--- スポンサーリンク -----

「5-9きもの」って最近よく見るけど売りたいだけの呉服屋の提唱だよね

2015年02月09日

コメント ( 22 )



821: 2015/02/06(金) 12:25:53.62

「5-9きもの」って、最近よく見るけど、
売りたいだけの呉服屋の提唱だよね
それで恥かくのは、お客さん

5月~9月まで、1枚で着回せる
お出かけワンピースなんて、ないじゃない?
きものも一緒だと思う

823: 2015/02/06(金) 13:03:32.55

春物で使えるワンピース秋まで着回してるw
薄い素材だと冷房効いてる室内が寒くて辛い

822: 2015/02/06(金) 12:42:13.35

7月の夏真っ盛り以外なら、5月~9月まで同じ木綿単衣でも変じゃないと思う

824: 2015/02/06(金) 13:04:39.41

>>822
それって間違いではないけど全てではないのよね
例えば無地調や小柄の紺やグレーとかななら十分可能だと思う
素材だって出来れば初夏/盛夏/晩夏は分けた方が快適ってのが正直なところ
気にしないって言われればそれまでなんだけど

825: 2015/02/06(金) 13:35:18.30

>>821
売りたいだけなら、季節毎に買ってくれる古い人の方が上客だと思うの

826: 2015/02/06(金) 13:43:53.07

そういう古い人が高齢化でいなくなってきてるから
種類増やして情弱に買わせようとしてるんでしょ

831: 2015/02/06(金) 15:23:51.24

>>826
そういう古い売り方じゃ生き残れないから、他の季節に着れるような色柄出したりしてるんでしょ

元スレ: http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/fashion/1419394154/


--- スポンサーリンク -----


コメント一覧

  1. 着物の名無しさん   2015年02月09日 23:39

    提唱ていうか企画発案してるのは月刊アレコレさんだし、協力しているメーカーは複数。
    賛同する人が売り、欲しい人が買えばいいだけ。

    何も生み出さないのに文句言いたいだけの人が一番要らない。

  2. 着物の名無しさん   2015年02月09日 23:48

    知らなかったのでググったら、綿麻の小紋柄の着物なのね。
    5〜6月は木綿の単、7〜8月は麻、9月は木綿の感じで着るのかな。
    普段着ならアリだね。売りたいだけでなくて、着心地や懐具合を考えての提唱に思えるけど…
    ロッキュー着物もあるのね。木綿の着物なのかな?

  3. 着物の名無しさん   2015年02月10日 01:09

    木綿やウールの単を通年着れるって知らない層へのアピールになってるじゃん
    何が恥なのかサッパリわからん

  4. 着物の名無しさん   2015年02月10日 06:55

    自分の体感で5〜9の間に着たらよいものって思ってた。
    地域によっても違うだろうし、
    人によっては何着ても暑いから自力お手入れ優先とか。

    いずれにしても単袷薄物くくりにとらわれて
    どの時期に何を着たらいいかわからない人用の
    表示。

    ネットだと実物見られないから自分もわかりやすくて助かる。

  5. 着物の名無しさん   2015年02月10日 08:17

    普段着としての着物を推すための良い試みでは

    むしろ季節ごとにびしりと替えろ替えろという方が着物は売れるんだから

    柄や素材で季節感を表現できるのは着物の長所、日本の繊細な素晴らしい表現だけれど
    生活様式や冷暖房の進歩や地域差や異常気象など、簡単に季節を割り切れなくなっているから

    最近の着物に関する格のルールは比較的新しい慣習で、雑誌の説明など見ても、衣替えに関してもどんどん緩くなっているよ
    そういう意味で「洋服化」していくことに危惧を覚えるのは分かるけど
    普段着だし
    野暮だと思うなら自分は買わなければいいだけ

  6. 着物の名無しさん   2015年02月10日 08:21

    色も柄も素材も初夏盛夏晩夏で分けるのが着道楽さん、美意識があるのは分かる

    だがしかし、この企画は着物を身近に感じてもらうための新規開拓、そもそもビギナー向け普段着だから
    万人にそれを押し付けなくていいかと

    情弱と罵るのはちがう

  7. 着物の名無しさん   2015年02月10日 08:27

    昔も庶民は重ね着したり火鉢で乗り切ったり、同じ着物に綿入れたり抜いたり、
    一年中麻襦袢で通したり、毛糸で刺繍して冬仕様にしてみたりでそんなにとっかえひっかえしてなかったのでは

