新潟で着物を売るならここ!小千谷紬や越後上布の紹介も【新潟県の着物買取情報】


新潟で着物を売るならここ!小千谷紬や越後上布の紹介も【新潟県の着物買取情報】

新潟県の着物買取情報ページです。

このページで記載している新潟の着物買取情報は以下になります。


新潟県にお住まいの方で着物を売りたい、もしくは新潟が産地の着物を売りたいとお考えの方の参考になればと思います。


新潟のおすすめ着物買取店

新潟県で着物を売るなら最もおすすめの着物買取店は『バイセル』です。

・利用者数No.1の人気業者
・最短即日対応と対応の早さが業界随一
・高価買取が最も期待できる
・査定無料(他社との比較も大歓迎)
・安心して利用できるサポート体制が充実

上記のことから、新潟県で着物を売るなら逆に利用しないと損とも言える着物買取店になります。



なお、他の着物買取店をお探しの方や着物買取のサービス内容を徹底的に知っておきたい!って方は、以下の記事をチェックしてみてくださいね。

【おすすめ】着物買取の人気ランキング!着物買取業者のおすすめ利用法も


新潟の着物買取対応エリア

新潟市、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、上越市、糸魚川市、妙高市、長岡市、三条市、柏崎市、小千谷市、加茂市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、佐渡市


北蒲原郡

聖籠町


西蒲原郡

弥彦村


東蒲原郡

阿賀町


南蒲原郡

田上町


岩船郡

関川村、粟島浦村


三島郡

出雲崎町


南魚沼郡

湯沢町


中魚沼郡

津南町


刈羽郡

刈羽村


▲新潟のおすすめ着物買取店に戻る


人気着物買取店の新潟の店舗

新潟県には、着物買取ランキングに記載している人気着物買取店の店舗がいくつかあるので、持ち込み買取を利用したい方は、下記店舗に着物を直接持っていくのもおすすめです。

基本的には事前予約制なので、予約不要でOKの店舗でも、待ち時間なくスムーズに査定してもらうために、予め連絡してから行くようにしましょう。店舗での買取の予約方法については、公式サイトから着物買取を申し込む際に、持ち込み買取を利用したい旨を伝えるだけです。


ザ・ゴールド着物買取の新潟の店舗

ザ・ゴールド 新発田店

住所 / 新潟県新発田市住吉町5丁目4-14(Googleマップ
時間 / 10:00~18:00


ザ・ゴールド 上木戸店

住所 / 新潟県新潟市東区上木戸2丁目2-7(Googleマップ
時間 / 10:00~18:00


ザ・ゴールド 新潟中央店

住所 / 新潟県新潟市中央区米山6丁目11-8(Googleマップ
時間 / 10:00~18:00


ザ・ゴールド 新潟西店

住所 / 新潟県新潟市西区寺尾東3丁目17-8(Googleマップ
時間 / 10:00~18:00


ザ・ゴールド 亀田店

住所 / 新潟県新潟市江南区早苗2丁目206(Googleマップ
時間 / 10:00~18:00


ザ・ゴールド 燕三条店

住所 / 新潟県新潟県燕市井土巻2丁目254(Googleマップ
時間 / 10:00~18:00


ザ・ゴールド 三条店

住所 / 新潟県三条市荒町2丁目3-34(Googleマップ
時間 / 10:00~18:00


ザ・ゴールド 長岡店

住所 / 新潟県長岡市愛宕1丁目4-47(Googleマップ
時間 / 10:00~18:00


ザ・ゴールド 柏崎店

住所 / 新潟県柏崎市東長浜町7-5(Googleマップ
時間 / 10:00~18:00


ザ・ゴールド 上越店

住所 / 新潟県上越市春日山町3丁目1371(Googleマップ
時間 / 10:00~18:00



▲新潟のおすすめ着物買取店に戻る


新潟が産地の着物


(*)新潟県と山形県の羽越国境で生産されている「科布」の情報については、山形の着物ページに記載しています。

十日町絣(とおかまちがすり)

新潟県十日町市を中心に生産されている先染の絹織物。「十日町紬」とも呼ばれています。繊細で緻密な柄が特徴です。

19世紀中頃に、現在では小千谷縮と呼ばれている「越後縮」の絣技術を、絹織物に応用して、十日町絣が織られるようになったと言われています。その後、明治時代に入ると様々な技法が開発され、絣技術は急速に発展していったそうです。

