--- スポンサーリンク -----

新しく着物仕立てるのに自分の裄丈に悩む…

2015年12月28日

コメント ( 17 )



590:  2015/12/25(金) 04:47:49.61

新しく仕立てるのに自分の裄丈に悩む…
普段は63程度、特に気にならない。でも店では68が良いという。
今より5cmも長いなんて邪魔になりそうだし、背が低いから裄も袖も
丈が長いとバランス悪くなるから短めにしてるけど
自分の感覚ではおかしかったのか…(今まで裄が足りない!と思った事はない)

591:  2015/12/25(金) 05:09:27.41

>>590
最近の裄って長いよね!
自分の感覚で良いと思うよ
それに羽織の裄も63に合わせてるだろうから、68だと面倒だしね

592:  2015/12/25(金) 08:36:56.78

木綿や紬、カジュアル小紋とか普段着なら裄は短くてもいいと思うよ
ドレッシー系小紋、色無地、付け下げ訪問着以上のフォーマルは手首ニョッキリだとおかしいけど。

593:  2015/12/25(金) 10:29:42.22

>>590
最近の着物業界はおかしい人が多い
腕をにょっきり伸ばして着させたがるが、日本人はそんな着方をしない
軽く肘を曲げて手首にかかるくらいの長さでok
正座して膝に手を置いたときの状態
袖の長さも正座したときに太ももが隠れて尚且つ床につかない長さが美しい

594:  2015/12/25(金) 13:09:05.96

お茶やってると腕を出す動作が多いから肌が見えがちなので裄は長目に取る
結局これとフォーマルのみが長い事着物業界のフォーマットだったっていう事だろうな

595:  2015/12/25(金) 14:17:47.08

>>594
本当?
私は逆に邪魔だから訪問着でも裄は短く誂えてる
まあ好みの問題だけど
呉服屋さんには手首の踝が見えてると作業着、下働き
隠れてると晴れ着、お嬢様、奥様(絶滅危惧種)
手の甲までだと遊女
という古めかしい感覚が残ってる気がする

元スレ: http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/kankon/1447252431/


--- スポンサーリンク -----


コメント一覧

  1. 着物の名無しさん   2015年12月28日 21:11

    茶道やっている人で裄が長いっていうのは珍しいね。
    手首のぐりぐりが丸見えでOKなのになあ。
    身幅は多少ゆったり目に作るっていうのはあるけどねえ。

    しかし、五センチ違うっていうのはあり得るんだろうか。
    肘を軽く曲げてもそのくらいの差があるっていうのは、元の着物がおさがりだとか?

    マイサイズって呉服店がどうのこうの言っても貫いてもいいけれど、冷静になるべきなのかも。

  2. 着物の名無しさん   2015年12月28日 21:15

    >>593がちょっとおかしいというか足りないというか
    その長さは礼装用だよ

  3. 着物の名無しさん   2015年12月28日 21:29

    母が嫁入り時に祖母から持たされた着物のうち、2つの小紋はよそ行き小紋と普段着小紋で、裄も袖丈も1尺超長さを変えて仕立ててあったよ。
    私が着るときは、居酒屋とかテーブルのあるとこででワイワイ食事するときは裄袖丈短めの普段着小紋を、昼間目上の方のおうちに訪問したり、お茶によばれたりしたときは長めのよそ行き小紋を着ていってるよ。

    マイサイズは場面に合わせて2パターンに揃えたらいいのではないかな。
    紬や木綿や軽めの小紋は短め、フォーマル用の留め袖訪問着つけ下げやよそ行き小紋は長め、で。

  4. 着物の名無しさん   2015年12月28日 21:34

    チェーンの着物屋さんは特に、おかしいぐらい大きめに仕立ててくることはあるよ。
    たぶん計り方のマニュアルがおかしいんだと推測してる。
    それと、お茶と踊りの人は裄長めにってことあるみたい。

  5. 着物の名無しさん   2015年12月28日 21:37

    個人的には礼装以外の長いのは好きじゃない。
    汚す危険が増えるし、相手に気を遣わせてしまうから。

  6. 着物の名無しさん   2015年12月28日 22:26

    雑誌でモデルが着るものは、裄めいっぱいに仕立ててあるそうですよ。
    小さく仕立てたものを大きくする場合、折り癖を消すのに余計に手間と費用が掛かるから。
    だから皆、それが普通だと思って、
     着物初心者「短いと変」
    それを受けて
     店側「長い物が求められる」「長いのが流行り」
    でループしちゃってるんじゃないでしょうか。

  7. 着物の名無しさん   2015年12月28日 22:44

    想像だけど…チェーン店だと同じ反物で着物が沢山すでに縫われてて、SMLに振り分けてあって、寸法図る時人に合わせるフリして、SMLに合わせてる…
    とかじゃないよね?流石に違うよね?