    江戸の粋というのは商人階級が豊かだった時代に成熟した文化でしょ

    幕府は謀反されないように大名家をどんどん難癖付けて取り潰したり禄を減らしたりしたから浪人が溢れて、武士階級が困窮して商人と経済的な立場が逆転した

  8. 着物の名無しさん   2015年02月10日 09:35

    透けず、暑苦しくもない、自分で洗える綿麻の着物なら夏に長く着られるよね!
    って発想でしょう。結構いいと思うんだけどな。

  9. 着物の名無しさん   2015年02月10日 11:20

    ていうか、昔だってお貴族様やら呉服屋商人やら花魁でもなけりゃあそんなに厳密に気にしてないでしょ。
    金は使える人が使って、無い人は無い人、ビギナーはビギナーなりに楽しめるものがないと、それこそ廃れるじゃん。
    季節に合わせてこまめに替えるのは、目と財布が肥えてる人でいいよ。

  10. 着物の名無しさん   2015年02月10日 19:36

    このての
    着物に詳しいアテクシは認めないわ!ムキーッ!!
    が多いよね、正直

  11. 着物の名無しさん   2015年02月10日 20:01

    ×恥をかく
    ○変に突っかかるムキー婆さんから嫌な思いをさせられる

  12. 着物の名無しさん   2015年02月10日 20:08

    >>821は実際呉服屋の言いなりに買って恥かいたとかかな
    そうかもしれないが、だからといって業界の努力が非難されるのは酷だろう

  13. 着物の名無しさん   2015年02月10日 20:17

    >5月~9月まで、1枚で着回せる
    >お出かけワンピースなんて、ないじゃない?

    色柄素材を選べばむしろいくらでもあると思うんだけどね・・・
    着回し下手なんじゃない?

  14. 着物の名無しさん   2015年02月11日 01:46

    色がパステル調で絞りの柄もおしゃれで素敵だと思います。着てみたいと思わせてくれる着物が最近少ない中、とても良い企画だと思いますよ。

  15. 着物の名無しさん   2015年02月11日 12:37

    襦袢を変えればセオアルファも5-9着物向けだと思うんだけどな。
    手持ちのはあまり透け感がないので、
    5月末くらいから9月初旬まで着てる。

  16. 着物の名無しさん   2015年02月11日 17:02

    既存の産地ものの綿麻は縞柄とか格子がほとんどだから小紋柄だとおしゃれ着らしくていいなって思ってる。
    今の私が買うにはお高くて残念だけど、いつかお金に余裕ができたら買いたいと思うくらいの価格帯で、着物としてはリーズナブルだよね。

  17. 着物の名無しさん   2015年02月12日 12:59

    5半ば~9月半ばまで(暑い日は)綿絽着てる私がいる

  18. 着物の名無しさん   2015年06月14日 07:09

    呉服屋だって商売だから、いつも、いつでも売りたいとは思っていると思う。

  19. 着物の名無しさん   2016年04月30日 23:12

    ワンピース5-9で着回せるのあるなぁ。
    羽織るものや小物変えればいけるよ。

  20. 着物の名無しさん   2016年04月30日 23:57

    実際、透け感なくて浴衣にも出来る綿や綿麻着物は便利でしょ
    温暖化で昔の衣替えルールになんか合わせてられない・正絹はお手入れコストが高い・洗濯機で洗えないと不便等々、現代背景をよく考慮してると思うけど
    どの辺が情弱で、どこでどう恥を掻くのかがよくわからんわ

  21. 着物の名無しさん   2016年10月14日 08:15

    一枚欲しいなと思っていろいろ見てる
    フルオーダーできるし
    ただ財布にその値段でも優しくないw

  22. 着物の名無しさん   2016年11月28日 23:32

    情弱?着物を着るのに季節の決まり事?
    この着物を企画した人たちは今と昔とは気温に差があるので今の気温に合わせ、尚且つ良い物を
    提供しよう!と云うお話でしたので、未だに昔からの決まり事を重視している方は情弱と思われるのでしょう。

コメントする

煽り・荒らしはスルーでお願いいたします。
煽り・荒らしやそれに反応したコメントは削除する場合がございます。
悪質な煽り・荒らしコメント・過度な連投をされた方については、コメント規制させていただきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事






TOPページに戻る
きものろぐ