アンティーク着物の人気な物ってどんな物なのでしょうか?

2016年03月09日

コメント ( 6 )



905:  2016/02/24(水) 16:24:03.84

遺品整理屋をしております
毎月着物1000枚は出ます
昔、着物買取屋に来てもらったらまとめて一万円と言われもったいなくて
それから洋服と一緒に捨てたり人にあげたりしてます
先日フリーマーケットに行ったら昔の色鮮やかな着物が三万とか五万円とかで売れてました、出店者の方に聞いたらリメイクされる方が買われるらしく高値でも珍しいから売れるそうでびっくりしました
置いてある着物もよく見る物だったので新しい発見になりました
アンティーク着物の人気な物ってどんな物なのでしょうか?
全く無知でお恥ずかしいかぎりです
生地とか関係あるのでしょうか?
欲しい方がいらっしゃったら差し上げたいくらいです。

906:  2016/02/24(水) 16:54:33.10

アンティーク着物で画像検索したらおおよその傾向がわかるかと思うけど…

907:  2016/02/24(水) 17:02:41.04

インスタでもfbでもアンティーク着物のタグ検索すればざくざく出てくるよ?
人気あるのは大正から昭和初期にかけての程度のいいアンティーク
ただし昭和中期以降はよほどの物じゃなきゃ一枚数十円が普通

908:  2016/02/24(水) 17:08:35.37

>>905
どんなジャンルも其々好きな方がおられるからねえ…
仕分けの助けになるか解らないけど
じみじみに見えるけど高級品系統、大島紬、結城紬
虫眼鏡で拡大してみて、大島なら7マルキ
結城なら石下か手織りかわかるくらい判別できるようになれるといいいね。

小紋で柄が派手、色もド派手な系統
現代っ子でからだが大きい子が着られる裄64以上身丈も155以上は
高値つく。

無地や付け下げ、訪問着
ひたすら綺麗なもの、コンディションの良いものでサイズ大きいほど売れる。逆に言うと裄64以下はヤフオクで1000円で回転寿司状態。

ウール、綿、麻、など単の着物
今以外と狙い目なのが可愛いウールや、綿の縞や夏の麻物

ただひたすら手持ちを少なくしたいとかなら、フリマで
3枚1000円等叩き売りしたら数はけるけど
そう言うところに大島や結城は入って無いんだよね~

909:  2016/02/24(水) 19:04:21.09

ヤフオクとかメルカリあたりで試しにシュッピンしてみたら?
メルカリは年齢層低いからか変な人多いけど…

910:  2016/02/24(水) 19:17:02.48

大正~昭和初期の着物
見分け方がわかりません
生地とか裏地とか何か違いがあるんですか?

911:  2016/02/24(水) 19:20:01.58

>>910
まとめて一万でもプロに任せた方が
目利きの手間も在庫の場所も管理も要らず
必要な人のところに届くんじゃないかと思うよ

912:  2016/02/24(水) 19:26:55.21

>>910
デザインの方向性
色使いとか描き方、取り扱うモチーフ等そういうのに特色があったりするけど
よほどの目利きか実際に見てきた着てきた世代じゃないと見分けは難しいんじゃないだろうか

913:  2016/02/24(水) 19:44:19.04

貴重なご意見皆様ありがとうございます
勉強します!

914:  2016/02/24(水) 20:08:15.09

大島紬はわりと簡単な部類だと思う
結城は新反から仕立てたばかりのと洗い張りして仕立て直したのだと艶、柔らかさがかなり違うから
知らないと同じ紬には思えないかも

胴裏=裏地の上半身が真っ赤なのがあるんだけど(紅絹と書いてもみと読む)
そういうのはほぼ古い着物だと思って間違いない

915:  2016/02/24(水) 20:17:35.58

今はその手のアンティーク扱うプロは山ほどいるし
以前みたくアンティークなら何でも売れるわけじゃない
知識無くて商売できるほど生易しくもないから
安くても売っぱらっちゃったほうが確実

916:  2016/02/25(木) 10:12:27.08

>>910
まず古いのは反幅が狭いんだよね。32~33cm程なんてのも
ざらにある。あと胴裏の紅いのもそうだけど、薄くて軽いの。
重いのは絹たっぷりの高級品だったから、重さを増すために
ふのりたっぷり付けて増し増ししたものは時代を経て、まっ黄色に
なってたりするし。さらに戦前のものは織りが違う感じで
現代ものみたいに真っ白ツルツルじゃないものがある。
大雑把だけど、裏地で戦前、戦中~戦後すぐ、昭和中期、後期って
目利きの人はわかる。

※何代も洗い物やってる人の経験、体験だから
一朝一夕には行かないと思うけど
そう言うところにちゃんと教えてもらいに行くのも有りですよ。

元スレ: http://maguro.2ch.sc/test/read.cgi/used/1428537679/


--- スポンサーリンク -----


コメント一覧

  1. 着物の名無しさん   2016年03月10日 02:38

    昭和中期の着物って、普段着でも何であんなに分厚くて重いのかね?
    遮光カーテン着てるみたいな重さと質感。絶対動きにくい。本当に着たんだろうか?と疑いたくなるほどに。
    戦前の薄くて軽い着物はいいね。立ち振舞いも楽に出来る。

  2. 着物の名無しさん   2016年03月10日 04:10

    ※1
    その時期の街着に着てたようないわゆる昭和小紋は本絞りでもなければ重さもさほどないと思うけど
    がっつり目のウールでも着たんでしょうか?
    戦前の錦紗は軽いけど破れやすい物が多いので着付け・動作に注意

  3. 着物の名無しさん   2016年03月10日 10:26

    2さん
    化繊とウールに関してです。妙にゴツいんですよ。アンサンブルなんか防具かと思うくらいw

  4. 着物の名無しさん   2016年03月10日 13:01

    糊ガッツリつけてるであろう紬も重いのあるよね。
    洗い張りしたら落ちる(軽くなる)のかな、あれ。

  5. 着物の名無しさん   2016年03月10日 13:12

    石毛と手織りって見分けつく人いるんだ(棒

  6. 着物の名無しさん   2016年03月10日 16:03

    母親が、急いで仕立てて貰ったから湯通ししなかった、と話していた紬のアンサンブル。仕立て直そうと思って洗い張りに出したら全く別物な柔らかさになってて驚いたよ。

コメントする

煽り・荒らしはスルーでお願いいたします。
煽り・荒らしやそれに反応したコメントは削除する場合がございます。
悪質な煽り・荒らしコメント・過度な連投をされた方については、コメント規制させていただきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事






TOPページに戻る
きものろぐ