昔あった元禄袖は絶滅したのか?快活な感じで丸みのある袂が好きだった

2018年11月10日

コメント ( 4 )


473: 2018年10月01日 20:09

ところで、昔あった元禄袖は絶滅したのか。快活な感じで丸みのある袂が好きだった。
茶羽織とか黒羽織、ウールのアンサンブル、たぶん私の祖母の時代だと思う。

474: 2018年10月01日 21:22

着物人口が減ったら、いろんなものが画一化されちゃったんだよね。袖丈も丸みの大きさも好みでいいはずなのに、着物屋が「この寸法に決まってます!」なんて言うんだもの。

476: 2018年10月02日 06:41

元禄袖可愛いですよね。
でも若い子向けのデザインですよね?
娘の浴衣や着物を自作してるので袖の丸みに要らないCDを使って形付けてます。

480: 2018年10月02日 12:47

最近は袖の丸み大きいのは振袖くらいかな
長じゅばんも丸みつけなきゃいけないから面倒と言えば面倒か

481: 2018年10月02日 12:49

元禄袖は若い人向けってわけではないよ。なに向けかと言ったら普段着向け。袖丈短め、丸み大きい、で、作業する時に袂が邪魔にならない。

482: 2018年10月02日 16:33

何度も直しをしても着たい、とか普段着としてガンガン着る、とかだと
丸みを最初は小さくしておいて、丸みを大きくしながら直して着ていくんだっけ?
…とか誰かに聞いたようなきかなかったような

483: 2018年10月02日 21:12

前に、中古の絞りの浴衣で素敵な柄があったのだけど、袖丈短い元禄袖で手に入れるのを躊躇ったのを思い出したよ。普段に使うには優美な柄だったから、前はどんな方がどんな用途でお使いになったのかなと、色々考えた。

484: 2018年10月02日 21:13

たしかに。丸みって意外に汚れやすいし傷みやすいから、徐々に丸みを大きくするのはいいと思うよ。洗い張りしても汚れが丸い線になって残ってしまうから。
長襦袢は丸み部分を斜めに折りあげてしまえば、着物と合わせて縫わなくても大丈夫だと思う。

485: 2018年10月02日 21:16

あれ、私は着物を始める時80歳の伯母から丸みの大きいものは若い人の袖、って教わったような。

486: 2018年10月02日 21:53

丸みの大きい袖と元禄袖は厳密には同じではないはず。丸みが大きいだけなら振袖のように長い袖もあるけど、元禄袖の場合はせいぜい1尺2寸程度の短い袖で振袖のような特大の丸みになってる。

487: 2018年10月02日 21:57

まるみの大小だけが決め手ではない、という感じかな?
袖丈長めでまるみ大きめは、若い人向きの華やかさ可愛らしさ
袖丈短めまるみ大きめは、普段着向き(傷み補修で短く大きくなる)

個人的には、たすき掛けするのが一番袖が邪魔にならないけど、
元禄袖だとかえってたすき掛けしづらい。

488: 2018年10月02日 22:07

割烹着を着る時には袖のおさまりがいいかも。

496: 2018年10月03日 21:05

元禄袖は若い人向けじゃなくて子供の袖だよね
裳着の終わってない子供の
あるいは本当に野良着、作業着、日常家事炊事をするための普段着の袖

そうなる以前はそもそも袂が長くなくて着物の丈も短くておはしょりもなくて帯も細かった時代の袖

着物優雅なが非日常着になった今では、あまり馴染まない袖かも

499: 2018年10月04日 19:59

元禄袖。中原淳一の本に出てきてる。
戦時中から昭和の中ごろのものではないのかなあ。

野良着は筒袖じゃなかったっけ。

今の晴れ着の袖丈は画一的だけど、軽やかな街着は元禄袖がかわいいと思う。

元スレ: http://www.kimonolog.com/archives/post-39234.html


スポンサーリンク


コメント一覧

  1. 着物の名無しさん   2018年11月11日 01:38

    元禄袖ってほどではないけど
    仕立てるときは必ず袖丸みを1〜2寸に指定してます
    現代の標準になってる5分の丸みはパッと見では男物と大差なくて
    エレガントさに欠けるなあと個人的には思ってる

  2. 着物の名無しさん   2018年11月11日 01:47

    女子高生だった頃に祖母が縫ってくれた浴衣は袖の丸みが5寸ほどもあって(袖丈も長め)、まさに元禄袖って印象だった
    祖母自身は角袖みたいに丸みのほとんどない仕立てにしてたから
    やはり丸みが大きいと若い娘向けという印象はあるなあ

    鶴見和子さんは晩年でもすごく丸みを大きくとった袖にしてらしたのを著書で見た

  3. 着物の名無しさん   2018年11月11日 10:10

    祖母の遺品を整理していて、出てきた浴衣が全て元禄袖だった。たぶん昭和30〜40年代の、寝間着として使っていたものだと思う。
    当時は内風呂がなくて銭湯に通っていたらしいので、夏場は夕方お風呂から帰って来て寝るまでの間の家事を浴衣でやっていたみたい。

  4. 着物の名無しさん   2018年11月12日 08:52

    外にお風呂に行って、浴衣で帰ってきて家事して、寝る。現代人から眺めてる分にはのんびり感があって素敵な暮らし。
    実際は病人や老人、幼児など動きづらい方々には不便な事も多かったのかな。トピックに関係ない感想だけですみません。

コメントする

煽り・荒らしはスルーでお願いいたします。
煽り・荒らしやそれに反応したコメントは削除する場合がございます。
悪質な煽り・荒らしコメント・過度な連投・自演された方については、コメント規制させていただきます。


関連する記事


TOPページに戻る
きものろぐ - 着物まとめ -