  8. 着物の名無しさん   2015年12月28日 23:08

    明治の女性の偉人の逸話(? 思い出話?)で
    「(奨学生的立場で)女学校に行ったら、まわりはみんなお金持ちの御嬢さん。
    集合写真を撮る時、学友たちはみんな袖から指など出ていない(=裄長い)。
    自分だけ手が丸出しになるのが恥ずかしくて、袖の中でうんと腕を縮こめた」
    ってのを聞いたことがある。
    雪の長い着物は、おさんどんしなくていい立場の奥様・お嬢様の証だったのかもね。

  9. 着物の名無しさん   2015年12月28日 23:16

    ※8
    明治の風習で、写真に写る女性は手を隠す、というのがあって、あの「きんさんぎんさん」も娘時代にわざわざ手に布を巻いて撮影している。
    良家の風習だったものが、庶民に広まっていったのかも知れないね。

  10. 着物の名無しさん   2015年12月29日 02:05

    柔らかい着物と硬い着物では、布の落ち感が違うしから、同じ裄丈だと、実際に着た時に、柔らかい方が裄が長く見えるよね。あと、私の場合は紬はあまり衿を抜かないで(全く抜かないわけでは無い)、柔らか物は紬よりは抜いて、半襟も若干多めに出すので、その分裄が長く見える。
    個人的には、腕を脇に沿って垂直に降ろした時に、手首のグリグリより1cm長いぐらいの裄が好み。
    あと、よく着物の着姿の写真でみかける、両手を帯の高さで宙に浮かせて組んでるポーズ、あれ、腕が短く見えるし、不自然な感じで変だなーって思う。

  11. 着物の名無しさん   2015年12月29日 08:29

    ※10
    それこそ「モデル立ち」で柄が見えるようにとの配慮なので、腕の長さはどうでもいいんですよww

    それよりも芸妓の袖をくるりと腕に巻いて写るのがなんか変と思った時代はある。今は好きにしてていいと思うようになった。

    それこそ写真を撮るときには三人の真ん中になってはいけない!という都市伝説ですよね。

    それにしても五センチの差は謎だわ。普通に歩く時も腕がまっすぐになる人はいないのにねえ。

  12. 着物の名無しさん   2015年12月29日 11:19

    着物の買い取りしてるリサイクルショップでも、裄丈67cm以上だと値が付く、っていうか、それ以下だと値が付かないって言うとこ少なく無いし、売値も裄丈67cm以上になると高い。もう、身長や実際の腕の長さ関係なく裄丈67cm以上がお約束な感じなんだろうか。

  13. 着物の名無しさん   2015年12月29日 12:43

    ただ単に、リサイクルだと裄の長い着物は希少だからってだけでしょ
    66以下なら昔からの在庫が山ほどあって不良在庫になりがちだから値がつかない
    67以降は需要のわりには数が少ないから価格が上がるのも当然
    リサイクル市場の需要と供給の問題だよ

  14. 着物の名無しさん   2015年12月30日 21:38

    うふふ、私の裄は73センチ・・・・。
    呉服屋さんに驚かれます。

  15. 着物の名無しさん   2015年12月30日 23:33

    我が家のお嬢もそうだな。肩幅で出してぎりぎり・・・ってもう無理っていうところまで出すしかない。
    身幅は普通なのだから、現代人は手足が長いね。そして薄くて細い。
    絵羽文様を仕立てるときに泣かれます。

  16. 着物の名無しさん   2015年12月31日 02:44

    ※14
    仲間発見

  17. 着物の名無しさん   2015年12月31日 21:44

    14です。
    裄長仲間が沢山いて心強いです。
    和裁の本にある裄の出し方を参考にして、リサイクル着物の裄出しをやりました。
    やっぱり、手首が隠れる位の裄になると気持ちが落ち着きます。

    今まで3、4裄出ししました。リサイクルだと失敗しても惜しくないし、和裁の練習に最適です。
    普段着として気軽に着てます。

コメントする

煽り・荒らしはスルーでお願いいたします。
煽り・荒らしやそれに反応したコメントは削除する場合がございます。
悪質な煽り・荒らしコメント・過度な連投をされた方については、コメント規制させていただきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事






TOPページに戻る
きものろぐ