小紋でお茶会に行くと失礼?付け下げを買わないとだめ?

2013年04月27日

コメント ( 10 )


スポンサーリンク

197: 2012/09/17 11:27:21

観月会のチケット買わされました 

着付け初心者でウールの着物か小紋しか持ってません 

小紋でお茶会に行くと失礼ですか? 
付け下げというのを買わないとだめなんでしょうか

200: 2012/09/17 19:25:49

>>197
お茶事、という形、少人数でその道の先生方が大勢来られる、
献茶式などに参列するならば準礼装の方が良い 
紋付色無地、一つ紋付き三役江戸小紋、付け下げに袋帯など訪問着は大げさすぎる場合もあり、
逆に、周りがみんな訪問着ということもありうるのでこんなところではなく、券を購入させてもらった方に聞きましょう

気軽な大寄せ茶会なら上品目の小紋に名古屋帯でOK
古典柄で、飛び柄た無地の部分が多いものとか
ウール、半幅、着慣れていないのに紬に八寸はおすすめしない
若い方かと推測しますが、黒地に薔薇とか大正浪漫系は悪目立ちします
付け下げ買うったって、今から採寸してお仕立てなら一ヶ月はかかる
初心者なら、吊るしのサイズが合わないものは着ないほうが良い
出先で着崩れたときに対処できない

洋服の一般の人も多い茶会ならば上品なジャケット、膝丈~膝下のスカートに白ソックス持参でOK
洗える着物は一万円台のぺらぺらのはすぐそれとわかります
東○シルックなど、良い化繊着物なら言わなければ分からないので許されることもある
雨など天候も意識したほうがいい
観月ならば夜にかかるので、夜目に映える着物の色を意識したほうが良いでしょう
その意味でも真っ黒は沈んでしまいます
真っ赤とか派手色を着ろってことではないけど

201: 2012/09/17 19:30:53

色無地なら絶対袋帯で名古屋帯はダメ!と言われることも
なきにしもあらず
有識文様、名物裂、正倉院紋様など格が高い柄の帯ならば
名古屋帯でも構わないという考えの方もいる
ただ、紋付の色無地なら袋帯の方が無難
迷ったら無難なほうにする、事前に主催者側や経験者によく確認すること

203: 2012/09/17 23:21:41

買わされたってくらいだから、相手はあんまり親切な人じゃないのかな。

コート類を風呂敷に包んで預けるのは番号札をくれるから大丈夫だけど、
下足番が草履を片付けるから自分のがどれだかわからなくなって
間違って履いていかれる事もあるし
ぎゅうぎゅうに詰め込まれて帯を壁に擦る事もある。

初めなら洋服のほうがいいんじゃない?

208: 2012/09/18 18:14:52

気軽なお茶会は、最近は椅子席多めに用意してあったり、野点席は野外だから毛氈敷いた長椅子だよ
折りたたみや空気式の正座椅子用意して待合でそれ使ってる人もいるよ

主催者側は、嫌々来る人には無理して来て貰わなくて結構だと思ってるよ
準備したお菓子もお茶も無駄になるし、そんなに利益が出るものでもない
だいたいageの元レスの書き方からして茶道disの釣りっぽいけど

チケットのノルマみたいなのがあるグループも微妙
大体、弟子が先生にお願いして勉強のために行かせてもらうものだよ
お招きいただいてありがとうっていうのが普通
都合が悪いって断れないのも変なところだね

209: 2012/09/18 19:16:59

地方の恒例行事で
茶道教師の見栄をみたす為に
公民館系の茶道教室の生徒がチケットさばかされる例を知ってる。

何しろど田舎で、長いものには巻かれるのが当り前なので、
異議でも唱えたら、
それこそ村八分w

選挙は完全に利権がらみ、
不正も、代々行われてきている。

が、
自分たちの嫌いな一派を落とす為なら、
代々の慣行も、「こいつ達だけが不正やってる」と平気でリークw
ほんと、腐り切った街なので、
腐った茶道教師がやってる公民館にふさわしくない振るまいの数々も、まかり通っている。

210: 2012/09/18 20:41:01

>>208
茶会はそうでも、毎回のお稽古が全部椅子ってのは
聞いたことがないよw
足が悪いんで、ちゃんと曲がらないんだけど
知らない人からは、「正座もできないの?」って
嫌味言われたりするんだよね。

>>209
下っ端ほど、そんな感じらしいね。

212: 2012/09/18 21:55:02

>>210
知らない人には説明すればいいだけじゃない
立礼オンリーでも稽古してくれる先生を探したらどうでしょう
座ったままお点前できる特殊な炉と畳もお金かけたらあるみたいよ
以前部活で骨折して足崩したまま稽古に行ったけど
私の師匠は休まない心が嬉しいって言ってくれて
見学も足崩しながらの点前もさせてくれたよ

240: 2012/09/20 16:26:52

野外での大寄せの茶席では、お手伝いの人がウールを
着ているのを見たことがありますが。
この場合は別としても、ウールは、止めた方が良いと
思います。

243: 2012/09/20 20:34:57

>>240
野外の大寄せでお手伝いがウール、というのも
紬かお召と見間違いではないかと思います
悪天候であったとか、気軽な趣向であったとか、本来
水屋からお客様のお席に出てくる役割ではなかった
方が、特別に許可されたのでしょう
お稽古着にはウールも良いところもありますが
作家モノの紬や絵羽紬でさえも意見が分かれるくらいなので
ウールはお茶会にはありえないです
小さなお子さんや10代の方なら許される可能性はゼロではありませんが…

248: 2012/09/20 21:01:09

>>243
え?と思ったので、さりげなく見直しましたが、ウールでした。
以前ならば考えられない事だったので、少々びっくりしましたが
流派が違うし、今はそんな時代なのかと思ったのですが。
でも外に出ないお手伝いなので、当然ながら先生も、了承していたのではないかしら?

