--- スポンサーリンク -----

リサイクルショップで総絞りの羽織がたくさんあった。昔大流行してたのかな?

2016年10月04日

コメント ( 9 )



973: 2016/09/30(金) 07:50:49.73

リサイクルショップでほとんど使われた形跡のない総絞りの羽織がたくさんあった。
色もパステルから渋い色まで大量に。
羽裏も綺麗で、1枚2000円前後。
可愛い欲しい!と思ったんだけど、あれだけ大量にあるということは昔大流行してたのかな。
今着てると古くさい?

974: 2016/09/30(金) 07:58:00.59

>>973
大流行してたらしいです
オクにも数枚まとめて出品されてたりするよ
私も持ってて、下はすっきりした着姿になる長着に合わせてます
安いシボが大きいやつはダウンみたいにもっさりするので
なるべくタレる感じの身体にそうやつを選ぶとモコモコに
見えなくていいですよー
総絞りの羽織は優しげに見えるので好きです

975: 2016/09/30(金) 07:59:17.98

流行ってたというか、嫁入り道具で箪笥の肥やしだろうね
実際美品でしょ?
サイズがあってればおかしくないよ
洗えないので汚れと匂いに注意

976: 2016/09/30(金) 09:51:52.49

>>973
たしか40年くらい前に流行ったって聞いた
長羽織が70年サイクルで一周したことを考えると
ちょっと先取り過ぎるような気もするかな
でも長羽織もそろそろ飽きてきて短くしたくなってきてるのよね

978: 2016/09/30(金) 12:08:17.35

>>974-976
ありがとう!
そうなんですねー。道理で新品同様に綺麗な状態の羽織がずらりと並んでました。
ふんわりしたパステルグリーン×藤色の暈しと、シックな焦げ茶色が気になってたんで2枚とも買っちゃおうかなw
絞りの細かさとか臭いをもう一度よく見てきます!

979: 2016/09/30(金) 12:32:35.43

絞りの羽織ってリサイクルショップの軒先で
紋入りのと並んで500~2000円ぐらいでよく投げ売りされているから
どんだけ流行ったんだろうといつも思いながら眺めてる
揃いも揃って裄が60ちょっとのばかりなんだよね

元スレ: http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/kankon/1470860502/


--- スポンサーリンク -----


コメント一覧

  1. 着物の名無しさん   2016年10月05日 08:56

    羽織の裄など、袖に色の合った幅広レースを縫い付けて、着物の袖口が出てこないようにしてしまえばよい、と思ってます。女性の羽織はフォーマルにならないのだから、自由でよいのでは?

  2. 着物の名無しさん   2016年10月05日 08:58

    とりあえず羽織を脱ぐ場面がないならヘアピンで羽織と長着の袖をとめてしまうのも手だけど

  3. 着物の名無しさん   2016年10月05日 20:03

    総絞りの羽織あったかいし可愛いから好きで見かけると買っちゃうなぁ。
    淡い色合いが多くて持ってる着物に合うっていうのも大きい。

  4. 着物の名無しさん   2016年10月05日 23:36

    湿気ると縮むからご注意

  5. 着物の名無しさん   2016年10月11日 11:21

    大島に総絞りの羽織が関西でおしゃれの定番だった時があるんだよ

  6. 着物の名無しさん   2016年10月11日 18:30

    久保田一竹が辻が花を再現して、40年前くらいにブームになったからな。
    当時でも一振り5千万クラスだったから実用ではなく美術品。

  7. 着物の名無しさん   2016年10月17日 08:58

    最近、「一竹」の落款のあるきものや帯をやたら目にするんだけど、
    プロパー品を扱ってた問屋さんがつぶれたとか、聞いたことある人いる?

  8. 着物の名無しさん   2016年10月17日 12:25

    絞りの羽織ら素敵だと思うけどなー

    久保田一竹。私の中ではやり過ぎ。。
    アレの正しい着方は
    衣桁ごと背負って歩くことよ(笑)

  9. 着物の名無しさん   2016年10月17日 18:01

    衣桁ごと(笑)
    想像してしまったよ(((^_^;)

コメントする

煽り・荒らしはスルーでお願いいたします。
煽り・荒らしやそれに反応したコメントは削除する場合がございます。
悪質な煽り・荒らしコメント・過度な連投をされた方については、コメント規制させていただきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事






TOPページに戻る
きものろぐ