織元の奥様。しつけつきのお着物が長持にぎっしりあるけどほとんど着てない…とのこと

2015年07月06日



織元の奥様。しつけつきのお着物が長持にぎっしりあるけどほとんど着てない…とのこと

870: 2015年07月04日 09:28

最近ある織元の奥様とお話をする機会があったのですが、奥様、しつけつきのお着物が長持にぎっしりあるけどほとんど着てないし自分ひとりでは着られない、とのこと。
ご主人様が「作る立場の人間が着飾るものではない」「職人は最高級のものを無心に作るのみ、職人の家の者が着飾っていては世間様に笑われる」というお考えなのだそう。ただ、よいものは知っていなければならないので、嫁入りの着物はほとんどお姑様のお見立てで揃えたとか。
リサイクルやプレタを普段着に着てる私を、奥様は「自由でうらやましいわ」「今の時代、正絹でなきゃ、誂えでなきゃ、なんて言ってたら着物は廃れるばかりよね」とおっしゃるが‥。

871: 2015年07月04日 09:32

続き。
ご主人様は昔風の考え方なのかもしれないけど、おっしゃることも一つの見識かなあ、って思いました。職人さんがこつこつと作り上げたものしか持たない層と、気軽に安価なものを楽しむ層が二極化していたほうが着物は着続けられるのかな、なんて思います。

872: 2015年07月04日 11:12

作る立場の人も着てもよいと思うけどなぁ。ハレとケがきちんと分かれているのであればいいと思うのだけど。
着ないと分からないこともあると思うのよね。
着心地だったり、肌に触れる感触。肌に触れる感触と言ったって手で触るだけじゃないし、着た重さや暑さ寒さ、よい着物も着てあげなければただの箪笥の肥やし。

その長持ちの中の着物もよいものというからには蚕から育てた農家さん、繭から糸にした人がいて、織った職人さんがいて、縫ってくれた和裁師さんがいて出来上がったものでしょう。
それこそ作ってくれた職人さんに失礼なのではないだろうか。
ちゃんと着てあげて欲しい。

873: 2015年07月04日 13:03

>>872
870.871です。ご主人様の、職人としての分をわきまえたい、というのも日本人的美徳で素敵だなと思いました。こういう方が染織産業を支えて来られたのですよね。でも現実問題もったいないので、最近は奥様に声をかけて「こんどの催しに着物着ましょうよ!」「おうち浴衣始めません?」とお誘いしてます。「世界が広がったわ!」と喜んでいただいてます。
しかし私が着ているようなやっすいプレタを「私も買ってみようかな‥」と言い出されたのでそれは全力で止めました(笑)絹しか知らないわ、という方がいらっしゃるというのもいいものだなあと思うんですよね。

874: 2015年07月04日 15:53

絹物しか知らないといっても、ご主人は職人の家族が着るものじゃないって考えなんですよね
それって「昔風」なんだろうか?
今は洋服があるけど、着物が日常着の時代は一体何を着てた(着せてた)のか
特に着慣れてない、着付け初めてならプレタでも太物でもご自身が着易いものから始めたらいいんじゃないでしょうか

875: 2015年07月04日 17:25

ご主人様の職人気質は確かに美徳で、これまでの和装文化を支えてきたのかもしれないけど、今の和装文化を廃れさせている遠因もその辺にありそうな気がする。
着物は着飾るものだという認識。高級な着物を作っていらっしゃるからでしょうけど。
お姑さんも、いくら目を養うためと言っても「高級着物は着なくても持つべき」という考え方で、これこそ現代ではどんどん受け入れ難くなっている考え方だと思う。見るだけなら誂えなくてもそうした環境ならいくらでも見られるのでは?もったいない。
それに着物作る職人の嫁を、自分で着物を着られないままにしておくというのはちょっと恥ずかしくありませんか?
何代か前の職人の奥さんなら、庶民らしい着物で過ごしていたはず。お姑さんも、正絹だけじゃなくて木綿などの着物を仕立ててあげて、着方を教えてあげればよろしいのに。

