--- スポンサーリンク -----

NHKで繭の出荷が最盛期というニュースやってた

2015年06月26日

コメント ( 21 )



573:  2015/06/23(火) 02:44:43.52

NHKで繭の出荷が最盛期というニュースやってた
出荷してるのは栃木県小山市で長く続く伝統の産業だそう
お隣の群馬のほうへ売られていくんだって
栃木で繭をたくさん作ってるというイメージがなかったので意外に感じた

575:  2015/06/23(火) 13:31:22.02

日本の養蚕家自体がほぼ壊滅状態だからね

577:  2015/06/23(火) 17:11:07.16

養蚕に興味あってちょっと調べてみたことがあるんだけど
まず素人がノウハウを身につけるには、養蚕農家に住み込みで弟子入り(給料なんて無いと思われ)
ある程度の規模が無いと採算が取れないから
設備投資に何百万円も掛けて、
まとまった量の蚕を仕入れるために養蚕試験場?農協?だかから買い取り(きっと固定価格だろう)
1期で死んで孵化率がめちゃ低いから毎年仕入れて
そして出来上がった繭は㌔あたり百円とか嘘みたいな安値でほとんど採算取れず
中国産や外国産に太刀打ちできず
真綿や生糸を紡ぐところまでやろうとすると工場並みの設備投資が無いと採算とれず

とにかく食べていけないから㍉な構造
富岡製糸場が世界遺産に登録されたから、後継者を育てねば!と市がバックアップするような制度もあるみたいだけど狭き門だし

ちょこっと育てて自分ちで趣味で機織するにしても
できるようになるまでにそこそこの投資とノウハウが要るね。
美大とか工芸大学とか出てたらコネもあるのかなぁ。

578:  2015/06/23(火) 22:18:09.95

30年位前まであった製糸工場も無くなったし、桑畑も全く姿を消しました。一軒の製糸工場はまだ
細々とやってはいる、と言っていましたが。
日本の絹のマーク入りであってもそれは、日本で糸にして織ったり染色したという意味で、流通して
いる純国産の、日本の絹純国産のマークが付く絹は、1パーセント程らしい。
養蚕は大変な仕事、海外から安い絹が入って来たら廃れるのも当然。

元スレ: http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/ms/1428651500/


--- スポンサーリンク -----


コメント一覧

  1. 着物の名無しさん   2015年06月26日 23:10

    子供の頃、祖母がやってました。
    確か、製糸工場にお蚕さんを取りに行ってたと思います。
    その時、お金を払ってたのかどうかは分かりません。
    繭になったら、製糸工場に持って行って、お金をもらったようです。
    「お蚕さんの小屋」に行くと、サワサワサワサワ・・・って、桑を食べる音が聞こえて、不思議な感じでした。
    なんか懐かしいです。

  2. 着物の名無しさん   2015年06月27日 01:05

    一部では天蚕(ヤママユガ)の飼育とかやってるけど、
    普通の養蚕・製糸業は実質滅亡状態だね。

    ただ、蚕(カイコガ)はゲノムの解読も済んでいて、成長が早く、
    飼育のノウハウが確立しており、逃げ出しても野生化しないなど、
    生物工場の有望株かも、という話はある。
    群馬県の蚕糸試験場では新旧の品種を保存するために毎年飼育してるんだけど、
    予算がなくて大変らしいので、機会があったら応援してやってくれ。

  3. 着物の名無しさん   2015年06月27日 01:46

    小山産蚕だったら、結城の方が高く売れるだろうに。小山や結城の政治家がせっかくキャンペーンはっているのに…
    (旧桑絹町・現小山市内も含む)

  4. 着物の名無しさん   2015年06月27日 17:27

    ※3
    群馬に出荷してるのは、もう国内で操業してる地域がそこだけだから
    国内生糸の生産ってほとんどが安中市にある農協だけらしいよ

  5. 着物の名無しさん   2015年06月27日 21:24

    ※4
    なるほど。確かに本場結城紬は経糸緯糸とも手紬糸で市内内製できないことはないけれど、
    特約店として全数納品でもしない限りは縒った生糸の方が需要ははるかに多いよな。
    (やわらか物とか帯とか大島とか、結城以外の紬の経糸とか)
    地域特産品として補助金を突っ込んで小山市で製糸設備を投下しても、
    本場結城紬の特性ゆえに有望な売り先はないなあ。

    でもなー。小山がやっている「結城紬で作った成人式振袖の補助金」よりは真っ当な使い道のような
    気もするし。うーむ。

  6. 着物の名無しさん   2015年06月28日 02:26

    明治時代には殖産興業の花形だったんだけどな。
    その前から国を代表する輸出品だったんだし。

    今や輸入品ばかり。せつないねぇ。

  7. 着物の名無しさん   2015年06月28日 11:52

    知人が昔やっていたけど、さすがにトシで廃業したなぁ。
    幼虫が桑の葉を食む音が雨の音みたいでおもしろいんだよね。
    そしてクワゴはおいしい。
    小規模で続けるのは難しいけど、大規模なら出来そうな気がするから、工場ってのは良い考えかも。

