家族の日常着の仕立てに特化した本。読んでるだけで仕立てる意欲が無駄に湧いてきた

2016年10月23日



家族の日常着の仕立てに特化した本。読んでるだけで仕立てる意欲が無駄に湧いてきた

640: 2016年10月21日 01:35

こないだの土日に市の祭りがあった。
チャリティーで2冊100円の本コーナーがあって、料理本と一家中の浴衣等の仕立ての本を買ってきた。
料理本が主で仕立ての本は組み合わせのためのついでだったんだけど、帰ってからじっくり読んだら私の求める物ドンピシャだった。
ウール長着男女、男性の半襦袢、女性の肌襦袢と長襦袢、甚平、浴衣は男女と子供、
少し大きい子と男性のウールアンサンブル、小さい子供の長着と被布、これら全部の仕立てがセンチで載ってる。
上っ張りも「おじいちゃんの袖無し羽織」も載ってて、ただ読むのも楽しい。
何より図書館何館か見てもどこにも無かった、家族の日常着に特化した本なのがめっちゃ嬉しい。
読んでるだけで仕立てる意欲が無駄に湧いてきたw

647: 2016年10月21日 15:26

>>640
御手数ですが書名を教えていただけませんでしょうか?

650: 2016年10月21日 21:09

>>6477さん
640です。確認したところ、
装苑シリーズ24
一家中のゆかたとウールのきもの でした。
初版が昭和51年、私の手元のものが14版で56年なのでそこそこ古いです。
本来は実物大型紙がついていたようですが、私のものは残念ながら残っていませんでした。
今ググったら定価500円の古書なのに1296円とか出て驚愕してますw

651: 2016年10月21日 21:17

650追記
発行は文化出版局、ISBNコードは付いてませんでした。
センチ表記のものでこの範囲は結構珍しいんですよねー。
今コート仕立て中なのに、休憩~とか言いながらこの本読んでて作業が進みませんw

652: 2016年10月21日 23:57

>>640さん、わざわざありがとうございます。
そういう本を探していたので本当に助かりました。

653: 2016年10月22日 00:14

>>652さん
640・650です。
私も探してた系統の本なので、お役に立てたなら良かったです(・ω・)ノ
古い本は日常着があるけど寸尺で分かりにくかったり、新しいと日常着や男物がなかったり、なかなかいいの無いんですよねー。

関連和裁とはどんなものかという所からの初心者向け講座があったらいいのにな


元スレ: https://www.kimonolog.com/archives/post-35093.html





コメントする : 家族の日常着の仕立てに特化した本。読んでるだけで仕立てる意欲が無駄に湧いてきた

煽り・荒らしはスルーでお願いいたします。
煽り・荒らしやそれに反応したコメントは削除する場合がございます。
悪質な煽り・荒らしコメント・過度な連投・自演された方については、コメント規制させていただきます。


関連する記事





Recommend(外部リンク)