--- スポンサーリンク -----

羽織の衿って外側に折らないといけないんだな。気付かずそのまま羽織ってた…【男の着物】

2016年03月12日

コメント ( 3 )



907:  2016/02/21(日) 14:07:27.75

最近、着物来はじめたんだが羽織の衿って外側に折らないといけないんだな
気付かずそのまま羽織ってた・・・

着方間違ってると笑われてたんだろうか恥ずかしい・・・

908:  2016/02/21(日) 14:09:47.05

>>907
気付いて良かったな
初心者あるあるだよ気にすんな

909:  2016/02/21(日) 14:34:18.14

折らない作法もある
武家の一部にはそういう着方がある

この間、バスの中で、お直し婆が、「羽織の着方がなってないわー」とか言いながら、
面識のない他人の羽織にいきなり手を伸ばして折り曲げようして、逆に怒られてたの見たことある。

「当家では、何世紀も前からこうです」
とかピシッと言われてた。
江戸時代だったら、町民風情が武家の着物に勝手に触れた科で斬首ものだよ

910:  2016/02/21(日) 16:49:23.21

>>909
おお、そうなのか
そういう武家風の着方を「あえて」していた、と記憶を変換しておこう
着物の着方にも色々あるんですねー勉強になりました

915:  2016/02/22(月) 07:29:46.49

>>910
逆。
折らない着方は十徳に由来した着方なので
武家筋ではなく、むしろ身分の低い人たちに由来した着方だよ。

>>909に出てくる「当家では、何世紀も前からこうです」の人は
「何世紀も前から」を信じるなら着ていたのは羽織ではなく十徳と思われ。
着ていたのは羽織で、羽織と十徳それぞれの着方を混同している、という
可能性もあるけど

916:  2016/02/22(月) 11:12:25.33

自分の知ってる知識ばかりが世界じゃないからね
気をつけよう

服装のコードは、書籍やネットで何世紀も継承されてきたものではないし。
基本、親から子、子から孫へと伝承されていく非公開情報。

919:  2016/02/22(月) 14:34:26.01

>>915
十徳に由来したとは言い切れないだろう。
胴服、陣羽織などに由来したなどの可能性も検討したのかな?
wpid-ygbiihf

921:  2016/02/22(月) 20:43:20.84

>>916
先祖代々の引きこもり一族かな?

>>919
胴服なら普通は折るだろ。逆だけど。
陣羽織→胴服の流れを考慮すると陣羽織由来と考えるのはあまりにも無理がある。

922:  2016/02/22(月) 21:43:55.85

>>915
ほえー、色んな説があるって事ですか
着方の由来って意外と分かってないものなんですな

それにしても、「十徳」なんて物もあるのか・・・
ネットで調べてはみたものの羽織との違いがよく分からない・・・・
和服は本当に覚える事が多くて大変だー!
皆さん色んな知識どうもありがとう

元スレ: http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/kankon/1405153742/


--- スポンサーリンク -----


コメント一覧

  1. 着物の名無しさん   2016年03月12日 23:09

    触らぬ神に、祟り無し
    知り合いでもなければ、たとえ左前に着付けてたとしても基本無視だし
    一々影で小言も言わん
    ああいう風習もあるのかな、で済ますよ

  2. 着物の名無しさん   2016年03月13日 01:59

    紋付の時だけじゃないのか・・・

  3. 着物の名無しさん   2016年03月16日 20:28

    例えば背広の衿を立ててると、現代のコードだとおかしい人扱いになるけど、
    あれは本来寒かったり風が強いときは”立てて”着るものなんだがな
    衿についてるボタンホールは、社章を付けるための穴ではないんだわ

コメントする

煽り・荒らしはスルーでお願いいたします。
煽り・荒らしやそれに反応したコメントは削除する場合がございます。
悪質な煽り・荒らしコメント・過度な連投をされた方については、コメント規制させていただきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事






TOPページに戻る
きものろぐ