現在、後継者不足などの問題がありますが、新製品の開発などが積極的に行われています。また、十日町市は日本有数の織物産地となっており、十日町きものまつりなど、着物に関する様々なイベントが開催されています。


十日町明石縮(とおかまちあかしちぢみ)

新潟県十日町市で生産されている夏用の絹縮。セミの羽に例えられるほど薄地で張りのある布地と、清涼感のある肌触りが特徴です。

文政年間(1818年~1829年)に、宮本茂十郎によって確立された「絹縮」や「十日町透綾」と呼ばれていた技法が起源だと言われています。

そして、19世紀末頃、京都の西陣より伝わった明石縮の技術を絹縮や十日町透綾と呼ばれていた技法に応用し、十日町明石縮が織られるようになったそうです。

現在、生産数は少なく、希少品になりつつあります。


十日町友禅(とおかまちゆうぜん)

新潟県の十日町地方で染められている友禅染のこと。

昭和30年代に京都の友禅染の技術を導入したのが始まりです。


小千谷縮(おぢやちぢみ)

新潟県小千谷地方周辺で生産されている麻縮。色柄が豊富で地風が爽やかなことと、シボとよばれる布面の波状の凸凹が特徴です。

江戸初期に、現在の兵庫県明石市周辺のあたる明石藩の藩士だった堀次郎将俊が、浪人として小千谷地方に身を寄せたときに、明石縮の技法を越後上布に応用し、改良を加えて完成させたと言われています。当時は「越後縮」と呼ばれており、夏の織物として日本中に広がっていきました。

現在、小千谷縮の職人は年々少なくなってきています。なお、堀次郎将俊の功績を称え、小千谷市には明石堂が建てられています。


小千谷紬(おぢやつむぎ)

新潟県小千谷地方周辺で生産されている紬の総称。

江戸中頃に、小千谷縮の技法を絹の糸に応用したのが起源だと言われています。当時は自家用として織られていたため、本格的に生産されておらず、小千谷縮の存在に隠れていましたが、昭和初期になると生産は本格化し、現在の製法の基礎が完成したそう。

現在、着物のほか、インテリア用品なども生産されています。


越後上布(えちごじょうふ)

新潟県南魚沼市に古くから伝わる平織の麻織物で、麻織物の最上級品として有名。柄は絣や縞が主で、ごく薄手でシャリ感のある地風が特徴です。

現在の新潟県にあたる越後国の麻織物の歴史は古く、縄文時代から麻織物が織られていたと言われています。平安時代の三代格式の一つである「延喜式」や、鎌倉時代に成立した日本の歴史書である「吾妻鏡」の中には、朝廷に越後の布を納めていたことが分かる記録が残っているそうです。

奈良の正倉院には「越布」として今も保存されています。

木綿が普及する前の鎌倉時代から室町時代にかけては、庶民の衣服は麻織物でした。室町時代には、上杉氏の産業奨励策により、越後上布の生産は一段と盛んになったと言われています。

江戸時代に木綿が大衆化すると、全国的な麻織物の需要は減退しましたが、越後上布の評判はとてもよく、天明年間(1781年~1788年)には、年間20万反以上生産されていたそうです。

現在、原料の苧麻の生産量は極めて少なく、後継者不足の問題も深刻です。


塩沢紬(しおざわつむぎ)

新潟県南魚沼市周辺で生産されている絹織物で、細かい絣模様が特徴的です。

麻織物である越後上布の技術を絹織物に取り入れ、明和年間(1764年~1771年)頃から織られるようになったそう。

名前が似ていますが、下で紹介している「本塩沢」とは別のものです。

現在、新製品の開発や人材の育成などの活動が積極的に行われています。また、塩沢つむぎ記念館も建設されています。

本塩沢(ほんしおざわ)

新潟県南魚沼市周辺で生産されている御召で、「塩沢御召」とも呼ばれています。針の先で描いたような細かく鋭い模様と細かなシボが特徴です。

江戸中頃から織られるようになった「絹縮」が起源と言われています。


五泉平(ごせんひら)

