--- スポンサーリンク -----

丈80センチちょっと位の黒の羽織の使い道がわからない…

2015年02月27日

コメント ( 12 )



361: 2015/02/24(火) 11:59:33.68

丈80センチちょっと位の黒の羽織について教えてください
1.絵羽で綺麗な日本刺繍
2.裾と袖とかにシックなモノトーンの花が描かれているもの
3.真っ黒で地紋があり、一つ紋
初心者なので使い道がわからない
一つ紋の分はいわゆる昭和の母の羽織的な感じなんだと思うけど
上の二つは普通に言われているようにカーディガン的に着たらいいの?

362: 2015/02/24(火) 12:03:16.38

>>361
素材にもよるし画像見ないとなんとも

370: 2015/02/24(火) 23:44:44.36

>>361
80センチという長さは今の時代には中途半端な気がする。
同じ外出や埃よけのためなら今は丈の長いコートを着てる人が多いからね。

371: 2015/02/25(水) 02:12:18.93

黒絵羽だよね?
どこに着て行くのも変じゃないのかな
昭和のお母さんが子供の卒入に学校に着て行ってたようなモノと違うの?

372: 2015/02/25(水) 02:24:43.64

>変じゃないのかな
は、変じゃ無い、でなくて
変ですよ!そうじゃない?の意味ですw

373: 2015/02/25(水) 03:04:19.98

黒ジャケみたいに万能だと言う方もいますよね
私は色無地に合わせて入卒出たけど
それ以外では着たことないですね

374: 2015/02/25(水) 08:21:24.99

>>361
上の2つはそれでいいと思うな>カーディガン的
絵羽になっているとのことだけど、丈が短いと今着たらちょっと
カジュアルな感じになるのは否めないと思うから
1は小紋に、2は小紋や紬にって感じかなあ

3番目の黒紋付きは…
普通に考えたら普段に着るのは難しいかも
紋が入っているとどうしても格が上がるからね
373さんみたいに入卒式に着るくらいしか思い浮かばない
ただ、今は着物の格なんて知らない人がほとんどだから普段に着ても
誰もなんとも思わないんじゃないかとも思う

376: 2015/02/25(水) 12:17:25.17

黒羽織3が寸法他の理由で気に入ってるなら
背の紋を、絹地のアップリケとか
ビーズやスパンコールの刺繍、ブローチなどで隠して
見えなくしてしまう方法もあるよ。

私は共布を、地紋のモチーフ分をひとつ切り取って、
中綿入りの平たいくるみボタンのようにして背の紋をカバーした。
結構気に入ってる。

元スレ: http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/ms/1422681016/


--- スポンサーリンク -----


コメント一覧

  1. 着物の名無しさん   2015年02月27日 13:00

    私は刺繍にひかれて黒絵羽買ってしまったことある
    試しに自宅で羽織ってみたけど、やっぱりきちんと感がありすぎて
    カジュアルに落とすには難しいと悟ったよ
    洋服にも言えることだけど服の持っている品格は強烈だと思う

  2. 着物の名無しさん   2015年02月27日 14:18

    色無地に合わせるほうが変に感じるが、まあ変でもなんでもいいわ、こんなもん

  3. 着物の名無しさん   2015年02月27日 14:34

    色無地や付け下げや訪問着に合わせてる方いますよ~何でも合うし
    お茶関係とか

    どうせ茶室に入る前に脱ぐので
    車の運転には短めは楽

  4. 着物の名無しさん   2015年02月27日 15:36

    紋がなければ、
    以前は愛用していたけど今の年齢では派手可愛いすぎる小紋を
    トーンダウンさせるために使える…と思います。

    あと、丈80くらいなら、身長155cm以下だと膝くらいまでの長羽織。
    ソースは153の私。

    私がプレタの長羽織(丈90くらい)を試着したら、
    ふくらはぎまでだら~んと垂れました……。

  5. 着物の名無しさん   2015年02月27日 21:23

    あのぉ、羽織りは脱ぎませんが?脱いでも良いですけど、脱がなくても良いんですけど?
    でも黒羽織はカジュアルじゃないよねぇ。
    家限定ならありかな。
    あー袖を取ってしまうのはどうでしょう。陣羽織みたいにする。

