上っ張りの生地で悩んでいます。対丈で道中着タイプにしようと思ってるんですが…

2016年12月27日

コメント ( 1 )


--- スポンサーリンク -----

7: 2016年12月18日 01:14

先日、上っ張りについて書き込んだ者です。
結局自分で作ろう!と思い立ち、図書館で本借りてきました。(和裁は裄出しする程度)
ミシンで作る予定なのですが、生地で悩んでいます。
対丈で道中着タイプ(前で合わせる)にしようと思ってるんですが、ある程度暑い時期に着用する
ことも考え、麻にしたいと思ったのですが、やはり動きにくいでしょうか?(裾さばきとか)
やはりポリが無難でしょうか。。ポリだと暑いの嫌だなーと思いまして。

対丈の水屋着を愛用の方、いらっしゃったらご意見いただけるとありがたいです。

8: 2016年12月18日 11:09

浜松木綿で二部式を作ってたので、対丈とは違うと思いますが。。。

厚手だとは思わなかったんですが、暑かったです。
麻も厚手だと暑いので、薄手の麻とか、割烹着程度の薄い木綿の方が涼しいかも。

裾捌きは、着物着てる上に着るので、あまり気にならないような気がします。
打ち合わせ深い方が、暑いですけど、膝に水をばしゃーとした時安心だし。。。
とジレンマがあります。

色々改良工夫ができるのが自作のいい所です。
楽しそうなので、私も在庫布を何とかしなくては。
がんばって下さいね。

11: 2016年12月18日 18:39

>>8
レスポンスありがとうございます。
やはり厚手だと暑いんですねぇ。薄手の麻にして、ひざ周り等に撥水スプレーで対応して
みようかなぁ。。悩む。
ネットで調べたら、薄物の撥水加工の正絹で作ってるのがあって、良いなーと思ったけど
予算と釣り合わない(-_-;)
とりあえず、手芸屋さんにいって、生地とにらめっこして検討してみます。

12: 2016年12月18日 22:42

洋裁用の生地で、すべりがよくて軽く撥水性のあるものがある。
手芸やさんのネット通販とかでも手に入るし、高いものではないし、膝回りの裏地にしてみるといいかもしれない。

15: 2016年12月19日 05:30

>>7さん
とりあえず一着作ってみることをおすすめします。
多分、季節にあわせて何着かあった方がいいと思う。
ポリエステルは夏には着ていられないほど暑いかも。
綿ローンや麻のシャツ地程度なら夏でもいけるだろうし。

ちなみに私は割烹着を使ってるけど、綿ローン、シーチング、リネン、ラミー、デニム、コーデュロイ、コーデュロイの裏キルト付、別珍、別珍の裏キルト付作った。

撥水加工の絹地を使わなくても、後から靴用の撥水スプレーかけるという手もある。
かけたあとアイロンかけると撥水効果が長持ちだよ。
どのみち撥水加工済みの絹地でも洗濯すれば加工は取れていくから。

20: 2016年12月19日 16:52

>>7 さん
私がお茶をしていた頃は、化繊のレースの水屋着を使われる方が多かったです。洗濯してもシワにならず便利ですよ。

元スレ: http://www.kimonolog.com/archives/post-35909.html


--- スポンサーリンク -----


コメント一覧

  1. 着物の名無しさん   2016年12月28日 10:52

    綿100%でも織り方で撥水する生地ががある。
    水通ししようとした時に、水滴が玉になって滑っていった。
    それほど高くはなかったような。

コメントする

煽り・荒らしはスルーでお願いいたします。
煽り・荒らしやそれに反応したコメントは削除する場合がございます。
悪質な煽り・荒らしコメント・過度な連投をされた方については、コメント規制させていただきます。


--- スポンサーリンク -----

関連する記事





TOPページに戻る
きものろぐ - 着物まとめ -
スポンサーリンク