  8. 着物の名無しさん   2015年06月28日 23:54

    私の母は栃木の山奥出身ですが、養蚕やってましたよ。
    母の実家へ夏遊びに行くととうもろこし畑やきゅうりの畑のまわりに
    桑の木がたくさん植わっていました。
    家には、母が育てて糸をとり、織って染めてもらって仕立てた着物が
    大事にとってありますよ。

  9. 着物の名無しさん   2015年06月29日 00:43

    うちも子供のころはあちこちにお蚕小屋があったよ
    15年くらいの間に急にすたれちゃったんだよね
    中国産の安い物品がはいってくるのと同じころだ

  10. 着物の名無しさん   2015年06月29日 03:03

    養蚕、桑畑・・
    小学校の時地図見ながら教わったけど別世界の話のように聞いてたわ。

  11. 着物の名無しさん   2015年06月29日 08:35

    養蚕ではないけど、お蚕さんを題材にしたウェブ漫画があるよ。
    すごく可愛かった。ググればすぐ出てくる。

  12. 着物の名無しさん   2015年06月29日 10:17

    小山の間々田紐もよろしくね

  13. 着物の名無しさん   2015年06月29日 14:16

    素人考えだが、養蚕から反物まで一貫生産をすれば、採算は取れると思う。
    日本の場合は、農協とか問屋とかが中間搾取しているから、採算割れを起こすのでは?

  14. 着物の名無しさん   2015年06月29日 19:59

    中間搾取というけれど、一貫生産の方が大変じゃないかな?

  15. 着物の名無しさん   2015年07月02日 12:55

    富岡の製糸工場が世界遺産になって、
    糸繰りを実演するにも
    ぜんぜん繭が足りないから、
    市民や農家にたのんで蚕を育てて繭を作ってもらってる、
    と前にテレビで言ってましたね。  

    桑が残ってる地域はまだあるんですね。

  16. 着物の名無しさん   2015年07月03日 20:11

    その遺産群のひとつになってる地域出身だけど
    畑だったり道端だったり、当たり前に桑生えてる
    学校帰りに近所のおばちゃんが「どどめ食べる?」とか聞いてきたしな…
    なお養蚕用というよりは抜くのめんどくさいからそのまま生やしとけ感が強い模様

  17. 着物の名無しさん   2015年07月05日 10:28

    昔桑畑だったところは、ソーラーパネルになってるなぁ。
    当然だけど、桑を植えると自分たちが食べるものが植えられない、
    だから山肌とか畑にしてなかった所に植えて、桑の株の間にこんにゃくを植えたりしてたよ

  18. 着物の名無しさん   2015年07月14日 01:43

    自分の実家や母の実家や親戚筋では。25年ぐらい前まで養蚕業を生業にしてた
    一回出荷するまでの工程がすごく多くて、なのに朝から晩まで働いても実入りが少なくて
    温度や病気や虫害に弱いのに大飯ぐらいな生き物を扱うわけだから
    とにかく両親は苦労して蚕様を育てていた
    だから家では蚕のことを「蚕様」「お蚕様」って呼んでた
    (訛ってるからどっちかって言うと「けぇこ様」って感じだけど)
    蚕様がムシャムシャ音立てて桑の葉を食ってるさまを見て育ったから
    F○te/Z○roで桜ちゃんが蟲にむしゃむしゃされてるシーンで、ゾッとはしたけど
    同時に何か懐かしいものを感じたなぁ
    そしてクワゴの色素は服や手に着くと全然落ちないから、それで何枚ハンカチやら服をダメにしたか…

  19. 着物の名無しさん   2015年09月17日 19:52

    小山在住だが、市長が嫁に買ってやってた300万の結城紬はさすがに素晴らしかった…新年会の余興でみたが、余興やった私らに振る舞いは何も無かったな…

  20. 着物の名無しさん   2015年10月02日 11:08

    先日八王子のお年寄りから、すごいことを聞いた。
    養蚕をやっていた子どもの頃、
    家の中は全てお蚕さまの場所だったから、
    自分たちは台所の土間か、外で寝たんだそうだ。
    冬はお蚕様がいないから家の中で寝た、と言ってた。

  21. 着物の名無しさん   2016年07月22日 13:21

    学校の授業で蚕飼ってたことあるけど、
    十頭ぐらい入れたケースが広い室内に計十個ほど分散、日に一回は敷いている紙を新しくして、餌(人工飼料)も全交換
    って条件でも、部屋に入った途端ウッとくるような独特のにおいが強かったな
    百頭どころじゃない大量の蚕を、家を明け渡すいきおいで大切に大切に飼っても
    ほとんど利益にならないんじゃ続けられないだろうな。
    プラチナボーイみたいな付加価値付けたもの作ろうとしても、
    プロデュース力あって、かつ生産者にもちゃんと利益を分配してくれる所と組まないと意味無いだろうし。

コメントする

煽り・荒らしはスルーでお願いいたします。
煽り・荒らしやそれに反応したコメントは削除する場合がございます。
悪質な煽り・荒らしコメント・過度な連投をされた方については、コメント規制させていただきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事






TOPページに戻る
きものろぐ