--- スポンサーリンク -----

プリント着物の見分け方ってやっぱりルーペとかで拡大して見ないとわからない?

2016年05月26日

コメント ( 24 )



398:  2016/05/10(火) 23:54:03.68

プリント着物の見分け方ってやっぱりルーペとかで拡大して見ないとわからない?
胴裏が化繊ということもありこれプリント友禅だろうなと思っていた着物があったんだ
この間悉皆屋さんに出したところ
セールストークというのもあるだろうけど
やたらとその着物の柄と質感褒めちぎられて一応手描きだったのかなと思い直したところ

400:  2016/05/11(水) 09:58:28.77

>>398
手描きだとプリントにはない線の微妙な歪みとか強弱とかがあるし
色のにじみとか虫食いの部分の点々なんかも一つ一つが全部違う・・・らしいよ。ルーペまでは必要ないと思われ。
何よりまず値段が雲泥の差。

402:  2016/05/11(水) 12:20:35.59

>>400
横でスマンが
それは手描きとイラレの差では?
398は直描きとプリントの差を知りたいんだと思う

403:  2016/05/11(水) 12:52:05.10

うう、和装業界にもヨコモジの嵐が…
プリント着物ってインクジェット印刷の着物?
イラレ…なにもの??

404:  2016/05/11(水) 12:57:59.61

手描き友禅>型押し>>>>>-インクジェットプリント

ttp://819529.com/2013/07
ここが参考になる。

405:  2016/05/11(水) 13:02:21.88

>>402
イラレって何だろう。型押しのことかな。
インクジェットのプリントは裏を見たらわかるんじゃないの?裏まで染料が染みてるかどうか

406:  2016/05/11(水) 13:37:39.13

アドビ社のアプリケーション
「イラストレータ」のことではないでしょうか?
Adobe Illustrator

419:  2016/05/11(水) 17:30:50.60

イラレってのは乱暴に言えば形状を作るソフト
丸三角四角を描いて歪ませたり回転させたり
センターから均一にグラデーション入れたりとかも
そして柄を連続配列でコピーとかが一瞬で出来る

同じハンコで押した様な小紋ならとっても簡単にデータ作成出来るのよ

420:  2016/05/11(水) 18:10:31.44

>>419
ほう、なるほど
最近は色々あるのね
昔は手作業に頼るしかなかったけど
現代は機械でもパソコンでも使えるなら利用しなくちゃ
手描きや手織りに拘るのはその先でも良いと思うわ

元スレ: http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/kankon/1459766795/


--- スポンサーリンク -----


コメント一覧

  1. 着物の名無しさん   2016年05月26日 21:30

    型友禅もロール捺染も江戸小紋もインクジェットも、英語にしたら全部プリントになっちゃうような気がするんだけど?
    新しいいろんな技術を使うのはいいけど、インクジェットものにも京友禅の証紙がつくのにはなんか納得いかない。

  2. 着物の名無しさん   2016年05月26日 23:50

    英語の場合リトグラフとかスクリーン(日本だとシルクスクリーン)と呼ぶんじゃない?
    戦後の日本語は新語作らないから、友禅技法と友禅柄が一緒くたとか乱れまくりだよね

  3. 着物の名無しさん   2016年05月27日 00:17

    裏まで染料が通ってるプリントもある
    あと今は、手描きっぽいにじみをプリントすることもあるらしい

  4. 着物の名無しさん   2016年05月27日 00:35

    そこまで本物と見分けがつかない努力をしてくれて、プリントなりの安価で提供してくれるなら、消費者は嬉しいよ。
    ただ、プリントを隠して高く売ろうとするのは困る。目を肥やしておかなきゃね〜身を守る為にも。

  5. 着物の名無しさん   2016年05月27日 00:50

    こういう話題みると
    印刷デザインに関わる人間はちょっと複雑
    どんなに手間かかってても
    ソフトで作ったからとかデータだからって
    プリントでしょ?タダ同然でしょ?安くしてよ?どっかからコピーしてくるだけでしょ?
    ってなっちゃうから

  6. 着物の名無しさん   2016年05月27日 02:58

    いくらお絵描きソフト使ってもデザインスキルが無いとそのへんはうまくいかなかったりする
    古典の蝶や兎をトレースしても仕立てた時の構図の流れが決まらないとか
    幾何柄をモダンアレンジしたくてもうまく崩せないとか
    竺仙、三勝、岡重なんかは過去の資料とノウハウがあるのが一番の強み

  7. 着物の名無しさん   2016年05月27日 08:20

    プリントとかインクジェットとかいわれると、いかにも同じよーなモノを量産のイメージがあるけど、果たして着物で同じよーなモノを量産してそれだけ売れるんか???