876: 2015年07月04日 18:20

お客様に出すのより一歩控えた、でも奥様のために拘りぬいたデザインで誂えて着せてあげるくらいの愛がほしかった

877: 2015年07月04日 18:49

「ワシはフレンチシェフだが、家族には美味いものは食べさせない。
女房にも作らせない。家族が美味いものを食うのは恥だ。
しかし良いモノは知っておくべきだから作って冷蔵庫に入れておく。
見て楽しみなさい」って話だったら
おまえはアホか、そんな奴が人様に出せる旨いものを作れるか!と思うよねえ。
着物は人に着られるからこそ着物なのですよ。

878: 2015年07月04日 19:22

主役は誰かっていう話で
主役はお客様
だから提供する側が、
お客様よりも良いもの、華美なものを
身に付けないようにしているという
ことなのかもね。

879: 2015年07月04日 19:25

むしろ職人のくせに、着られないまま箪笥に放置されてる着物を見ても何とも思わないのかねえ
着物を衣服じゃなく芸術作品かなんかだと勘違いしてるんじゃなかろうか

880: 2015年07月04日 19:43

自営業で忙しいのと、いろんな状況を想定して着物を用意していたがたまたま着る機会のない着物も多かったのでは。着物が自分で着れないのではなく、着れるけど、姑さんに認めてもらえるほどはきちんとは出来ないということかも。

私の実家の母も、着物は正絹という考え方だから、私が現在ウールの着物で出かけているのを知ったら・・・。しかも、数百円のリサイクル品で。母と一緒に暮らしていたら、今も着物を着ていなかったかもしれない。

881: 2015年07月04日 23:48

昔は新しい着物を仕立てるなんて金持ちしか出来なくて、庶民は古着が普通だったのにね。

882: 2015年07月05日 01:27

良い物を身に付けないのは解った。じゃ誂えなきゃいいじゃん。その時点で矛盾じゃない?

どっちかっていうと、お客さんみたいにしょっちゅういい着物着て外出するようでは、職人の嫁として相応しくないということでは?
でもだからって嫁に着物一着も作ってあげないようなケチじゃないよ、という気持ちを表すために作るだけは作る、とか。
「ホントは持ってるけど、着る機会が無いだけ」と思わせておけば嫁もひねくれまい、という。考えすぎW?

883: 2015年07月05日 01:27

庶民は古着が普通…じゃあ、今は昔に戻っているね!

884: 2015年07月05日 06:57

んー、本人が着ないのは分かるけれど、自分の一番身近な女性に着せてみないのが変な感じ。
織物だったら布の変化を見れるし、染めなら動きが見られるじゃない?
素晴らしい家を作るけれど住む気はない!ッ言いながら商売してるの?

885: 2015年07月05日 09:31

置物職人・・・とかちょっと思ってしまった。華美でないことがイコール着物を着ない事にはならないと思うんだけどね。

886: 2015年07月05日 13:17

着もしないのに「良い物は知ってないと~」ってのがねえ・・・
着なくても知っておける「良さ」ってそれは本当に「着物の良さ」なの?
着物を着ない呉服屋の店員みたいでなんか嫌だわ

887: 2015年07月05日 13:19

もうね、奥さんは、奥さんになった時点で
女性じゃなくて、職人一家の一員なんだよ。
家長である、夫に従って当然の世界。
そこには妻は居れど女は居らんのです。

888: 2015年07月05日 15:14

いや、だからさ、じゃ何故誂える以下省略
っていうか、くれ。

元スレ: https://www.kimonolog.com/archives/post-20786.html





コメントする

煽り・荒らしはスルーでお願いいたします。
煽り・荒らしやそれに反応したコメントは削除する場合がございます。
悪質な煽り・荒らしコメント・過度な連投・自演された方については、コメント規制させていただきます。


関連する記事