--- スポンサーリンク -----

明治生まれの亡き祖母は普段は帯を結ばずに帯締めで上から縛るだけ。+外出時は…

2015年02月18日

コメント ( 10 )



87: 2015/02/05(木) 23:39:25.45

明治生まれの亡き祖母は、普段は
帯を結ばずに帯締めで上から縛るだけ
+外出時は羽織を着て隠してた。

88: 2015/02/06(金) 00:34:32.17

おばあさまに親近感w
コンビニ行く時、部屋着をロングコートで隠して出かけるもんねw

106: 2015/02/07(土) 11:36:28.79

>>87
それ、わたし普段やってるわ。
羽織は帯やおはしょりが上手くいかなかったときにも
誤魔化せていいのよね。
でもちゃんとしてるふうに見えるし。

元スレ: http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/ms/1422681016/


--- スポンサーリンク -----


コメント一覧

  1. 着物の名無しさん   2015年02月18日 20:27

    江戸の女性は前掛けの紐だけで着物を着てたそうですよ〜

  2. 着物の名無しさん   2015年02月18日 21:20

    帯って絶対的じゃないんですね
    室町の絵には帯無いしね

  3. 着物の名無しさん   2015年02月18日 21:58

    すっぴんにはマスク。

    もー見えなきゃなんでもいいワ

  4. 着物の名無しさん   2015年02月18日 23:09

    帯はもともと紐だからね。だんだんと華美になって、幅広の「帯」となった。丸帯を折らずにあの幅で締めた時代もある。

  5. 着物の名無しさん   2015年02月19日 15:39

    昭和初期生まれの亡き祖母は帯を二部式にして、
    胴回りに帯をまわして帯締め+帯枕・帯揚げをつけて、
    その上から羽織を着ていたらしい。

    こうするとお太鼓を作らなくてもいいのに、
    羽織の空いた部分はきちんとして見えて、
    さらに後ろも帯枕があるおかげで帯があるかのように膨らんで見せられたらしい。

    全部「らしい」なのは、実際祖母が着ていた姿をわたしは覚えていないからです。

  6. 着物の名無しさん   2015年02月19日 18:28

    マジックの伊達〆は便利。

  7. 着物の名無しさん   2015年02月20日 01:32

    家の中ではウールに博多の伊達締めで、羽織やひっぱり着てる。
    その格好で集金や宅急便の応対にも出るけど、
    興味ない人には区別つかないみたいだw

    丸帯折らずにですか~。ギブスですね。。。

  8. 着物の名無しさん   2015年02月22日 12:09

    丸帯ってそんなにガチガチな芯とは限らんのでは
    まあ立派なもの多いが
    芯なしのへなへなしたのも見るよ

  9. 着物の名無しさん   2015年02月23日 12:27

    「帯に短し襷に長し」って幅違いすぎじゃんと思ってたけどこういう事だったのか
    帯って元々細かったのね

  10. 着物の名無しさん   2015年02月24日 11:02

    自分はたいてい半幅帯に羽織り。
    もうお太鼓結べないかも。
    訪問着なんかは着付け頼んじゃうし。

コメントする

煽り・荒らしはスルーでお願いいたします。
煽り・荒らしやそれに反応したコメントは削除する場合がございます。
悪質な煽り・荒らしコメント・過度な連投をされた方については、コメント規制させていただきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事






TOPページに戻る
きものろぐ