とんでもなくド派手な色無地。どなたか活用法を思い付いたら教えてください

2019年03月26日

コメント ( 15 )




143: 2019年02月27日 08:33

先日、実家の母から「あんたに良さそうな色無地があるから、サイズ直して送るね」と連絡があった。
今年は子供の入卒もあるし、早速使おうとうかれまくっていた。

が、届いたのは蛍光色にちかい黄緑。地紋がでっかい花、極めつけに朱赤のぼかし八掛。とんでもなくド派手な色無地だった…
その上、染め抜きで一つ紋が入っているため遊びで着るのも難しい。

私の浮かれようと落ち込みっぷりをそばで見ていた子供からは、「元気だして。でも卒業式にも入学式にも着てこないでね」と釘を刺された。

どなたか活用法を思い付いたら私に教えてください

144: 2019年02月27日 08:43

結婚式のお呼ばれとかだったら華やかでいいんじゃ?

145: 2019年02月27日 09:23

>>144
ありがとう。
そしてたぶんもう誰も結婚しない…

146: 2019年02月27日 09:24

>>144
呼んでくれる?

147: 2019年02月27日 09:41

>>143
それはもう染め直しや紋消しなどお金のかかるリメイクを検討したほうがいい案件では。
サイズ直ししてもらったばっかりでもったいないけど、手持ちの小物で印象を変えるアレンジ程度では無理でしょう?
小物を新調する手もあるけどそこまでインパクトの強い着物をどうにかできる小物だと手持ちの着物には使いづらいものになってしまうだろうし、そうまでしてもやっぱり着物本体のインパクトは消しきれないから不満の残る着姿になっちゃうだろうし。

地紋が大きなデザインなら蛍光色を落ち着かせる色掛けをして羽織やコートなど上に着るものに仕立て直せば地紋の派手さで大人しくなりすぎない無地羽織やコートになると思うわ

148: 2019年02月27日 09:55

>>143
マイサイズに直したばっかりで解くのがもったいないなら、丸染めしてくれるところがあったと思うよ。
八掛や胴裏も同色に染まっちゃうけど。

149: 2019年02月27日 11:03

147、148さんありがとう。
そのまま丸染めか総丈の道中着にしようかな…

やはりそのまま着れる場面は結婚式くらいだよね
ちょっとお財布と相談してみる

150: 2019年02月27日 12:59

祖母や母世代のワードローブに蛍光黄緑やショッキングピンク等ギラギラした色調の着物が含まれてる率は異様に高い
そして八掛はほぼ例外なく濃い朱赤のぼかし
100%そのままでは着ないので見つけ次第染め替え・八掛交換に出してる

151: 2019年02月27日 14:43

羽織着れば紋は気にならないでしょ。良さそうって言われたってことは、単体で見るとすごいけど着てみたら意外にしっくりするのかもよ。とりあえず一回着てみたら?

152: 2019年02月27日 17:21

蛍光色は帯や伊達衿でも昭和風味が出ちゃうよね
やはり染め直しか、八掛だけでも取り換えてみるとか?
あるいは意外と151さんが言うように、着てみると違和感それほどでもなかったりすることもあるから
一度着てみてもいいかも

153: 2019年02月27日 17:35

派手派手な色味は着てみると若く見えるから、けっこう使えるんだけどな
洋服でも地味色より派手色着てるおばちゃんおばあちゃんの方が若々しくあか抜けて見えない?
きちんとメイクして髪の毛もセットして小物を上品にすれば派手色の着物ってすごくお洒落になるよ

154: 2019年02月27日 19:37

みなさんありがとう!
143です。
みなさんのご意見を参考に、着付けてあっさり目の袋帯と小物であわせ、更にお蔵入りしてた黒絵羽織を羽織ってみました。
あれ、なんとなくいけなくもない…?てとこまではきた。が、子供が「何それ。ただ者じゃない」と笑い転げてました。
ダメ元で、まだ卒業式まであがいてみます笑笑

155: 2019年02月28日 07:20

蛍光黄緑だと、薄いグレーをかければ明るい抹茶色にできると思う。小豆色の小物と合わせたくなりそう。
残る問題は織柄ですね、あまり地味な色にしたらアンバランスになりそうだから、そこを考慮すると青をかけて深い色合いにした方がいいのかも? 

実際は丸染めの専門の方と相談だけど、写真に撮って色をいじってみたら面白いと思います。
染は時間がかかるから卒業入学には間に合わないかも、これも相談してみないとわからないですね。

もしお子さんが着て来て欲しくなさそうなら、今回はその着物は見送りかな~

156: 2019年02月28日 09:49

蛍光黄緑に朱赤の八掛・・・まさにそのままの色無地がうちにもあるわw
もちろん母からのお下がり。
親が若かった頃はこういうのが流行ってたらしい。

>>154
「何それ。ただ者じゃない」

どういう意味だろう?
何かの師匠っぽくなっちゃったのかな?w

157: 2019年02月28日 09:54

黒絵羽織で大奥様感が出てきたところに
サイケデリックな差し色が入ってちょっと珍しい感じになったんじゃない?
やっぱり着物にも流行り廃りがありますね。

元スレ: https://www.kimonolog.com/archives/post-39329.html




コメント一覧

  1. 着物の名無しさん   2019年03月26日 22:10

    昔の色無地は八掛がついてなかったのかしらね。
    私はバブルちょっと前くらいからしか知らないけど、その頃は色無地には同色の八掛が必ずついてたよ。

  2. 着物の名無しさん   2019年03月26日 23:28

    昔はいろんな地紋の三丈の白生地から好みのを選んで好みの色に染めたから、八掛けも白生地を共に染めるか、シャレ気の強い地紋だと、あえて別色の八掛けを付けるとか自由だったんだと思う。紋付の定義もかなり曖昧だったよね。今の感覚だとなぜ背紋がついてるのか?てなる着物も多いし。
    地紋のない四丈モノの縮緬反物で色無地を仕立てる時には、八掛けも共生地で仕立てた。
    細かい地紋の表地に、別地紋の八掛けが繋がってる無地反物はバブル頃からかな。