  8. 着物の名無しさん   2016年05月27日 09:10

    インクジェットプリントを手描きと偽らずに適正価格で売ってくれればそれはそれで需要があると思うのよね
    それなりに見えるもので価格を抑えたいわーっていう層もいるし
    自分なんか多分インクジェットプリントのものを着ていて誰かに「手描き友禅?」って聞かれたら「インクジェットだけど柄が気に入ったしお値打ちだったんです~w」と堂々と言っちゃうわ
    なので堂々と言っちゃえるようにちゃんと偽らずに売って欲しい
    その裏でいつか手描きのものを手にする!とコツコツ貯金するのです…

  9. 着物の名無しさん   2016年05月27日 09:15

    振袖なんか市場に出回ってるほとんどがインクジェットだし
    小紋もインクジェットがほとんどになってきてるしなぁ
    設備投資が大きくなるからそんな安くなるわけでもなく。。。
    仕立てる前なら耳見たらわかるよ
    耳まで柄が入ってたらインクジェットだから。

  10. 着物の名無しさん   2016年05月27日 09:54

    ※5
    技術的な努力やデザイナーさんの研鑽あってのものだと私は思うのですが、たぶんそういう面のアピールが着物関係だとあまりないのでそういう誤解を生む可能性もあるかなと考えます。
    「一日何センチしか織れない」とか「何十年の経験で可能になる職人技」みたいなのは見るんですが。
    「絶えてしまった技法を機械でなら再現できるとがんばりました」とか「この鮮やかな色、綺麗でしょう? 手作業で染めると大変ですがプリントならこのお値段で提供できます」とか「どこどこの作家さんのもとで修行したデザイナーが図案を作りました」とか、そういうアピールを雑誌や店頭でしていくと、そらぞれの良さを多くの人にわかってもらえるんじゃないでしょうか。

  11. 着物の名無しさん   2016年05月27日 10:45

    有田焼の唐草なんかは技術度によってかなり
    値段の区別がついてる。
    着物の色無地や江戸小紋もこうあるべきだと思ってる。
    嘘ばっかつかないで、高いわけ安いわけを
    ちゃんと出して欲しいと思う。

  12. 着物の名無しさん   2016年05月27日 11:48

    インクジェットかどうかは地色でなんとなく分るかな。

    主観だけど、インクジェットとかのプリントは、濃い色でも゛浅い”感じがする。
    ペンキでペターっと塗ったみたいな。

    逆に、手染めのものは薄い色でも゛深い”。
    濃くてくすんだような色合いでも透明感がある。


    でも、しっかりした染屋さんが作ったら、プリントでもかなり良い色が出るそうな。
    「良い色」と思って見たら、プリントだと返されたことがある。

  13. 着物の名無しさん   2016年05月27日 11:52

    機械には機械の良さがあるのだから
    堂々とすればいいのにね
    いいデザインなら機械でもほしくなると思うしただそれを隠したりごまかしたり嘘つくのは良くない

  14. 着物の名無しさん   2016年05月27日 12:46

    パソコン(ハード、ソフトともに)の技術の進化は素晴らしいと思うだけどねえ
    パソコンだからってだめって十派ひとからげに見下すのもどうかと思うのよね
    アンティークの銘仙だって物によってはどぎつくて目に痛いわ

