--- スポンサーリンク -----

着物のマナーや柄とかどうやって勉強した?おすすめの本ある?

2015年01月13日

コメント ( 13 )



216: 2015/01/07(水) 12:29:43.86

最近着物にはまりはじめてるんですけど
マナーや今話されてる柄だとか
気にするべき点が多いんですよね
どうやって勉強されました?
親は興味薄くてわからないし、お店に入り浸るほどお金ないし
何かおすすめの本とかありますか?

217: 2015/01/07(水) 12:33:59.00

本屋さんでファッションのコーナーいけば雑誌も置いてあるよ
雑誌によって着物の趣味とか違うからまずは本を手にとってみて決めることをおすすめする
表紙だけ見るならアマゾンで検索してもいいかな
私はまずそこから始めた
あとはここを見てお勉強してるw

218: 2015/01/07(水) 12:44:18.81

美しいやさろんの付録が役立ってるかな

220: 2015/01/07(水) 12:51:36.50

>>216
私もまだはまって浅いからまだまだなんだけどね。
図書館とか近いなら、本を探してみるのもいいかも。
花は最初は無難に袷だったら秋春両方の花が入ったのを選んでた。木になる着物を見つけたらその柄がいつがおすすめか調べたり。
あとは個人営業のリサイクル着物の店主さんが親切だから、言われるまま遊びに行ってる。

221: 2015/01/07(水) 12:51:57.74

>>216
ttp://arata.jp/setsukosato/kimonolecture/index.html
読み物で、私のおススメは、ここ
オーソドックスと言うか、堅めと言うか
これらを守っていれば、年配の方に後ろ指さされることも無い内容かなと

222: 2015/01/07(水) 12:54:00.67

更新しなかったから割り込んだ、ごめん。
私は和服の飲食店でバイトして、そこの先輩にいろいろ教えてもらったよ。
お茶の先生してた人とかもいて、着付けや立ち居振る舞いはもちろん、嫁入り時の和箪笥があるだけで全く知識なしの母の着物なんかのことも相談させてもらえてすごくありがたかった。

223: 2015/01/07(水) 13:11:57.00

「着物の事典」は良かった。
すごく勉強になったし読みやすかったし読みながら
教室で聞いた話やここで見た話が綺麗にまとまってく感じがした。

224: 2015/01/07(水) 13:13:22.39

でも見て触ってって部分が大きいから、
リサイクル系扱うお店にちょこちょこ顔出して話すのが一番早そう。

普通の呉服屋でもいいけど実際買うまでに時間かかりすぎて気をもむ…と思うw

225: 2015/01/07(水) 14:02:29.91

うちは世界文化社の「着物に強くなる」のシリーズかな
あとは本屋で美着物やサロンを見るくらい

226: 2015/01/07(水) 14:34:47.40

雑誌だと宣伝多いとはいえ七緒が一番親しみやすい気はする
うつくしい着物とか世界違いすぎてw

227: 2015/01/07(水) 14:38:45.99

掲載されてる着物は高すぎだろと思うのが多いけど
染めや織りの製作工程のページは勉強になる

230: 2015/01/07(水) 16:30:24.20

>>227
その視点はなかった。今度からちゃんと読んでみる、ありがとう。

231: 2015/01/07(水) 16:32:11.18

大久保信子さんの着物の事典と、くるりの本がわかりやすかった
くるりの方が着物の糸や帯の種類は絵付きでわかりやすかったけど、季節の着分けは着物の事典の方がよかった

234: 2015/01/07(水) 21:03:35.61

季節柄のお勉強では、秋月さんの
「おでかけ着物歳時記」が良かった
読み物としても楽しいし

元スレ: http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/fashion/1419394154/


--- スポンサーリンク -----


コメント一覧

  1. 着物の名無しさん   2015年01月14日 16:35

    図書館なら笹島寿美先生の家庭画報の別冊おすすめ
    今はもっと緩くなってるけど
    これも、人気だったみたいで改訂版や旧版で格やルール微妙に変わっていて面白いよ
    もちろんご本人の著書の着付けの本も実践的

    大久保先生の着物の事典は基本が網羅されていてわかりやすいね
    あと着物の手入れだけを解説したムック本が良かった
    コーデは大久保先生自身は江戸好みだけど

    色無地関連は木村孝先生かな

    文様は世界文化社の特選実用ブックス「きものの文様」がいいね
    文様事典は色々ほかにもあるよね

  2. 着物の名無しさん   2015年01月14日 16:38

    着付け関連はくるりのDVDつきや大久保先生の本や七緒が評判いいな

    普段着物は秋月洋子さんとか
    木綿ウール中心の本もあるから大きな書店コーナーで色々見たら良いのでは

  3. 着物の名無しさん   2015年01月14日 16:48

    着付け本は色んな人の色んなやり方を知ると便利
    着付け教室で習ったやり方だとどうしても上手くできないところがあったけど、大久保先生や笹島先生のやり方でやると上手くできたりする
    図書館行くと色んな人の本があるし、市内の本なら近場の図書館や分室で受け取れるからいっぱい読めるよ

