--- スポンサーリンク -----

付け下げ小紋と長襦袢を誂えたけど端切れがどちらも5センチくらいしかない。こんなもの?

2015年09月15日

コメント ( 8 )



680:  2015/09/14(月) 00:13:53.06

付け下げ小紋と長襦袢を誂えて
今日受け取ってきたんだけど、端切れがどちらも5センチくらいずつしかない
身長150ちょっとしかないし、とりあえず着丈とイコールで頼んだから
もうちょっと余ると勝手に思ってたんだけど、こんなもの?

681:  2015/09/14(月) 00:41:12.59

証紙だけ渡してるんだと思う
もっと余ってるよ

682:  2015/09/14(月) 00:48:11.29

>>680
前後身頃で内あげしてないの?

683:  2015/09/14(月) 00:49:25.46

やっぱりですか…
端切れが多かったら襦袢の方で帯揚げ作れるかな?と妄想してたのに
今回は催事で売値の半額以下ではあったので、勉強だと思って黙っておくことにします
次回誂える機会があれば端切れについて一言言います

684:  2015/09/14(月) 00:53:13.24

>>801
うちあげはしてありますが、自分より高い身長の方でも端切れは出た人もいたので。
証紙以外で端切れ出てないならそれが一番なんですが

685:  2015/09/14(月) 01:01:23.88

すみません
盛大にアンカ間違いましたorz
>>682さんあてでした

686:  2015/09/14(月) 08:17:23.78

>>680
うちあげっつっても限度があってだね
背に二ヵ所拳ひとつ分作ると22cm位×2でしょ
前も同じくで80~90cm入れ込むのがやっとだからね
帯揚げって全然長さ足りなくない?
とにかく上げてるところが1寸位(3cm)だったら、やられてる
穏便に済ませたいなら次回に仕立てるとき、揃いで細工物作るから沢山余らせて!!
などと牽制しとくといいかも。

反物1反にお金だして購入してるってこと、お忘れなく
1cmの端布でもあなたのものだよ

688:  2015/09/14(月) 08:34:33.72

端切れを返却しないってのは
おかしいよね

鮮魚屋で魚を一匹さばいてもらった時に
アラを勝手に捨てて渡すようなもの

689:  2015/09/14(月) 11:04:53.30

よく分からないけど附下柄なんだったら、胸元と裾の位置が柄で決まるから
余った分は、うちあげにするしかないんじゃないかな?
柄位置がきまってるから裾が余るんじゃなくて、帯で隠れる部分が余るってことだよね?

他の人が返されるなら、返し忘れかもしれないけど、
普通の小紋とか色無地でも、最近は仕立直した時に大きくできるように
なるべくうちあげにして、端切れは出さないって聞いた

江戸小紋の仕立て時に余りはうちあげにせずに端切れにしてくれって依頼した時に、そう言われた

元スレ: http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/kankon/1439083194/


--- スポンサーリンク -----


コメント一覧

  1. 着物の名無しさん   2015年09月15日 22:37

    仕立てしてます。
    なにも言われなければ、小柄なお客様でも、165センチぐらいの身長までには対応できるくらいの内揚げ入れてる。
    680さんの場合、袷用の襦袢地だったら、あらかじめ、帯揚げに出来るくらい残してほしいって注文されていれば、仕立ての段階では残すことは可能だと思う。
    絽などの単用の襦袢地は短いので、ほとんど残りません。
    付け下げ、訪問着などは、袖の下側を裁ち落とした、数センチ~10センチほどの残り布が数枚は必ず残りますね。
    仕立てに出す際に、残り布は全部渡してほしい。と念押ししておくのがいいと思います。

  2. 着物の名無しさん   2015年09月15日 23:00

    なんか、残らない仕立てをしただけのような気もするんだよね。
    袖がどうなってるかもわからないし、背の高い人で余ってたっていうのも、もともと長い反物だったかもしれないし。
    まあこの情報だけじゃどっちとも言えないんだけど。

  3. 着物の名無しさん   2015年09月15日 23:06

    反物の長さは一定じゃないってこと、案外知らない人多いと思う。

  4. 着物の名無しさん   2015年09月15日 23:33

    色無地や小紋ならともかく、付下げでは帯揚げも取れるほどは余らないんじゃないかなあ
    ただ長襦袢の方も余り布がないのは疑問だけど

  5. 着物の名無しさん   2015年09月16日 09:04

    この方の場合は分からないけど、実際に「余り裂はウチノモノ」な呉服屋さんって、あるよね。
    ある呉服屋の娘が子供に手作りの服着せてて、可愛かったので誉めたら「お客さんの浴衣の余り裂で作ったのー」と。そこの店で作った時(木綿・紬と長襦袢・大島)、確かに余り裂は返って来なかった。他は親切で品揃えも私好みの、良い店だった。

    当時は気にもしなかったけど、今は悔しい。理由は暇になって手芸に目覚めたから。そして、その材料を求めて探すと、かなりの値段で売っているのが分かったから。
    ※686さんの「反物一反にお金出して購入してる事をお忘れなく」は、胸に刺さったよ(>_<)

  6. 着物の名無しさん   2015年09月16日 11:45

    ※5の呉服屋さんはなんの躊躇無く言ってるってことは
    勝手にお客様の物をもらうのが当たり前のことで
    罪の意識もなんも持って無い証拠だね
    普通の客商売精神では考えられないわ

  7. 着物の名無しさん   2015年09月16日 12:19

    ポリエステルの安い着物作った時は、余り布が1センチもなかったなぁ。
    正絹で小紋作った時は10センチ位。
    身長163センチだけど、どこで仕立てても余りはそんなでない。

  8. 着物の名無しさん   2015年09月16日 16:56

    私も背が低いけど、最近は確かに小紋でもがっつり揚げが入ってるわ。
    しかも今回は付下げだしね。
    襦袢も振りの見え方などで柄あわせしていたら
    余り部分がが端に寄るわけじゃないので結構細切れな端布になるし
    あんまり細切れなのを返してもらってもうざったがる人いそうだしな。
    でも、※5みたいな呉服屋さんもいるしな~

コメントする

煽り・荒らしはスルーでお願いいたします。
煽り・荒らしやそれに反応したコメントは削除する場合がございます。
悪質な煽り・荒らしコメント・過度な連投をされた方については、コメント規制させていただきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事






TOPページに戻る
きものろぐ