若い頃の小紋等で作った綿入れ半纏。袖付け止まりの所にしてある細工をどうなっているん…

2017年10月09日

コメント ( 0 )


6: 2017年09月30日 05:48

ちょっと感心・感動した事があったので、聞いて頂けませんか?ご存知の方には、ごく当たり前なのかも知れませんが。

私は、若い頃の小紋等で作った綿入れ半纏を、冬の普段着に愛用しています。常々、袖付け止まりの所にしてある細工(笹縁?名称も知りません)を「どうなっているんだろう?細かい!面倒そう!」と思っていました。私の他の着物には、付いていません。

しかし先日、呉服屋の若女将が、とても素敵な着物姿(江戸小紋に染帯)だったのですが、それが施してあるのが見えたのです。
「おしゃれなよそゆき」に見えても、この人はこれで働いているんだな…労働に耐えられる工夫が、手間を掛けて、為されているんだ…と、私はなんだか感心してしまいました。

若女将も、和裁士の方も、着物自体も、「みんな心こまやかで、元気な働き者!」という感動があって、うまく言えないのですが、なんだか嬉しかったのです。

7: 2017年09月30日 19:15

閂留め(虫留め)のことかな
笹縁は別布でする補強のこと
晴着よそ行き普段着に関わらず、少し前までは必ず施したものだけど、今は省略されちゃうんだねえ

8: 2017年09月30日 19:16

あ、ネクタイの裏を見るとあると思いますよ、閂留め

9: 2017年09月30日 21:46

虫止めするの好きだわ…なんかリリアンとか思い出すw

10: 2017年09月30日 21:49

7さん8さん、反応下さってありがとうございます。6です。ただ、閂留めは浴衣を縫った時に、やったことがあるので、違うものだと分かります。

説明が下手で申し訳ないのですが、本体と同じ布を被せて、極小のV字型に、パイピングというか玉縁仕上げしてあるように、私には見えます。布端も縫い目も、全然目立たないようです。とてもしっかりしていて、美しく、閂留めより、ずっと丈夫そうです。

調べた範囲では、笹べり・笹どめ・あくち・人形・虫・乳・八ツ口……など色々に呼ばれているみたいで、名称はよく分かりませんでした。

11: 2017年10月01日 21:52

笹縁ですね
洋裁だとガジェット、力布と言うのでしょうか
労働に耐えられるというか、着物が日常着だった頃の丁寧な縫製、着物を長持ちさせ、繰り回すための工夫だと思います
今は特に希望しなければしないのでは?
半天は毎日羽織るものですから、縫った方のもしくは時代の気遣いでしょう
今半天をオーダーしても笹縁をつけてもらえるかどうか
小さな手仕事がだんだんなくなっていくのは寂しいです

12: 2017年10月03日 02:07

11さん、ありがとうございます。6(10)です。

「笹縁」は「ささぶち」じゃなく「ささべり」で良いのですね?覚えておいて、次回綿入れ半纏を作る時、頼んでみようと思います。
過去に紬や麻を着てバタバタ行動し、ドアノブ等に引っ掛けて袖付けを傷めた事があるので、これが施してあれば…とも思いますが、きっと現代ではとても贅沢な事ですね。

洋裁にも似た技法があるというのも、初めて知りました。洋の東西問わず、やっぱり大切に手を掛けて「着る」という行為をしてきたんだなあ、つい最近までは……と思いました。
貴重な情報を、ありがとうございました。

元スレ: http://www.kimonolog.com/archives/post-38841.html


スポンサーリンク



コメントする

煽り・荒らしはスルーでお願いいたします。
煽り・荒らしやそれに反応したコメントは削除する場合がございます。
悪質な煽り・荒らしコメント・過度な連投をされた方については、コメント規制させていただきます。


関連する記事


TOPページに戻る
きものろぐ - 着物まとめ -