  3. 着物の名無しさん   2019年03月27日 08:56

    あーそういえば、今から40年くらい前にちょっと格の高いお茶会の引き受けを手伝った時に、
    お運びさんにも「色紋付き共八掛」のお達しが出たことがある。
    ってことは、普通に共八掛ではない色無地があったってことよね。

    私はその頃まだ小紋くらいしか身体に合う着物を持ってなくて、
    母の色無地に肩あげしてお運びしたから覚えてる。着崩れては小部屋に連れ込まれてお直しされた。

  4. 着物の名無しさん   2019年03月27日 12:11

    3さんのエピソード、お茶素人の自分はガクブル。着物初めてからも礼装とお茶以外は自由だよと温かい所で楽しませてもらってるから、あー本当に言われるんだーと。
    お稽古事は決まり事をきちんと身につけクリアして課題を乗り越えた時の快感も理解はしてるので非難することではない。けど、間違えて踏み込んだら大変だわね。

  5. 着物の名無しさん   2019年03月27日 17:28

    ご報告。
    ド派手な色無地で相談した者です。
    あれから量産型袋帯にベージュ系帯揚げ帯締めをあわせ、羽織は無しでコーディネートしました。子供にも「まあそれならイイ」と言われて卒業式に着ていったんだけど、通りすがりの人や同級生ママたちに「華やかでいいわー」「素敵よー」と誉められまくった。
    どうやらこの蛍光色、私にめちゃくちゃ似合う色だったらしい。夫にも「きちんと着てみると印象がかわって、派手には見えない」と。
    着てみなよと言ってくれた人ありがとう。

    あと、色かけの提案してくれた方もありがとう。しばらくこのままで使って、いずれは抹茶色に染め変えたいと思います。

  6. 着物の名無しさん   2019年03月27日 17:30

    いやいや3さんはまだ子供だったんじゃない?肩上げと書いてあるし

  7. 着物の名無しさん   2019年03月27日 17:40

    ※5さんよかったね!そしてお子さんの卒業おめでとう

  8. 着物の名無しさん   2019年03月27日 18:11

    着てみなよと言った人です。
    背中は押してみたけど実はちょっと心配だったから、好評だったようでよかったです。
    いずれ色を染めかえる時には八掛けも同じ色にするといいですよ。

  9. 着物の名無しさん   2019年03月27日 20:58

    ※5さん 子供さんご卒業おめでとうございます。お着物も似合って本当に良かったですね。
    お母様にもお写真を送ってあげて下さい。喜ばれると思います。聞いてて私も嬉しい。

    ※の3は私なんですけど、当時、高校入学前でした。背は育ってたけどガリガリで、身幅が余ってねぇ。
    今もそうですが大寄せのお茶会のお運びさんは白襟白足袋なら小紋くらいでよかったんですけど、
    その時はご家老様(笑)がお釜をおかけになって、お殿様や皇族の方もお見えになるっていうんで、
    そういうお触れがでたんでしょう。八掛までお達しがあったのはその時だけですね。

    お茶はそれほど着物は難しくないですよ。
    色無地一つ紋白襟白足袋白長襦袢。それにできればキラキラしてない袋帯。
    このセットが一つあればOKなんですから。

  10. 着物の名無しさん   2019年03月30日 07:12

    ※9さんのお茶会はやんごとなき会だったのね。茶会の名目上はそうでないとしても。高貴な面々すぎてお運びの手が震えそう。貴重なご体験をされましたね。…いや、そのような場面にいらした方なら、その後もそういう場面があるのが常なのかもしれませんね。

    色無地似合って良かったですね。お母様はきっとお嬢さんにどんな物が似合うかよくご存じだったんでしょう。こういう事を本人以上によく知っている事があるのは娘としては驚きますが、小さい頃から服を着せてきたははとしては。

  11. 着物の名無しさん   2019年03月30日 13:50

    似合われたようでなにより。
    着てみると印象が違うことってありますものね。
    ただ、朱赤の八掛だけ交換してはいかがでしょうか。
    派手度が少し薄まりますし。

  12. 着物の名無しさん   2019年03月31日 01:26

    巨大なお世話かもしれませんが、チョイスが極端に派手になるのは眼病の場合が有ります。視界がくすんだり黄ばんだりで本人には控えめな上品なお色に見えていたとか結構多いそうです。進行が遅いし老眼のせいにするから本人も周囲もなかなか気付きません。

  13. 着物の名無しさん   2019年03月31日 10:41

    ( ゚д゚)ポカーン

  14. 着物の名無しさん   2019年04月01日 10:32

    ???

  15. 着物の名無しさん   2019年04月01日 16:12

    一昔前の流行りだったって書いてますやん…

コメントする

煽り・荒らしはスルーでお願いいたします。
煽り・荒らしやそれに反応したコメントは削除する場合がございます。
悪質な煽り・荒らしコメント・過度な連投・自演された方については、コメント規制させていただきます。


関連する記事



TOPページに戻る
きものろぐ - 着物まとめブログ&コミュニティ掲示板 -