馬乗り袴でトイレの場合は脱ぐしかないと思っていたが神社の装束で登山している一団が…

2014年08月25日

コメント ( 20 )


スポンサーリンク

762: 2014/08/24(日) 02:58:08.79

馬乗り袴でトイレの場合、脱ぐしかないと思っていたのですが、
先日神社の装束で登山している一団が、山中で器用に用を足していました。

最初は何をやっているのか分からなかったのですが、手順は以下のとおり。

1クナイを使って穴を掘る。他人の目がある場所でも気にしない様子。
2袴を履いたまま便所座り。袴の尻の部分が穴を掘った所の地面に接している。
3袴の両脇のスリットから両手を入れてゴソゴソ。
4クナイを手に持って袴のスリットから差し入れてゴソゴソ。
5立ち上がると、穴が塞がれている。

質問1戦国時代には、股が割れた袴があって、
甲冑を着たまま用が足せたようです。
このような便利な工夫の袴は、今では売られていないのでしょうか?

質問2市販の袴をこのような使い方が出来るように
仕立て直してくれるところはないでしょうか?

763: 2014/08/24(日) 03:10:24.66

子供のころ、剣道習ってたので袴はよく履いたんだけど
トイレの時は袴の中で股下の隙間に足を通して片方に両足入れた状態にして
スカートみたいにまくりあげてしてた。
馬乗り袴とは違うのかもしれないけど、参考までに。

765: 2014/08/24(日) 13:18:09.06

>>762
クナイなんか持ってて忍者装束じゃなくて神社の装束なの?
なんで神社装束で刃物持ち歩いてるの?コスプレ集団?

普通の馬乗りだったら>>763と同じで片方に両脚突っ込むように教わったよ
袴の形によって襠の高さが違うから襠が高く袴のヒダが少なくて余裕が無い形のものだとできないけどね

766: 2014/08/25(月) 07:17:44.75

>>765
偏見を擦り付けて古い日本の伝統文化を歪曲するな。(反日工作員と認識されるぞ)

本物のクナイには、刃なんてついてない。
クナイ=和製スコップ
忍者の武器という情報は都市伝説。

クナイぐらいのサイズがある、普及していた投擲武器は打根。
現代人が忍者のシンボルと思っている手裏剣は
それのみでは軽すぎて致命傷を与えられないからせいぜい威嚇にしかならず、
ほとんどの忍者は携行しなかった。
本物の忍者が使う隠し投擲武器は微塵。(当たれば骨が木っ端微塵に砕ける)
お伽話と現実の区別ぐらいつけろ。

現代人が勘違いしている忍者装束の実態は百姓の野良着。そんな姿で旅する忍者などまずいなかった。
※百姓が田畑を放り出して夜逃げしたと認識されれば騒ぎになって目立ちすぎる。
実際の忍者(遁甲の実践者)は、修験者や歩き巫女の姿で全国を巡視していた。
たとえば、本物の分身の術は八幡(八旗)の名で知られる。
本陣の旗を複数立ててどれが攻めるべき本物の本陣か分からないようにすることで敵を撹乱する、諸葛孔明ゆかりの皇軍の兵法。
皇室のスポンサー秦氏創建の八幡系の神社を管理していた社家がこれら兵法の伝承主体。
このことからも分かるように、遁甲を用いて皇位を手に入れた天武天皇直属の、正規の忍者集団は、
宗教大国・紀州の社家が管理し、寺社に仕える修験者達が伝承してきた。
その傍流の一つが戸隠流で、今ではFBIやCIAが採り入れて世界最強の武術と認識されている。

ここは都市伝説の誤情報で盛り上がる場所ではない。伝統文化の歪曲・破壊行為は厳禁。

元スレ: http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/kankon/1403861339/


スポンサーリンク


コメント一覧

  1. 着物の名無しさん   2014年08月25日 13:34

    >766が一人で熱くなってて、なんかウザい
    クナイが忍者の武器かどうかはまだしも、忍者装束の話なんて誰もしてないがな

  2. 着物の名無しさん   2014年08月25日 13:44

    そもそも、「クナイ」の時点で笑ってしまって、後の文面が頭に入ってこねぇ~ww
    コスプレ団体の話なんだろ。

  3. 着物の名無しさん   2014年08月25日 14:05

    忍び袴は左右に割れる作り

  4. 着物の名無しさん   2014年08月25日 16:10

    >>1ほんとこれ。

  5. 着物の名無しさん   2014年08月25日 17:37

    「ちょっと変わってるだけで
    コスプレ呼ばわりするな。
    ものを知らないくせに語るなアホ」
    で済んだ話だな。
    なるほどなぁー、と思いながらも
    文の後ろ半分は飛ばしちまったわ。

  6. 着物の名無しさん   2014年08月26日 00:14

    伝統文化の歪曲・破壊行為って…

  7. 着物の名無しさん   2014年08月26日 15:13

    もともと袴は股引きなんかと同様、股の部分はつながってなかったと思ってる
    仕立てからみても実用からみても股下をわざわざ縫い付ける意味がない

  8. 着物の名無しさん   2014年08月27日 19:21

    途中から「クナイ」が隠語かと邪推してしまったじゃない

  9. 着物の名無しさん   2014年08月27日 23:00

    ふと思ったんだが、神社の装束で登山、ってもしかして、本物の山伏さんたちなんじゃないの?
    そういう人なら、クナイだろうがなんだろうが持ってるだろうしさ

  10. 着物の名無しさん   2014年08月28日 00:17

    ※9
    まあそうだろう
    普通に読めばそれ以外想像できないところなんだが、ごく一部おかしな想像したのがいるみたいだね
    なんかに毒されたんだろう

  11. 着物の名無しさん   2014年08月28日 01:30

    一生懸命過ぎて痛々しい。
    途中で恥ずかしくなって来て、半分も読めなかったw

  12. 着物の名無しさん   2014年08月29日 06:06

    股下が塞がってない馬乗袴穿いてる人はたまにいるよ。

    俺は後ろだけ下ろしてほどいた紐はひざ上くらいで結んでおくタイプ

  13. 着物の名無しさん   2014年08月30日 09:40

    山岳信仰の修験者の装束だったんじゃないの?
    だったらそれに便利な構造になってるものと思われる
    道具も然り

    うちの親父が十代の頃「元服の儀」として修験者の装束で大峰山登らされた経験が有ったらしいんだけど
    崖の上の大石から身を乗り出して下を見るって修行がトラウマになったらしく、詳しく教えてもらえなかった

  14. 着物の名無しさん   2015年03月10日 09:38

    766そんなにへん?うちの近所の日本刀屋さんも似たようなこと言ってるけど。

  15. 着物の名無しさん   2015年03月13日 10:06

    光あるところに影がある

  16. 着物の名無しさん   2015年04月17日 09:45

    忍びが通るけもの道

  17. 着物の名無しさん   2015年04月17日 10:58

    忍びなれども忍ばない

  18. 着物の名無しさん   2015年05月24日 04:28

    ニンジャはいない。いいね?

  19. 着物の名無しさん   2015年05月24日 05:15

    死して屍拾う者なし

  20. 着物の名無しさん   2015年08月14日 16:39

    >※18
    今はどっかの市役所にたくさん勤務してるってさ。

コメントする

煽り・荒らしはスルーでお願いいたします。
煽り・荒らしやそれに反応したコメントは削除する場合がございます。
悪質な煽り・荒らしコメント・過度な連投をされた方については、コメント規制させていただきます。


関連する記事


TOPページに戻る
きものろぐ - 着物まとめ -