242: 2012/09/20 20:29:52

慣れて気心知れてるならともかく
客の立場だとしても
招かれてる新参なのだからウールは止めたほうがいい
下手をすると招いた方に恥をかかせます

ウールはあくまで普段着です
近所のコンビニレベルです
紬も嫌うところは嫌います

244: 2012/09/20 20:41:19

茶会で普段着、と申しましても通常は小紋以上です
付け下げ、訪問着でなくてもよいという意味です
暗がりであまり見えないと申しましても茶室の中に入れば
それなりに明かりもありますし、相客同士距離が近くもなりますから
野点席だとしても隣に座れば、
ウールか柔らかものかは一目でわかります
柄も、太い縞や大きな格子、絣系は避けた方が良いです
何か琴の演奏や詩吟などのご趣向がありますと茶券のお値段は
また変わりますので高いものを売りつけられた、と思い込まないで下さいね

247: 2012/09/20 21:00:46

茶道が廃れる理由がわかる

249: 2012/09/20 21:01:55

茶会って大変なんですねー(棒)

253: 2012/09/20 23:01:55

お茶の着物ってほんと大変そうだね

254: 2012/09/20 23:24:42

千利休「どうしてこうなった?」

元スレ: http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1346636388/


スポンサーリンク


コメント一覧

  1. 着物の名無しさん   2013年06月08日 01:02

    「行かない。なので要らない」と断ろう

  2. 着物の名無しさん   2013年10月02日 17:50

    別に大変じゃないよ
    制服みたいなものだから
    その他大勢の客として行く分には
    お茶会は紬NGがほとんどだから柔らかものばかり持ってる人が多い
    気軽な茶会なら紬もいるしお召はお勧め
    普段の身内稽古ならウールや木綿や洋服に靴下の人も
    細かく書いてあるけどそれが定番で一番着回しがきくんだよね
    市民茶会の観月なら小紋に名古屋で十分

  3. 着物の名無しさん   2014年09月16日 09:30

    裾捌きや袖さばき悪いかたい着物、
    太物は正座、所作に向かないからお茶向きじゃない
    格の問題だけでもない

    気軽な市民向け大寄せ茶会は
    客は紬の方もいるよ
    着慣れた方や最近の柔らかい紬だと思う

  4. 着物の名無しさん   2014年09月16日 09:34

    観月会でも
    少人数お茶事か
    お寺で月釜か
    茶道習ってない人も洋服もいる気軽に楽しむ市民茶会の大寄せや呈茶かで
    ドレスコード違うのでは

    季節の趣向の茶会はどちらかというと遊び要素が強くて軽めな傾向はあるけど
    呼ばれる客、主催にもよりけり

  5. 着物の名無しさん   2014年09月16日 09:39

    草履は鼻緒留めやリボンやなんか工夫して間違われないように自分のには印しとくんだよ~
    扇子も草履の底(裏)も目立たないように名前書いてるわ

  6. 着物の名無しさん   2014年09月16日 09:41

    お茶会に出るようなお道具を袖で引っ掛けたり倒したりしたら大変だから
    柔らか物推奨される
    立礼でも道具やお菓子は落としやすいし

  7. 着物の名無しさん   2017年02月19日 01:41

    これだから茶道人口が減っているんだということに早く気付かないとね。
    どんどん尻窄み。
    家元も「『きちんとしなきゃ』という思いばかりに囚われ過ぎると排他的になります。」と注意を促している。

  8. 着物の名無しさん   2017年02月19日 14:11

    茶道の方って別に裾野が広がらなくてもいいって思ってる気がする。
    正直、茶道が誰でもできる、気軽な習いごとになるのはいやなのかな?って感じることがあるわ。

  9. 着物の名無しさん   2017年02月19日 14:58

    現在茶道がこんなに裾野が広がってる事の方が信じがたいわ
    昔は近所の先生に習って個人的に楽しむくらいの人が多かったんじゃないかな
    戦後に各流派が巧妙に商売して支部がどんどん増えていった結果だよ
    気心の知れた仲間内でやればある意味排他的になるのは当然だし
    尻すぼみになる方が自然だと思う

  10. 着物の名無しさん   2017年02月19日 16:36

    小紋しかなくて(付け下げも付け下げ小紋)、先生に相談したら、最近の若い方はきちんとした洋服がわかっていないので、むしろきちんとした洋服で来なさいって言われた。

コメントする

煽り・荒らしはスルーでお願いいたします。
煽り・荒らしやそれに反応したコメントは削除する場合がございます。
悪質な煽り・荒らしコメント・過度な連投をされた方については、コメント規制させていただきます。


関連する記事


TOPページに戻る
きものろぐ - 着物まとめ -