--- スポンサーリンク -----

黒留袖を染め替えや柄を足すなどして色留袖や訪問着にすることは可能?鋏を入れずに…

2015年01月12日

コメント ( 9 )



173: 2015/01/06(火) 13:08:48.60

すみません。教えてください。

母親の形見の黒留袖があるのですが、自分は独身であり
多分今後も結婚はしないので、黒留袖を着ることはありません。
親族の誰かに譲ろうと思ったのですが、
もう持っていたり、サイズが合わなかったりで断られました。
形見の黒留袖ということで古着屋さん等に売るのは忍びなく、なるべく私が着たいのですが、
例えば染め替えや柄を足すなどして、色留袖や訪問着(風)にすることは可能でしょうか?
帯や羽織にリメイクするという方法もあるでしょうが、鋏を入れずに活用できないかと。

よろしくお願いします。

174: 2015/01/06(火) 13:47:33.75

>>173
ハサミを入れる加工になっちゃうけど、柄の部分を切り出して色無地にアップリケして
色留袖にすることはできる。
色留袖なら独身者でも着ることができる。

柄足しをして訪問着にすることもできるけど、黒の地色はきれいに抜けないし、留袖の柄は
格調高くて柄を足して訪問着にしたとしても、合わせる帯も黒留袖に合わせていたまんまの
帯でなければ合わないから、元黒留袖の印象はぬぐいきれない。結果着用場面が黒留袖並みに
限られる着物になってしまう。

ハサミを入れることさえ躊躇われる大事な品だったら、何も手を着けず、そのままで保管し
お正月とかお雛様等の行事の時に装飾品として衣桁にかけたり、着物ハンガーにかけて
和の雰囲気を演出するアイテムとして使った方がいいかもね。

175: 2015/01/06(火) 13:55:57.32

>>173
ちかしい親族の結婚式に使えるから置いておくといいと思う
姪や甥の結婚式とか。
年をとったらそれ以外着るものがない可能性もある

176: 2015/01/06(火) 14:04:38.35

>>174
詳しい回答ありがとうございます。
柄のお話、納得しました。確かに、どう見ても元黒留袖だとわかりそうな柄です。

>和の雰囲気を演出するアイテム
これが実は最も有効に活用する方法のような気がしてきました。

>>175
未婚で黒留袖を着てもいいのでしょうか?
甥姪の結婚式は色留袖を着ようかと思っていました。
(早くても十年は先のことになるでしょうが。)

178: 2015/01/06(火) 15:01:39.44

>>176
逆に言うと40代になっても未婚だからって振袖を堂々と着られる?
もし奇特な人が現れて結婚することになったら?

大事な黒留を無理に改造しておかしなことにするくらいなら
色留か訪問着くらい新しいのを買いなよ

181: 2015/01/06(火) 15:17:08.83

>>178
あんた失礼だな、レスもちゃんと読んでないし。

177: 2015/01/06(火) 14:44:45.22

>>173
黒留めを絵羽羽織りに仕立て直したのを雑誌で見た事がある
紋があると使いづらいので消して上に柄を置けばいい
柄合わせもあるのでちゃんとした仕立て屋さんに出さないといけないと思う

179: 2015/01/06(火) 15:02:50.84

>>177
ありがとうございます。
母が遺した物の中に、私たち兄弟の入学式・卒業式に着ていた羽織があります。
そのような羽織(黒絵羽羽織というのでしょうか?)は
まさに子供の入学式・卒業式で着る物というイメージがあるのですが、
それ以外の場面でも着られるのでしょうか?
教えて教えてで申し訳ありませんが、お答えいただければ嬉しいです。

180: 2015/01/06(火) 15:16:53.70

他にも
十数年前のと思われる汗ジミの付いた色無地→しみ抜き(無理そう?)か染め替え
ちょっと派手な色目の小紋→落ち着いた色に染め替え
などして何とか自分が着られるようにしたいと思っています。

その中でも黒留袖(と刺繍入りの黒い羽織)はどうすればいいのかわからず、
相談させていただきました。

182: 2015/01/06(火) 15:37:16.08

>>180
そんなの捨てちゃいなよ
色無地や小紋なんて新しいの買ったほうがよっぽど出番も多いしコスパも良いよ

>>181
不躾に他人に失礼だとか言うのは失礼じゃないのかしら~?www

183: 2015/01/06(火) 15:41:23.82

>>180
昭和の時代の黒紋付きの羽織は式典用、もしくは改まった服装でないと失礼になる
目上の人と会う時用だからおしゃれ着には難しい。
やっちゃいけない決まりはないけど、よっぽどセンスのいい着こなしができる人でないと
お洒落目的で着ているとは見てもらえない。

お母さんの形見として思い入れのある品々みたいだから、今は焦って小細工しようとせずに
10年内くらいに着られるようにするいい方法を見つけると考えて、のんびり情報収集したり、
加工を引き受けてくれそうなお店を探したり、加工にかかる費用を貯金したりしてたら?
その間に時々虫干しとかで出して眺めていたら、いいアイデアを思いつくかもしれないし、
その時にはハサミを入れたりする加工でもOKと思えるようになっているかもしれないよ。

私もつい先日、二十歳そこそこで買った附下を染め替えに出したところだよ。
買って数年もたたないうちに「このままじゃ着られねー!」って思ったけれど、じゃあ何色に
染めかえるのか、単純に地色の染め替えだけでは着られる仕上がりにはなりそうにないから
小細工が必要だけど、それはどうすればいいのかわからないままに放置を余儀なくしてた。
「まぁ、これなら挑戦してもいいか」と思える案に煮詰まるまで四半世紀かかったさ’`,、(‘∀`)’`,、