新潟県五泉市で生産されている精好織りの絹地。主に袴地に利用されています。

江戸時代には「葛織」という袴地が織られていたそうで、五泉平の起源については諸説あり、葛織に改良を加えたことにより天明年間(1781年~1788年)に完成したという説や、精好仙台平の技術が導入されたことにより完成したという説などがあります。

現在、五泉平の生産量はわずかとなっていますが、五泉は京都の丹後、滋賀の長浜と並ぶ白生地の三大産地の一つに数えられています。


加茂木綿(かももめん)

新潟県加茂市で生産されている木綿。

江戸時代から織られ始めたそうで、大正末頃が最盛期でした。

現在、化合繊維織物および絹織物が主軸となり、加茂縞などの木綿織物はわずかになっています。


片貝木綿(かたかいもめん)

新潟県小千谷市片貝町で生産されている木綿。さらりとした着心地で、着れば着るほど柔らかくなり、肌に馴染んでくるのが特徴的です。

片貝木綿は、柳宗悦が提唱した民芸運動の一環として、昭和20年代に誕生したそう。ちなみに、民芸運動とは、日常的な暮らしの中で使われてきた手仕事の日用品の中に「用の美」を見出し、活用しようという運動です。

現在、宝暦元年(1751年)創業の紺仁染織工房で生産されています。


栃尾紬(とちおつむぎ)

新潟県長岡市の栃尾地区で生産されている絹織物。一見すると綿織物のようですが、絹特有の光沢があり、しぶく目立たないのが特徴的です。

新潟県長岡市の栃尾地区の織物の歴史は古く、垂仁天皇(紀元前29年~70年)の皇子が国造となった時代頃から織られ始めたと言われています。

江戸時代には、農家の副業として栃尾地区全域にわたって生産されており、品質の評判もよく、全国的に流通していたそうです。栃尾紬の発展に大きな影響を与えた江戸時代の殖産家である植村角左衛門貴渡(1739年~1822年)が、貴渡神社に栃尾織物の祖として祀られています。

その後、次第に衰退していき、現在、栃尾紬の織元は1社になっています。


山辺里織(さべりおり)

新潟県村上市山辺里で生産されていた織物。さわやかで、しゃっきりとした風合いが特徴です。

文化年間(1804年~1817年)頃から織られ始めたそうで、現在の新潟県村上市に藩庁を置いた村上藩により奨励され、発展していったと言われています。 当時は「村上平」や「村上縞」と呼ばれていました。

1876年に、山辺里織と名付けられ、日本だけでなく海外にまで輸出されるほど盛んに生産されていましたが、次第に衰退していき、現在、商品として生産されていません。


全国各地の着物の産地一覧


その他、新潟の着物買取店

新潟県で着物を売りたい…!ってときは

上で紹介している新潟のおすすめ着物買取店で査定してもらう
不満があれば、比較検討のため着物買取ランキングに記載のお店も活用する

どちらも無料でできますし、上記の方法をとれば、納得して新潟で着物を売ることができます

ただ、このサイトで紹介している着物買取店は高価買取が期待できる、かつ新潟県でも利用できる全国規模のお店になります。

もちろん安心して利用できるんですが、地元に根付いたお店のほうがなんとなく良いかも…って方もいるかと思うので、以下、参考情報として新潟県にある着物買取店を紹介しますね。

公式サイトがないお店や、雑多なリサイクルショップなどを除外した結果、紹介できる新潟の着物買取店は『1件』です。

備前屋

住所 新潟県新潟市中央区西堀通5番町832-1 (Googleマップ
営業時間 10:00~18:00
定休日 年中無休
公式HP http://www.kimono-obi.net/

▲新潟のおすすめ着物買取店に戻る


新潟の着物買取関連情報

タウンページのインターネット版「iタウンページ」には、公式サイトがない着物買取店も掲載されています。

着物買取に対応してるけど着物専門ではないってお店も多い為、高価買取が期待できるかわかりませんが、新潟県で持ち込み買取をしたいので、より近場の着物買取店を探している…という方は、一度見てみるのもありかもしれません。ということで、最後に当該ページのリンクを張っておきますね。

新潟県の着物買取に該当するお店「5件