福島市など【福島県の着物買取情報】会津木綿についても紹介


福島市など【福島県の着物買取情報】会津木綿についても紹介

福島県の着物買取情報ページです。

このページで記載している福島の着物買取情報は以下になります。


福島県にお住まいの方で着物を売りたい、もしくは福島が産地の着物を売りたいとお考えの方の参考になればと思います。


福島のおすすめ着物買取店

福島県で着物を売るなら最もおすすめの着物買取店は『バイセル』です。

・利用者数No.1の人気業者
・最短即日対応と対応の早さが業界随一
・高価買取が最も期待できる
・査定無料(他社との比較も大歓迎)
・安心して利用できるサポート体制が充実

上記のことから、福島県で着物を売るなら逆に利用しないと損とも言える着物買取店になります。



なお、他の着物買取店をお探しの方や着物買取のサービス内容を徹底的に知っておきたい!って方は、以下の記事をチェックしてみてくださいね。

【おすすめ】着物買取の人気ランキング!着物買取業者のおすすめ利用法も


福島の着物買取対応エリア

福島市、会津若松市、郡山市、いわき市、白河市、須賀川市、喜多方市、相馬市、二本松市、田村市、南相馬市、伊達市、本宮市


伊達郡

桑折町、国見町、川俣町


安達郡

大玉村


岩瀬郡

鏡石町、天栄村


南会津郡

下郷町、檜枝岐村、只見町、南会津町


耶麻郡

北塩原村、西会津町、磐梯町、猪苗代町


河沼郡

会津坂下町、湯川村、柳津町


大沼郡

三島町、金山町、昭和村、会津美里町


西白河郡

西郷村、泉崎村、中島村、矢吹町


東白川郡

棚倉町、矢祭町、塙町、鮫川村


石川郡

石川町、玉川村、平田村、浅川町、古殿町


田村郡

三春町、小野町


双葉郡

広野町、楢葉町、富岡町、川内村、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村


相馬郡

新地町、飯舘村


▲福島のおすすめ着物買取店に戻る


人気着物買取店の福島の店舗

福島県には、着物買取ランキングに記載している人気着物買取店の店舗がいくつかあるので、持ち込み買取を利用したい方は、下記店舗に着物を直接持っていくのもおすすめです。

基本的には事前予約制なので、予約不要でOKの店舗でも、待ち時間なくスムーズに査定してもらうために、予め連絡してから行くようにしましょう。店舗での買取の予約方法については、公式サイトから着物買取を申し込む際に、持ち込み買取を利用したい旨を伝えるだけです。


ザ・ゴールド着物買取の福島の店舗

ザ・ゴールド 福島店

住所 / 福島県福島市鳥谷野字扇田13-1(Googleマップ
時間 / 10:00~18:00


ザ・ゴールド 会津若松店

住所 / 福島県会津若松市一箕町大字亀賀字郷之原333-1(Googleマップ
時間 / 10:00~18:00


ザ・ゴールド 郡山新さくら通り店

住所 / 福島県郡山市島1-28-4(Googleマップ
時間 / 10:00~18:00


ザ・ゴールド 郡山横塚店

住所 / 福島県郡山市横塚2丁目6-4(Googleマップ
時間 / 10:00~18:00


ザ・ゴールド 須賀川インター店

住所 / 福島県須賀川市岡東町165(Googleマップ
時間 / 10:00~18:00


ザ・ゴールド 新白河店

住所 / 福島県白河市高山72-1(Googleマップ
時間 / 10:00~18:00


ザ・ゴールド いわき平店

住所 / 福島県いわき市平倉前112-16 徳栄ビル1F(Googleマップ
時間 / 10:00~18:00


ザ・ゴールド いわき小名浜店

住所 / 福島県いわき市小名浜岡小名字岸53-1(Googleマップ
時間 / 10:00~18:00



▲福島のおすすめ着物買取店に戻る


福島が産地の着物


会津木綿(あいづもめん)

