--- スポンサーリンク -----

最近江戸時代の着方にはまってる。帯折らないで巻くんだけどどうしても皺が寄る…

2016年02月02日

コメント ( 8 )



398:  2016/01/28(木) 21:07:55.43

最近江戸時代の着方にはまってる。
帯折らないで巻くんだけど、どうしても皺が寄る…(みぞおち辺りにぐにゃっと)
タオル入れてみたらたぬきみたいになったし、
ぐっと締めてもなんか緩んでくる
昔の人帯板無いよね
帯芯が硬かったのかなぁ
あと、後からおはしょり作るのも難しい
出来上がり図は分かるけどやり方はこれで合ってるのか全くわかんない

でもなんか意外にも好評だし半幅普段着飽きてたから楽しい

399:  2016/01/29(金) 10:38:20.39

>>398
江戸時代の着方ってどんなん?

帯板は確かにかなり新しいアイテムだよね
昔は皺がよるのは別に気にせず、おおらかに着ていたんじゃないかな

長年、和服はいろいろな形に変わってきたわけだけど、
もう進化は止まったのかな?と思うときがある
50年後も、今と同じ感じなのかな~

401:  2016/01/29(金) 12:05:37.39

>>399
長襦袢を伊達締めでぐっととめて、(ホントは庶民は半襦袢だけど)
長着を寒いから二枚重ねてお引きずりに着て、
襟を整えて(半襟は幅いっぱい出す、中の着物は伊達衿みたいにととのえる)伊達締めをぐっと閉める。
京袋帯(江戸時代は丸帯だけど)を半分に折らないで巻く(おっぱいが隠れるくらい上の方で)
お引きずりを両手でくっと持ち上げてからげ紐で締める。左腰で片チョウチョ結び
裸足で下駄か畳表や竹を編んだ草履

402:  2016/01/29(金) 12:32:01.33

>>401
楽しそうだなw
帯板ないころは帯に皺寄ってても気にしなかったみたいよ

403:  2016/01/29(金) 13:24:22.05

>>402
ありがとうw
なんか古写真だとあんまり皺よってなかったから下手なのかと
もうちょっと研究してみるわ
母に「昔にもダンボールあったの!ダンボール入れてたの!」って言われたw
とりあえず昨日あずき色の京袋帯注文してきた
楽しみ

405:  2016/01/29(金) 21:29:15.04

私も最近の着物の着方が好きじゃなくて色々とお試し中
>>401さんのような冒険はもうできないけど、とりあえず
お太鼓がすきじゃないので江戸時代の帯の結び方を研究中w
NHKの朝ドラでは女中さんまでが仕事着できっちりお太鼓+帯締め+帯揚げをしているのに
違和感ありまくり

408:  2016/01/29(金) 22:31:13.96

>>405
江戸時代の結び方といえば、
片流しを垂直にしているやつがあるよね
立て矢の下がたれてるみたいな
さすがに派手すぎて出来ないwやりかたもわかんないし
浮世絵でも崩れてくるのか帯揚げと帯締めの中間みたいなので止めてたし
挑戦してみようかなw

414:  2016/01/30(土) 00:29:32.14

>>408
いろいろと挑戦できて羨ましいな

がんばれー

418:  2016/01/30(土) 09:34:17.90

>>403
美きもだったか、明治生まれの芸者さんが昔は帯板なんてなかったから
今だに帯板入れたことないって言ってたよ
お母さん可愛いなw

元スレ: http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/fashion/1451191241/


--- スポンサーリンク -----


コメント一覧

  1. 着物の名無しさん   2016年02月02日 21:13

    >>401
    ほー、面白いですね♪φ(..)メモメモ
    確かに浮世絵他、庶民の着付けってどうなってたんだろうと思います。資料を探してやってみたいです。

  2. 着物の名無しさん   2016年02月02日 21:17

    >>408
    半幅で片方だけ垂らす結び方(ホントは垂れすぎの失敗例)をしてみました。お尻の下までダランと垂れてんのw 別に堂々としてりゃよかろー!とそのまんま電車に乗ったw

  3. 着物の名無しさん   2016年02月02日 21:24

    引き抜きで結ぶと、帯締めが必要なくて楽。
    江戸の下町のおかみさんに大変身

  4. 着物の名無しさん   2016年02月02日 22:27

    お引きずりで着てあとから持ち上げて紐で締めるのは、昔のしごきってやつ(七五三ではなく)かな?
    江戸時代が舞台の漫画で、公家のお嬢さんたちがしてた。

  5. 着物の名無しさん   2016年02月02日 22:38

    段ボールワロタw
    お母さん可愛すぎる

  6. 着物の名無しさん   2016年02月03日 10:36

    礼装以外は帯板入れてないです。
    明治生まれの祖母もそうやってた。
    帯は下の方をぐっと締めて、上の方の緩い部分には、
    いつも「がまぐち」とか、手ぬぐいを入れてました。

    帯のしわは気にしない。

  7. 着物の名無しさん   2016年02月03日 11:19

    映画「sayuri」でやってる、ぐちゃっとしてだらんとした着つけが
    けっこう浮世絵の雰囲気と近いと思う。

    あれ、着物好きな人ほど《あんなの違う》と言うんだけど
    浮世絵を見る限り、ああいう着方だったんじゃないかと。

  8. 着物の名無しさん   2016年02月04日 13:09

    今一般的な帯結びのお太鼓がたしか江戸末期の深川芸者さんの発明だよね。帯締め帯揚げもその頃から出たもの。
    おはしょりも江戸時代まではなくて庶民は対丈で、芸者さんとか上流の人たちはお引摺りだったんだよね。

    実は後ろで結べなくても今の着付け教室みたいに罵倒されることはなく気軽に他人にお太鼓を結んでもらっても良かった。
    だから普段からお太鼓にこだわることなくて生活する上なら角出しや半幅結びで充分だと思うの。
    まずは礼装中心の着物の常識を変えていかないとね。
    みんな窮屈で着なくなるから。

コメントする

煽り・荒らしはスルーでお願いいたします。
煽り・荒らしやそれに反応したコメントは削除する場合がございます。
悪質な煽り・荒らしコメント・過度な連投をされた方については、コメント規制させていただきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事






TOPページに戻る
きものろぐ