洋梨体系の、腰紐の上がってこないコツなんて教えていただけないでしょうか?【着付け】

2019年03月27日

コメント ( 1 )


200: 2019年03月17日 22:04

洋梨体系の、腰紐の上がってこないコツなんて教えていただけないでしょうか。
柔らかものでも太ものでも、1日着てると5センチは上がってくるので足元がみっともなくなってくる。
腰骨の上、へそ下でギュッと気持ちいい程度でむすんでるんだけど、背が高くて胴長だから襟元のまが抜けちゃうし、バランス難しい!!

201: 2019年03月17日 23:15

200さん
私は、ヒップばーんで腰のクビレは深いって体型で、やはり腰ひもが必ず上がってしまうタイプでしたが。
補正を背面のみでクビレを埋めて、腰ひもをゴムベルトタイプにしたら安定しました。
補正は、補正パッドを腰に巻き付けたらハンドタオルで隙間を埋めて。
腰のベルトは最初からウエスト部分に巻き、二重に重なる部分を気持ちずらして、抑える面を広めにしてます。
これだと、自分の身丈より短めな長着だと、おはしょりがかなり短くなってしまうのが難点ですが。

202: 2019年03月18日 18:43

私はウェストの補整をかなりしっかりやった上で、腰紐はウェストあたりで締めるようにしたわ。上がっちゃうもんなら最初から上に締めとけ、ということで。補整をしてるのできつくて苦しいってことはない。ただし、これをやるには身丈を標準以上に長くする必要あり。

203: 2019年03月18日 21:17

皆さん最初からウエストで締めてらっしゃるのですね。
着丈の長いの選んで練習してみます!ありがとう

204: 2019年03月19日 08:38

腰ひもウエストなら、身丈+五センチは必要
ゴムベルトにすると楽よ

元スレ: https://www.kimonolog.com/archives/post-39329.html


スポンサーリンク


コメント一覧

  1. 着物の名無しさん   2019年03月28日 14:37

    着て動くことでずれてしまうのには、やっぱり補正が効くんですね。補正の上は動きが少ないから。
    自分は体型的には補正入れることもないかなと思ってましたが着崩れ防止にはあるほうがいいみたいですね。

    ひもは、幅広のモスのひもを平たくしわの寄らないように絞めると、摩擦によって固定する面積が大きくなるのでずれにくいですね。

コメントする

煽り・荒らしはスルーでお願いいたします。
煽り・荒らしやそれに反応したコメントは削除する場合がございます。
悪質な煽り・荒らしコメント・過度な連投・自演された方については、コメント規制させていただきます。


関連する記事



TOPページに戻る
きものろぐ - 着物まとめブログ&コミュニティ掲示板 -
    • 着物のイベントや情報など、着物に関することで何かPRしたいことがある方はコチラ⇒「着物情報PRフォーム