが良いの?
    そこまで気にして服を着なきゃならないんだ・・・・・・。そうか・・・・・。そうなんだ・・・・・。
    ある意味本気で勉強になりました。

  28. 着物の名無しさん   2015年02月27日 21:28

    ※27
    なぜ「そこまでして」「着なきゃならない」と言う程曲解というか、複雑に受け取るのかが分からない(笑)
    なんか生きづらそうな人だね…

  29. 着物の名無しさん   2015年02月27日 21:28

    おでぶだから知ってるんだけど、
    手首ってあんまりお肉がつかない部位だから
    腕が太くてもそこだけはそんなに太くない
    =細い部位を露出する事によって細くみえるのだ。
    これは足首を出すクロップドパンツにも言える事。

  30. 着物の名無しさん   2015年02月28日 11:37

    ※28
    服を着るのにそこまで考えたことが本気でないんだよ。
    手首を細く見せたほうが良いだろう・・・とか考えたことがないんだ。
    足首もそうだけど。
    だから、ある意味で勉強になったって書いたんだけど。
    曲解はしてないつもりなんだが。スマン

コメントする

煽り・荒らしはスルーでお願いいたします。
煽り・荒らしやそれに反応したコメントは削除する場合がございます。
悪質な煽り・荒らしコメント・過度な連投をされた方については、コメント規制させていただきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事






TOPページに戻る
きものろぐ