--- スポンサーリンク -----

素朴な疑問なんだけど道行ってなんであんなに赤が多いの?

2016年10月10日

コメント ( 4 )



92: 2016/10/04(火) 19:08:39.67

素朴な疑問なんだけど
道行ってなんであんなに赤が多いの?
絞りの羽織みたいに赤の道行が大流行した時代があったんだろうか

93: 2016/10/04(火) 21:53:56.81

>>92
私もなんで赤が多いの?と思いつつ、最初の1枚は赤系。
買うと解るけど、洋服でいうと黒系のアウターみたいなもんで
大抵の着物には無難に合うんだよね。

先日、従姉妹が某神社で挙式して、私を含めた親族女性は全員振袖か江戸褄で統一。
外国人が群がってスマホやカメラを向けてきて芸能人になった気分だったw

94: 2016/10/04(火) 22:46:37.67

昔に嫁入り道具で若い人には赤!と出回って、それが今リサイクルに放出されてるんじゃなかったっけ?
私も赤もってるけど、大抵合うんだよね。個人的に赤好きだから選びたい放題だけど、赤の道行ばっかりそんなにいらないから買わないように気をつけてるww
八掛の赤が増えるのはいいんだけどね。

95: 2016/10/04(火) 23:55:44.49

道行の赤や朱って
20年ぐらい昔の流行りだと思うよ

よほど好きでもなきゃ、今更買わないほうがいいのでは

98: 2016/10/05(水) 08:28:58.21

>>95
30~35年前にも流行ってた。長い流行なのかな?

99: 2016/10/05(水) 09:11:30.73

流行というよりそれしかなかったみたい>赤い道行

100: 2016/10/05(水) 12:37:48.60

道行って赤系しかなかったんだ
また何でだろ

101: 2016/10/05(水) 13:21:05.58

30年前には祖母が藤色の道行き着てたし
母はグリーンを持ってるから赤以外にもあったよ。

赤が似合わなくなった年齢の人が手放してるんじゃない?

102: 2016/10/05(水) 13:59:23.50

そりゃあるにはあったけど、おしゃれな人、こだわりのある人、余裕のある人くらいなもんで。
40年ちょっと前で嫁入りに仕立てて終わり、だと若いうちは赤!って考えから動かないみたい。
(年取ると地味~~~な青系に移行するらしい)

103: 2016/10/05(水) 14:00:44.66

私は貰い物で紺っぽい道行持ってる。使った事ないけど道行って本当に暖かいのかな?

104: 2016/10/05(水) 14:05:19.95

外に着る汚れが目立たない色って濃い色だけど
その中で若向きなのが赤系しか選択肢無かったんじゃない?
今じゃ年齢関係無く紺や暗い紫も使うし、たまにしか着ない礼装用は薄色使うけど

105: 2016/10/05(水) 15:47:14.05

チリよけとは言え道行コートは寒くなって着ることが多いし
寒い時期に赤系の道行着ると血色も良く見えるし、
とりあえず若い頃にまず最初に一枚作るのが赤系道行なんだろうね

私は羽織も道行も好きで、特に衿が都衿になってるのが
可愛らしくて気に入ってる

元スレ: http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/kankon/1475235049/


--- スポンサーリンク -----


コメント一覧

  1. 着物の名無しさん   2016年10月10日 21:43

    赤い道行きと、大島の赤いハッ掛けは、ほほ同じ時代だと思う。あとたぶん絞りの羽織も。嫁入りセットだったんじゃないかな。

  2. 着物の名無しさん   2016年10月10日 22:29

    20年ほど前に母から譲り受けた道行は薄紅色。
    若いうちじゃないと無理な色だと思っていたけど、長着を黒や紺などの濃い色にしたら着られるのかな。

  3. 着物の名無しさん   2016年10月11日 01:46

    オクで見た赤い道行が地紋が素敵な七宝柄でときめいた。
    競り負けたけど。
    そしてきっと着る機会がないのだけど。

  4. 着物の名無しさん   2016年10月13日 13:41

    信号のことだと思って、焦ってるときはそんな気になるもんだよ、と書きに来たら、
    きものろぐかよ。
    油断すると、ここに来てしまうな。邪魔してごめんよ。

コメントする

煽り・荒らしはスルーでお願いいたします。
煽り・荒らしやそれに反応したコメントは削除する場合がございます。
悪質な煽り・荒らしコメント・過度な連投をされた方については、コメント規制させていただきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事






TOPページに戻る
きものろぐ