  4. 着物の名無しさん   2015年01月14日 16:54

    自分は習い事の先生+悉皆などでお世話になる相手+本や着物ブログ+サイト、掲示板+実践

    実践かなり大事
    着なきゃわからないことたくさん
    基本を抑えたら(自装、着付け本一冊は読破)
    着て1日過ごしながら生まれた疑問を少しずつ解決で良いかと

  5. 着物の名無しさん   2015年01月15日 00:42

    柄の知識としては茶道なんかのガチガチマナーを学んでおいて、TPOに合わせて崩して行くのが良いかも。普段着なんかはある程度なら何でも良し、冠婚葬祭は気を付ける、みたいな。

    着付けは色んなやり方があるから、YouTubeでも見て色んな方法を見て自分のやり易いのを見つければ良いと思う。良いとこ取りで。着付けに作法や決まりは無いからね。

  6. 着物の名無しさん   2015年01月15日 12:38

    どの本見ても帯締めの正しい締め方が載ってなくて焦る。
    一般的な「左を上に〜」のやり方では「羽織紐の結び方」になってしまって、房が下に下がってしまう。無理矢理上に向けているけど、本当は結び目部分で下から上方向へ引いて結ばないといけないんだよね…?やり方がイマイチ分からなくて帯留に逃げてるorz

  7. 着物の名無しさん   2015年01月15日 12:57

    ※6さん
    「森田空美のシンプル美着付け」に自分側からみた帯締めの結び方が載ってるよ
    カラーだしわかりやすいかもしれない

  8. 着物の名無しさん   2015年01月15日 14:10

    6です、7さんありがとう…見てみましたが、やっぱり結び目から出る方向が下向きでした。
    私が変なのかなぁ、書いて説明するのが下手過ぎるのかもしれないけど「向かって右側になる房が結び目の下から上へ出るように結びたい」のです…森田さんだけでなく大久保さんや石田さんの本も「結び目の上から下へ出てそれを上へ持ち上げて」いるので、もうこの方法が主流なのでしょうか。

  9. 着物の名無しさん   2015年01月16日 18:00

    本を買って読んで勉強したという人がいて、
    目からうろこ!
    早速おすすめ本を買ってみようと思った!

    着付けと着物知識、マナーは
    母親から子どもの頃から
    年齢に合わせて、教えてもらった。
    日々の暮らしの中で自然に身についた。

    そして、10歳ぐらいから、
    呉服屋に母と出かけて、
    母が選ぶのを横で見ていた。
    この反物には、この帯、
    この羽織には、この羽織裏、
    これはこういう時に着る。

    呉服屋との会話を聞きながら、自然と組み合わせを覚えていった。

    母親が着た姿を見るのも勉強、
    手入れをしているところを横から眺めるのも勉強

    洗濯や料理掃除のよう、に自然と覚えることができた。
    母が留守の時、母の箪笥を開いて
    帯揚げや帯締めを見るのが好きだったな。

  10. 着物の名無しさん   2015年01月16日 22:14

    ※9
    今は全国転勤も多くおばあさん世代もご高齢で遠隔地だと教わったりできないこともありますから
    今は着付けはネット動画もたくさんあります
    呉服屋さんや着付け教室や個人が趣味で上げて下さっているもの

    本は体系的網羅的なので知識面では効率はいいですが
    ちょっとしたコツや困った時の知恵、仕立てや手入れ関係は弱いかなと思うこともあります
    上記に皆さん方が挙げている本はその辺りが親切ですね

    私も祖父母は日常的に着物で生活していた世代ですが今の若い世代はそういう方は少数派です
    昔の知恵や格の基本だけでは図れない新しい生地や商品もいろいろ出てきてもいます
    着る人の平均的な体格や着るシーンや価値観も昔とは違います

  11. 着物の名無しさん   2015年09月13日 14:58

    着付けやマナーをと考えてる方には方向が違うかもしれませんが、
    アンティーク着物を楽しみたい方には、
    「暮らしのきもの手帖」がおすすめ。
    写真も多くて、見てるだけで楽しい。

  12. 着物の名無しさん   2015年09月13日 16:06

    世界文化社・家庭画報特選「着物の基本と着こなし・きものに強くなる」「きものと帯の組み合わせ」で手堅く基本を押さえたつもり。そして目だけ保養w。
    後は「七緒」で適度に今どきな着こなしや感性に触れているつもり。

  13. 着物の名無しさん   2015年09月13日 16:08

    ※9さん
    なんか素敵な物語みたいだわ

コメントする

煽り・荒らしはスルーでお願いいたします。
煽り・荒らしやそれに反応したコメントは削除する場合がございます。
悪質な煽り・荒らしコメント・過度な連投をされた方については、コメント規制させていただきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事






TOPページに戻る
きものろぐ