  15. 着物の名無しさん   2016年05月27日 13:15

    ※5さん いやいや、データ作るのが大変なのはよく分かってるよ。
    データ作成が云々っていうんじゃなくて
    それだけ着物ってものが手間かかるってこと。
    良いと言われているものは全ての工程がほぼ手作業だし、
    データと違ってやり直しがきかないっていうこともあるからね。
    ちょっと極端かもだけどフルマラソンと当行満阿闍梨みたいな感じ。

  16. 着物の名無しさん   2016年05月27日 13:32

    (手描きほどの)手間をかけずに同じクオリティのものが(現実的には、そこそこのものが)作れるならそれも大事。
    やり直しがきけば制作中の損害リスクが減る。仕事が安定する。
    職人さんの低賃金やそれに伴う後継者不足を解決する決定的な案は今のところないのだから、機械で作るんでもなんでも、着物作りで生活していける人に一定数残ってもらわないと着物自体が着られなくなってしまう。

  17. 着物の名無しさん   2016年05月27日 14:11

    インクジェットコーナー作って売り出したけどそっぽ向かれたんよねぇ
    手間暇をかけて手作りしている、以外の価値観をお客さんが認めてくれる時代はまだ来てないわ

  18. 着物の名無しさん   2016年05月27日 16:00

    それはそうでしょうね。
    インクジェットに抵抗がない人でも、インクジェットの着物をわざわざ選ぶ理由はありませんし。柄なり色なり値段なりを見て選んで、欲しいと思ったものがインクジェットだったとしても構わないってだけで。
    コーナーを作るなら、選ぶ理由になる要素で区切るほうが効果的じゃないですか。

  19. 着物の名無しさん   2016年05月27日 16:53

    インクジェットはインクジェットの良さをもっと出すべきだと思う。

    何で古典模様の格安プリント用になってるのか。
    バブルの頃のシルクスクリーン風のイラストの訪問着とか
    インパクトあって面白かった。

    イルカさんの着物みたいなのとか
    (あれは手染めでしたっけ?)
    京都のキモノラボの痛キモノみたいなのとか
    ああいうオリジナリティあふれる着物を作れる技術として
    使いたい。

  20. 着物の名無しさん   2016年05月27日 17:04

    化繊が絹にはない便利さや機能(冷感とか速乾とか)を追求して発展したみたいに、染めの技術もそこにしかない長所を作れたらいいよね。
    安価なの以外で。安いものが悪いとは言わないけど、高いものの方が質が高いと思ってしまうことはあると思うから。

  21. 着物の名無しさん   2016年05月28日 23:58

    普段着用に気の利いたシンプルなデザインが本染めの高級着物には少ないのよね

    ただの水玉とかただのチェックとか
    値が張るから凝った柄で一目惚れされないと買い手がつかないとかあるのかな?
    特徴のないシンプルな普段着洋服っぽい柄のポリ&インクジェット着物の需要は今増えていると思うんだけど

  22. 着物の名無しさん   2016年05月29日 00:48

    普段着に絹の着物着ないからじゃないかな。
    ごく一部の階級の人を除いて、絹はお洒落したいときに着る時代だと思う。

    普段着でやわらかものだと化繊で価格帯も低いからプリントだし、そういうものは売られてる。
    型染めや先染めの木綿や麻もあるけど。

  23. 着物の名無しさん   2016年05月31日 18:04

    プリントでも手描きでもきにいった物を買えばいいと思う。
    友禅の彩色職人としては、プリント物で着物を始めて自分に似合う色や柄を見つけてから
    値の張る手描き物へって感じがいいかもね。
    値の張るものを買って似合わなかった、着る機会がないかも~っていうのは避けたいよね。

  24. 着物の名無しさん   2016年06月04日 18:42

    せっかくここまで技術進歩してきたんだから、昔みたいに、
    セミオーダーみたいなのできないのかなぁ。

    柄もっと大きくとか、色はこの色に変えたいとか。

    プリントする生地はこれでとか。

    いろいろできて、お手軽になればもっと着物も広まるのになぁと思う。

コメントする

煽り・荒らしはスルーでお願いいたします。
煽り・荒らしやそれに反応したコメントは削除する場合がございます。
悪質な煽り・荒らしコメント・過度な連投をされた方については、コメント規制させていただきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事






TOPページに戻る
きものろぐ