--- スポンサーリンク -----

アンティーク着物欲しいけど丈が150センチ前後ばかりなんですがおはしょりって…

2015年10月01日

コメント ( 19 )



406:  2015/09/26(土) 22:28:58.78

アンティーク着物欲しいけど丈が150センチ前後ばかりなんですが
おはしょりって最低でも自分の慎重+5~10センチは無いと無理ですよね?

407:  2015/09/26(土) 22:34:40.49

自分の慎重→自分の身長

408:  2015/09/26(土) 22:41:25.35

帯で隠れる部分を足し布する手もあるで

409:  2015/09/26(土) 22:42:34.31

普通体型で身長-5センチだったらいけると思う
あんまり長くてもおはしょりの処理が大変なんじゃないかな

410:  2015/09/26(土) 22:58:49.26

レスをありがとうございます。
帯で隠れる部分を足し布する方法や、身長-5センチでもおはしょり作れるんですね
身長より長く無いとつんつるてんになるかと思っていました(;´д`)

411:  2015/09/26(土) 23:03:41.36

>>410
私の場合、腰骨にかかるくらいに低く腰ひも締めれば身長-13cmまでいけた

412:  2015/09/26(土) 23:26:05.53

>>410
身長±何センチとか身長と同じくらいあればっていうのは、あくまで目安であって
痩せて胸も尻も無いとか、胸がすんごい大きいとか、個々の体系によって
これくらいあれば、これくらい無いとっていう寸法は違ってくる

413:  2015/09/27(日) 00:07:02.00

腰紐下げすぎると帯のすぐ下に腰紐がきて
結び目でおはしょりがちょっとモコっとなるのが気になる

414:  2015/09/27(日) 01:08:13.66

身長より短めのほうがおはしょりもたつかなくて好き
私の場合-10cmがギリギリおはしょり出せる長さだな
若い子なら袴に合わせれば短いのもいけるんじゃない?

415:  2015/09/27(日) 07:28:14.30

腰ひもは結ばずにクロスさせて端をひっかけるだけの方法だとモコッとならなくていいよ

元スレ: http://maguro.2ch.sc/test/read.cgi/used/1428537679/


--- スポンサーリンク -----


コメント一覧

  1. 着物の名無しさん   2015年10月01日 22:43

    腰紐がモコッとなるの気になるならゴムベルトが便利
    クロスさせてひっかける方法は他の紐ならともかく腰紐だと心許ないし

  2. 着物の名無しさん   2015年10月01日 23:49

    身長160センチの自分、叔母から譲り受けた身丈150センチの着物を着てる。おはしょりギリギリだけど、ゴムベルト大活躍!
    紬とかの普段着だったら多少短めに着てもいいしね。

  3. 着物の名無しさん   2015年10月02日 01:12

    身長165センチ、胸なし普通体型。腰紐は腰骨ギリギリにして150センチのものまでは着られる。
    あと裄は72センチぐらいあるんだけど66センチまでは許容範囲だと思っている。

  4. 着物の名無しさん   2015年10月02日 09:15

    まずは腰ひもの位置をずらしてみるけど
    あんまり下すぎたり、おはしょり短かったりすると対丈で着てる。

  5. 着物の名無しさん   2015年10月02日 12:09

    自分の場合、身丈は身長マイナス5センチくらいが一番ラク。

  6. 着物の名無しさん   2015年10月02日 12:17

    身丈が短いってことは裄はもっと短いんだろうけど
    そこはいいのか?
    まあしごきと羽織でいろいろごまかせるけど

  7. 着物の名無しさん   2015年10月02日 19:05

    ゴムベルトを腰の位置で締めると、歩いてるうちに上がってきちゃって足首が出てしまう

  8. 着物の名無しさん   2015年10月03日 00:20

    皆さん短め身丈を、上手に着付けていらっしゃる様子で、感心してしまいました。
    また、長めが好きな方が、全くいらっしゃらない事に、驚いています。

    私自身は身長+2㎝で長年過ごして来ましたが、若い時より太った事を考慮し、身長+5㎝に直して見たところ、大変快適になりました。

    腰紐は正絹楊柳をクロスして挟むやり方。腰骨の少し上に締めると、腹の脂肪に丁度よく納まる感じ。ゴムベルトだと私の場合、脂肪にうまく埋もれてくれません。そして暑苦しく感じます。
    体型や姿勢のせいか、着付けの加減が下手だからか、少しでも腰紐の場所を変えると、落ち着きが悪く不恰好な上、着崩れるし、不快で疲れます。どうしたら腰紐の位置をずらしても快適でいられるのでしょうか?

  9. 着物の名無しさん   2015年10月03日 03:35

    ※2です。裄は自分のジャストサイズが68、叔母の着物は64~65ですが衿を広めにとるなどしてカバーしてます。
    骨格が似てて、身長のわりに裄が長めにとってあったのも幸いしたかな。

  10. 着物の名無しさん   2015年10月03日 11:42

    ※8
    補正のタオルをクッション代わりにしたりとかである程度融通できるものだけど、あなたの詳しい状況を読む限り、無理に位置を変えない方がいいんじゃないかと思いました。
    まともなアドバイスができなくて申し訳ないけど、どうしても締め付けの感覚に敏感な人や崩れない着付けが難しい体型の人はいるから、諦めてサイズのあう着物だけを着るのも気楽でいいですよ。

  11. 着物の名無しさん   2015年10月03日 20:47

    横からで申し訳ないのですが腰ひもをクロスして挟むのは「藤結び」「からげる」なんて言い方もしますよ。
    すでにご存知でしたらごめんなさいね。

  12. 着物の名無しさん   2015年10月04日 00:10

    ※8です。
    ※10さん、ありがとうございます。妹と母に着物を貸すばかりで、逆に借りられないのが悔しくて、かなり努力してみたのですが…。
    すっぱり諦めた方が、確かに「気楽」ですね。踏ん切りがつきました。ありがとう!