福島県の会津地方で生産されている木綿。厚みがありふっくらとした質感で、一般的な木綿平織物に比べて縮みにくいのが特徴です。

会津地方は古くから綿花の栽培が盛んで、天正年間(1573年~1592年)の頃には、蒲生氏郷の産業振興策により、綿花の栽培が奨励されていたそうです。

そして1627年に、会津へ国替えとなり会津藩の藩主になった加藤嘉明が、前の領地である現在の愛媛県にあたる伊予松山から織師を招いて、織物の技術を広めたのが会津木綿の始まりだと言われています。

機織りは農民だけでなく、藩士の妻女の内職としても行われ、藩の保護政策のもとで次第に発達。

明治中頃、力織機の普及により大量生産が可能となり、明治末期から大正にかけて、会津木綿の生産は最盛期を迎えました。

しかし昭和30年代半ば以降、人々の生活スタイルが変わるとともに需要が急速に減少していき、生産は縮小していきました。かつて30軒以上あった機業場も、現在わずかとなっています。


会津からむし織(あいづからむしおり)

福島県の会津地方で生産されている織物。からむしを原料としています。

室町時代には、会津地方でからむしの栽培が行われていたと言われています。からむしは「苧麻」や「青苧」とも呼ばれており、主に越後上布小千谷縮の原料に使われていましたが、昭和後期頃から、本格的に会津からむし織が生産されるようになりました。

現在、本州でからむしを栽培しているのは、会津地方にある昭和村のみとなっており、栽培から織りまでの伝統技術が受け継がれています。

また、昭和村では1994年から、村で1年間暮らしながら、からむし織の作業工程を学ぶ「織姫制度」を導入しており、からむし織の技術を受け継ぐ人材の育成が積極的に行われています。


全国各地の着物の産地一覧


その他、福島の着物買取店

福島に根付いた着物買取店を調査したんですが、公式サイトに着物買取に関する詳細情報がないお店や、雑多なリサイクルショップなどを除外した結果、紹介できる福島の着物買取店は『0件』でした。

ちなみに、この記事で紹介している着物買取店は高価買取が期待できる、かつ福島県でも利用できる全国規模のお店になります。

福島県で着物を売りたい…!ってときは

上で紹介している福島のおすすめ着物買取店で査定してもらう
不満があれば、比較検討のため着物買取ランキングに記載のお店も活用する

どちらも無料でできますし、上記の方法をとれば、納得して福島で着物を売ることができます


▲福島のおすすめ着物買取店に戻る


福島の着物買取関連情報

タウンページのインターネット版「iタウンページ」には、公式サイトがない着物買取店も掲載されています。

着物買取に対応してるけど着物専門ではないってお店も多い為、高価買取が期待できるかわかりませんが、福島県で持ち込み買取をしたいので、より近場の着物買取店を探している…という方は、一度見てみるのもありかもしれません。

福島県の着物買取に該当するお店「5件


福島の着物散策スポットと着物レンタル店

最後に。

着物買取店で着物を売ったあとに、また着物を着たくなるってこともあると思います。そういうときどうすれば?というと、手軽な方法は着物レンタル店の利用です。

ということで、着物を手放したけどまた着たいって方に、福島県の着物散策スポットとその近隣にある着物レンタル店をピックアップして終わりますね。

余談ですが、成人式の振袖も今やレンタルのほうが多くなってきているそう。冠婚葬祭(成人式にかかわらず)の着物もレンタルで済ます時代になってきているんですよね。


福島の着物散策スポット『会津』

会津若松城(鶴ヶ城)

画像:会津若松城(鶴ヶ城)


会津若松城(鶴ヶ城)や白虎隊など歴史スポットとして人気の観光地「会津」。着物での散策にもおすすめです。


会津周辺の着物レンタル店Pick Up

きものべんりや としの坊

住所 / 〒965-0044 福島県会津若松市七日町8-12(Googleマップ
時間 / 10:00~19:00
料金プランの詳細や予約状況はこちら


▲福島のおすすめ着物買取店に戻る