184: 2015/01/06(火) 15:43:16.25

家族との思い出を大切にする事の出来ないひとが湧いてるね
なんでも買え買えうるさいわw

>>179
母の羽織と着物ほどいてバッグに作り替えた
思い出は所詮自分だけのものだから自分さえわかればいいと割り切った
そこまで思い切るのに時間は掛かったけど

185: 2015/01/06(火) 15:49:09.53

>>179
入学式に着るのは紋入りだから紋の位置に柄を付け加えて隠せば
ちょっと豪華な羽織としてお洒落着につかえます
見た目にやっぱり重みがあるので普段着には不向き

186: 2015/01/06(火) 15:57:53.20

>>183
>>184
ありがとうございます。
そうですね。もう少し寝かせておいたほうがよさそうです。
183さんのおっしゃる通り、もう少し経ってからの方が
もっと自由な形で活用する気持ちになれるような気がします。

>>183
>>185
羽織についてのお答えありがとうございます。
やはり、気軽には着にくそうですね。

187: 2015/01/06(火) 16:08:48.87

>>180
シミのついた色無地は染め替えすれば新しいの買うより安上がりだよ
広範囲に古い泥はねがあったピンクの色無地を3万で染め替えたことがある
派手になった小紋は染め替えもいいけど羽織にするのもアリだよ
羽織は多少派手でも長着よりは全然着られるから

黒留袖は難しいところだけど、結婚するつもりが全くないなら柄の切り貼りで色留袖にするのが一番出番は増えると思う
もし今後結婚することがあっても、また切り貼りして黒留袖にすることも出来ないこともないだろうし
とはいえ新しく買うよりは手間もお金もかかるだろうから、実際に着る機会が出来るまで置いておくのが無難かもしれない
一番近そうな機会が甥姪で10年先なら今すぐ決めなくてもいいと思うよ
その10年の間に何が起こるかわかんないんだし

188: 2015/01/06(火) 16:23:37.82

>>187
ありがとうございます。
そうですね。今から結婚する可能性は限りなく低いですが、0%とは言い切れませんしね。
実際、母の妹(私の叔母)たちの中にも、そんなことを言って辞退した人がいました。
染め替えについての情報もありがとうございました。

とりあえず、今は>>174さんの「和の雰囲気を演出するアイテムとして」使って楽しむことにします。

お答えいただいたみなさん、ありがとうございました。

191: 2015/01/06(火) 21:48:58.18

別に未婚で黒留め着ててもいいと思う

192: 2015/01/06(火) 22:12:11.30

黒留袖は既婚女性の第一礼装、は礼装の決まり事。既婚か未婚か知らない人が集まる
場所なら、良いだろうけど。黒留袖を着るのは、親族の結婚式以外は殆ど無いから。

元スレ: http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/fashion/1419394154/


--- スポンサーリンク -----


コメント一覧

  1. 着物の名無しさん   2015年01月12日 18:00

    ID:5BoSFDI40.netのアスペっぷりにドンびく
    愉快犯でなければ嵐だから、このレスまでまとめなくていいのに…

  2. 着物の名無しさん   2015年01月12日 18:26

    染め替え&柄足しのコスパだけ考えたら
    新調して、とっておく。
    お母さんの形見をヘビロテするなら
    羽織にチェンジかな?

    どっちにしても喜んでくれると思うけど。

  3. 着物の名無しさん   2015年01月12日 18:29

    1さんに同意

  4. きもの好き   2015年01月12日 19:07

    私の母は 私が結婚しそうにないので 黒留を名古屋帯に作り直しました

  5. 着物の名無しさん   2015年01月12日 23:56

    質問者は黒色を抜いて色留めに出来るのか、部分的に抜いて染めを足して訪問着に出来るのか、等を聞きたかったのかと思うけど、途中から違う話題にw

    私も知りたいな。知ってる人いないのかな?着物屋さんに聞いた方が早いかな。刺繍を足して訪問着には容易に出来そうだけどね。薄い色を濃い色に、はよく聞くけど、反対は聞いた事ないね。

    母の絵羽織を帯に直したけど、黒だからかなかなか出番がない。黒留めを帯にリメイクもオメデタ過ぎる柄だし染め帯だから、出番が難しそうだね。

  6. 着物の名無しさん   2015年01月13日 00:02

    昭和時代、染め直しは薄い色から徐々に濃い色になって最後に黒とか紺だった。
    黒を薄い色に染め直すのは不可能だったけど、今は出来るんだろうか?

  7. 着物の名無しさん   2015年01月13日 00:44

    正月の晴れ着として、絵羽織や無地の道行で家紋が見えないようにして、初詣位しか案が無いな・・・
    柄が訪問着並に地味だったりポップだったら家紋の上に刺繍を入れて黒字の訪問着にするわ。

    留袖です!って位立派過ぎる柄だと・・・訪問着として激しすぎるなあ・・・

  8. 着物の名無しさん   2015年01月13日 14:41

    黒の色抜きはできないこともないけど絶対綺麗には抜けないし生地も傷むし模様を残してやるとしたらコストもかなり掛かるしで良いこと無いよ。

  9. 着物の名無しさん   2015年01月13日 18:02

    良い黒留って黒出すのにすっごい何回も染め重ねてるって聞いたから
    何となく難しそう

コメントする

煽り・荒らしはスルーでお願いいたします。
煽り・荒らしやそれに反応したコメントは削除する場合がございます。
悪質な煽り・荒らしコメント・過度な連投をされた方については、コメント規制させていただきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事






TOPページに戻る
きものろぐ