    ※11さん、良かったらもう少し詳しく教えて頂けますか?

    「クロスして挟む」は「ねじり結び」とか「二度からげ結び」とか、名前が確定していないのかと思っていましたので、前の方で書いている方の表現を、真似させて貰いました。

    また、「藤結び」は一般的には違う結び方を指すと思うのですが…。

    更に紐を「からげる」とはよく使いますが、それだけでこの結び方を指すこともあるとは、全く知りませんでした。

    着物の用語は、自分が普通に使っていても、実は方言で皆に通じなかったり(子供の頃ジュバンとは綿入れ半纏だと思ってました)、全く違うものに同じ名前がついていたり(染めやる人と和裁やる人の「剣先」とか)、本当に難しい。
    ご面倒お掛けしますが、どうぞ教えて下さい。

  13. 着物の名無しさん   2015年10月04日 22:29

    11です

    8さん、「藤結び」はテレビかなにかで浴衣の着方を見た際に先生が言ってたような…という私の覚え違いだったようです。調べてみたところ確かに違う結び方でした。不勉強でお恥ずかしいです。

    「からげる」は私が数年前に呉服屋に勤めていましたので先輩店員から着付けを教わった時に使っていた言い方でした。甲信越で、店員も年配者ばかりだったので方言だったのかもしれません。

    物知らずがでしゃばって申し訳ありませんでした。8さんの探究心を見習って着物の事を知り、精進したいと思います。

  14. 着物の名無しさん   2015年10月05日 00:13

    ※13(※11さん)
    ※8です。ご丁寧なお返事を頂き、こちらこそ恐縮です。ありがとうございました。

  15. 着物の名無しさん   2015年10月05日 08:41

    腰を結ぶ時の腰ひもって、からげるんじゃなくて片蝶々じゃなかったっけ?
    腰だけは緩まないようにしっかりと結ぶようにって教わったんだけども。

  16. 着物の名無しさん   2015年10月05日 10:35

    腰骨よりちょい上で、腰紐をクロスしてはさむやり方でいつも着てるけど、緩んだことは一度もないよ
    むしろすごく安定する

    むしろ一般的な片蝶々のほうが緩んできてしまって焦ったことならある
    あとゴムは腰骨上でもウエスト位置でも、動くとすぐずり上がってきてダメだった
    ※8と似てるかも

    結ぶ位置にしても結び方にしても、また紐の素材にしても、
    骨格や体系・肉付きによって合う合わないがあるんじゃないかと思う
    自分が合うと思った方法でやればいいんじゃないかな

  17. 着物の名無しさん   2015年10月06日 13:19

    ※15
    腰紐は、皆さん「緩まないようしっかりと」結ぼうと努力した結果、それぞれが一番良いと思う方法を、人には教えていらっしゃるんですね。

    だから、蝶結びの人も片輪結びの人も藤結びの人も捻り結びの人もゴムベルトの人も、みんな正しい。私も※16さんのご意見の通りだと思います。

    教室や流派によっては、他のやり方を許さない雰囲気もあるかと思いますが、習った事だけを鵜呑みにせず、ネットや本で調べて、実際に試して見てはどうでしょうか?
    もっと自分にピッタリの方法が、見つかるかも知れません。

  18. 着物の名無しさん   2015年10月06日 14:19

    身丈の話に戻しても?

    着付けの資格も無いのに、頼まれて若い人(高校生~大学生)3~4人に浴衣とかウールを着せた経験が、祭とかイベントとか10回近くある。
    すると、身丈長すぎ!の物を、胴を市販のパッドで厚く補整し、ウエストに腰紐して着せた場合の方が、脱がせる時まで着崩れせず、本人からも苦しくなかったと喜ばれる事が多い(ような気がする)。なぜだ?

    たぶん、若い人はウエストは締め慣れていて、不快感が無いし、トイレでも用を足しやすい。こちらが適正な身丈と思っても、腰紐が腰骨の位置だと本人には違和感が続き、トイレでも着崩れを起こしやすいのか?と推察…。
    で、今後もプレタは長めの身丈が主流になって行くんだろうなぁ。

  19. 着物の名無しさん   2015年10月17日 13:46

    うちの母がくれた昔の婦人雑誌のオマケ着物着付け読本みたいなの読んでたらお端折りがめっちゃ長い着付けの写真が多かったんだけど、あれはあの頃の流行りだったんだろうか。
    着物自体は昭和モダンで当時斬新って言われたのが沢山出てて面白かった。

コメントする

煽り・荒らしはスルーでお願いいたします。
煽り・荒らしやそれに反応したコメントは削除する場合がございます。
悪質な煽り・荒らしコメント・過度な連投をされた方については、コメント規制させていただきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事






TOPページに戻る
きものろぐ