  6. 着物の名無しさん   2015年02月27日 22:36

    2の感覚はおかしいと思う
    昭和の一時期、入卒式に黒羽織が一世を風靡した時は大多数の母は紋付き黒羽織の下に小紋か色無地を着ていた。
    普段着の上に羽織るだけで格を上げることができる便利アイテムだった。多分、今より訪問着を持たない/持てない家が多かったんじゃないかな

  7. 着物の名無しさん   2015年02月27日 23:22

    ※5
    男性は脱ぐ必要ありませんけど、
    茶席は女性は本来は脱ぎます。元々男物です。
    長羽織はコートに近いですし。
    そもそも男性でも羽織だと割に格高い装いです。
    十徳は、免許皆伝じゃないですが、一定のお立場で家元にお許しいただかないと席中で着られませんです。お許しあっても若い方は遠慮して着られません。

  8. 着物の名無しさん   2015年02月28日 08:45

    ※7
    茶席の話じゃなく。
    長羽織りの話でもなく。
    そもそも羽織りは脱がなくても良いものだから~という話。
    茶席では脱ぎましょうっていうのとはまた別の話。
    混乱させてすみません。
    普段から黒羽織りを着るのか?と言われたら着ないだろうね。。。。と。

  9. 着物の名無しさん   2015年04月15日 10:34

    え?黒の絵羽織、刺繍羽織を普通に着てるよ〜
    黒地だから勘違いするのかな
    他の地色の絵羽織や刺繍もあるじゃない
    お茶会に行くときも道中着代わりに着る事もある
    黒の無地なら羽織れば礼装、正装だろうけど絵や刺繍があるならたとえ紋付でもカジュアルだよ〜
    もちろん行く場所や下に着る小紋も考慮するけどね
    黒の紋付無地羽織りは現代では使いどころが無いわなあ

  10. 着物の名無しさん   2015年04月15日 12:55

    黒の紋付無地羽織り以外カジュアルかと思ったけど
    黒紋付で古典柄なら絵や刺繍でも慶事の羽織りになるみたいだ
    お正月とか良いかもしれないね

  11. 着物の名無しさん   2015年04月15日 17:37

    ※9
    紋付きと黒絵羽は略礼装
    色絵羽や無地はそれより格は落ちるがやや格高めな印象
    小紋柄は黒地でもカジュアル
    あとは素材や柄付けによる

    元は長羽織が正式であとから短いのやカジュアル総柄ができた
    短いのは昭和初期の流行、黒無地紋付は、昭和30年代に一番流行した

    古くは礼装は帯つき(移動中は防汚やヤケ対策で何か羽織るのは自由)で良い

    ブラックフォーマルの中で浮かない安心感が入卒に受けてるのでしょう

    理屈から言えば紋付色無地や訪問着にわざわざ黒無地紋付羽織を羽織る必要ないわけだが(下は小紋や縞の木綿で格上げに紋付きを羽織るものだったから)
    今は訪問着や付下げや色無地に羽織ったからと、目くじらたてるものでもないかと

    昭和後期に着物コートブームもあって洋風とか柄とか羽織も色々流行があったので

  12. 着物の名無しさん   2015年04月15日 17:45

    記事の1 慶事略礼装準礼装向け
    柄や刺繍の技法によっては弔事不可
    絵羽は訪問着のように格高め扱い

    記事の2 多分カジュアル向け

    記事の3 紋付きだから、準礼装略礼装以上 地紋が慶弔両用なら慶弔両用
    慶事地紋なら慶事のみ

コメントする

煽り・荒らしはスルーでお願いいたします。
煽り・荒らしやそれに反応したコメントは削除する場合がございます。
悪質な煽り・荒らしコメント・過度な連投をされた方については、コメント規制させていただきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事






TOPページに戻る
きものろぐ