約30年ほど前に自分が3歳の七五三で着たものをお宮参りの初着にできるものでしょうか?

2016年03月09日

コメント ( 5 )



619:  2016/03/07(月) 14:06:48.44

ぶったぎりすみません
夏に女の子を出産予定なので、お宮参りの初着に
約30年ほど前に自分が3歳の七五三で着たものを、
着物の状態が良ければ着せたいと思っているのですが、できるものでしょうか?
ググっても初着を七五三に、というのはたくさんでてくるのですが、
検索の仕方が悪いのか逆が見つけられずこちらで質問させていただきました。

620:  2016/03/07(月) 14:28:48.67

>>619
初着を三歳で使ったのを戻して初着、なら可能

三歳用で買った着物を初着に、は普通しない
三歳の着物だと被布着ること多いからなま
やりたければ自己責任でどぞ

622:  2016/03/07(月) 14:41:21.15

着れる状態ならとっといて、3歳の時に着せて写真撮ったほうが良くない?
自分の時のと並べて写真飾ると可愛いよ

624:  2016/03/07(月) 15:08:58.09

>>619
お宮参りに着る祝い着は一つ身という仕立て方で、背縫いがないのが特徴。
一つ身はゼロ歳児~3歳くらいまで着て、それ以降は背縫いのある仕立ての着物になる。
三歳の七五三できる晴れ着は、一つ身仕立ての着物からの卒業の意味もあるので、当然その晴れ着には背縫いが入っているから、
正式には七五三用の着物をお宮参りの祝い着にはできない(お宮参りの祝い着を七五三の晴れ着に仕立て直す場合は後ろ身頃の
中央をつまみ縫いにして、なんちゃって背縫いにできるので可能)。

でも、30年くらい前の七五三着物なら、大人の着物のような反物を仕立てるのではなく、絵羽柄模様がプリントされた服地をつまみ縫いして
着物の形に仕立てている可能性もあるので、縫い目をほどいたら、左右の後ろ身頃が繋がっている可能性もある。
この辺は実物を和裁士さん等、仕立てのわかる人に見てもらわないと判断できない。
あと「背縫いのあるなしなんて写真にダイレクトに写るわけじゃなし、通りすがりの人だっていちいちチェックしないからキニシナイ」と
開き直ってしまえるなら、揚げ縫いを解いて袖を平袖に縫い直し、腰紐を付ければOKなので、それでお茶を濁す方法もある。

625:  2016/03/07(月) 15:20:28.81

>>619です
たくさんの方にレスいただき、ありがとうございます

3歳の七五三の着物は自分がお宮参りのときにも使っているようなので、
解いたら大丈夫かもしれないです
実家にあるのですぐの確認はできませんが、時間を作って確認したいと思います

重ねての質問あつかましくて申し訳ないのですが、お宮参りで使えたとして
また3歳で着せるというように、何度も仕立て直す?というのはやらないほうがいいですか?
何度もやるのがダメな場合は>>622さんのおっしゃるように
3歳までそのまま取っておくほうがいいのかな?とも思えてきました

633:  2016/03/07(月) 17:45:02.86

>>625
私が産まれたときは三歳の七五三用に誂えたものをお宮参りで使用したみたい。
性別がわかった時点で祖母が誂えたらしい。和裁師さんに相談するのが一番な気がするよ。

元スレ: http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/kankon/1453503841/


--- スポンサーリンク -----


コメント一覧

  1. 着物の名無しさん   2016年03月09日 18:42

    お宮参り→三歳なら、袖と紐に手を入れて揚げをするだけなので、元に戻すことも、もう一度三歳用に直すことも可能です。
    三歳用に背縫いをつけるって聞いたことないんですが、地方によるんでしょうか?
    三歳用に直してあるなら、掛け着の時の共紐ではなく、新モスなどで作った紐に付け替えてあるかもしれないので、もとの紐がなければ、地色に似た色の生地を探して紐を作る必要があるかもしれません。

  2. 着物の名無しさん   2016年03月12日 22:29

    ※1と同様、三歳用の着物に背縫いなんて聴いたことないんだけど。
    普通、三つ身だからお宮参りにも可能だと思う

  3. 着物の名無しさん   2016年03月12日 22:40

    うちは写真撮影だけ自分用に誂えたやつを使ったなぁ。お宮参り自体はセレモニードレスで行ったので使ってない。なので戻さずに上から掛けるだけみたいな感じにしましたが。
    ただ、七五三は着物がさすがに古めかしすぎるので、レンタルする予定ですが。旦那とそこは一致してます。下の子を産むつもりがあるなら誂えてもいいかなとは思うんだけど、夫婦の年齢的に厳しいのでね。

  4. 着物の名無しさん   2016年03月13日 19:02

    背縫いと背守りを勘違いされているのかな。

    背守り=子供の魔除けの意味も込めて、ちりめんなどで作った御細工物を背中に縫い付けたもの。

    ただ昭和初期までのアンティーク着物には見かけますが、現代のものでは見たことないのでなんとも…。

  5. 着物の名無しさん   2016年03月13日 21:01

    勘違いされている方が多いようなのですが、三つ身は寸法に融通がきかず、短い間しか着られない。構造上、注染染めの浴衣地や絣など、生地に裏表がないものでないと仕立てられない、ので、現在ではほぼ見られません。成長にあわせて、一つ身→四つ身裁ち→本裁ち四つ身→本裁ち、となります。

コメントする

煽り・荒らしはスルーでお願いいたします。
煽り・荒らしやそれに反応したコメントは削除する場合がございます。
悪質な煽り・荒らしコメント・過度な連投をされた方については、コメント規制させていただきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事






TOPページに戻る
きものろぐ