名古屋市など【愛知県の着物買取情報】有松鳴海絞についても紹介


名古屋市など【愛知県の着物買取情報】有松鳴海絞についても紹介

愛知県の着物買取情報ページです。

このページで記載している愛知の着物買取情報は以下になります。


愛知県にお住まいの方で着物を売りたい、もしくは愛知が産地の着物を売りたいとお考えの方の参考になればと思います。


愛知のおすすめ着物買取店

愛知県で着物を売るなら最もおすすめの着物買取店は『バイセル』です。

・利用者数No.1の人気業者
・最短即日対応と対応の早さが業界随一
・高価買取が最も期待できる
・査定無料(他社との比較も大歓迎)
・安心して利用できるサポート体制が充実

上記のことから、愛知県で着物を売るなら逆に利用しないと損とも言える着物買取店になります。



なお、他の着物買取店をお探しの方や着物買取のサービス内容を徹底的に知っておきたい!って方は、以下の記事をチェックしてみてくださいね。

【おすすめ】着物買取の人気ランキング!着物買取業者のおすすめ利用法も


愛知の着物買取対応エリア

名古屋市、一宮市、春日井市、愛西市、あま市、稲沢市、犬山市、岩倉市、大府市、尾張旭市、北名古屋市、清須市、江南市、小牧市、瀬戸市、知多市、津島市、東海市、常滑市、豊明市、長久手市、日進市、半田市、弥富市、岡崎市、豊田市、安城市、刈谷市、高浜市、知立市、西尾市、碧南市、みよし市、豊橋市、豊川市、蒲郡市、田原市、新城市


愛知郡

東郷町


海部郡

大治町、蟹江町、飛島村


西春日井郡

豊山町


丹羽郡

大口町、扶桑町


知多郡

阿久比町、東浦町、南知多町、美浜町、武豊町


額田郡

幸田町


北設楽郡

設楽町、東栄町、豊根村


▲愛知のおすすめ着物買取店に戻る


人気着物買取店の愛知の店舗

愛知県には、着物買取ランキングに記載している人気着物買取店の店舗がいくつかあるので、持ち込み買取を利用したい方は、下記店舗に着物を直接持っていくのもおすすめです。

基本的には事前予約制なので、予約不要でOKの店舗でも、待ち時間なくスムーズに査定してもらうために、予め連絡してから行くようにしましょう。店舗での買取の予約方法については、公式サイトから着物買取を申し込む際に、持ち込み買取を利用したい旨を伝えるだけです。


バイセル着物買取の愛知の店舗/センター

バイセルの持ち込み買取に対応している場所は、店舗とセンターの2種類あります。そして、センターは完全予約制になります。連絡せずにセンターに行っても対応してもらえないのでご注意ください。


バイセル 名古屋 栄セントラルパーク店

住所 / 愛知県名古屋市中区錦3-15-13 セントラルパーク地下街 セントラルパーク内B1F 22番店舗(Googleマップ
時間 / 月~土 10:00~21:00、日・祝 10:00~20:00


バイセル 名古屋センター

住所 / 愛知県名古屋市西区名西2丁目33-10 東芝名古屋ビル7F(Googleマップ




福ちゃん着物買取の愛知の店舗

福ちゃん 愛知 名古屋店

住所 / 愛知県名古屋市昭和区阿由知通5丁目13番地(Googleマップ
時間 / 10:00~19:00



▲愛知のおすすめ着物買取店に戻る


愛知が産地の着物


有松・鳴海絞(ありまつなるみしぼり)

愛知県名古屋市の有松、鳴海地区を中心に生産されている絞り染めの総称。

1610年~1614年にかけて行われた名古屋城築城の手伝いを、現在の大分県にあたる豊後の大名が命ぜられた時に、豊後から連れてきた人によって絞の技法が伝えられ、そして竹田庄九郎という人が木綿に絞り染めを施した手ぬぐいを作り、東海道を往来する旅人へお土産として売り出したのが始まりと言われています。(諸説あります)

その後、現在の愛知県にあたる尾張藩の保護のもと、絞独特の上品で多種多様な技法が考案・開発されました。

有松・鳴海絞の特徴は、その技法の多さにあります。雪花絞・鹿の子絞・巻き上げ絞・蜘蛛入り柳絞・三浦絞・嵐絞・桶絞・筋絞・板締め絞・縫絞などなど100種類以上あるそう。

しかし現在、後継者不足や生産量の減少などにより、かつて100種類以上といわれていた技法が減ってきています。


名古屋友禅(なごやゆうぜん)

愛知県名古屋市、春日井市、西尾市、西春日井郡師勝町で生産されています。京友禅加賀友禅などよりも、質素で落ち着いた色柄で、1つの色の濃淡で絵柄を描く色遣いが特徴的。

第七代尾張藩主・徳川宗春(1730年~1739年)の華やかな尾張文化の時代は、京都や江戸から様々な職人たちが往来を行き交っており、この時に友禅の技法が伝えられたと言われています。

徳川宗春失脚後、質素倹約が励行され、友禅の模様の配色も色数を控えた渋い単彩濃淡調の素朴なものとなっていきました。これが名古屋友禅の特徴となり現在に受け継がれています。


知多木綿(ちたもめん)

愛知県知多市で生産されている木綿。

江戸初期の慶長年間(1596年~1615年)には「生白木綿」として生産され、江戸に送られていたと言われています。生白木綿は綿の繊維そのままで、黄ばんだ色をしていることにより、完成品として扱われず価格も安いものでした。

その後、江戸中期の天明年間(1781年~1789年)に、現在の知多市にあたる岡田村の中嶋七右衛門という人が晒技術を導入して以来、「知多晒」として名声が高まっていきました。そして、知多の晒木綿の生産量は徐々に増加し「知多木綿」として定着していったそうです。

現在、技術の伝承者も数少なくなっていますが、知多木綿の技術伝承・保存を行う活動が行われており、機織り体験ができる場所も何軒かあります。


三河木綿(みかわもめん)

愛知県の三河地方で生産されている木綿。

江戸時代に、三河地方で綿の栽培と綿織物が盛んとなり、綿織物は「三白木綿」として江戸方面に送られていたといわれています。その後、西洋の技術を取り入れ、明治時代には「三河木綿」「三河縞」という名で全国に知れ渡っていきました。

現在、手織場が立ち上げられ「三河木綿」「三河縞」の復元と生産が行われています。


全国各地の着物の産地一覧


その他、愛知の着物買取店

愛知県で着物を売りたい…!ってときは

上で紹介している愛知のおすすめ着物買取店で査定してもらう
不満があれば、比較検討のため着物買取ランキングに記載のお店も活用する

どちらも無料でできますし、上記の方法をとれば、納得して愛知で着物を売ることができます

ただ、この記事で紹介している着物買取店は高価買取が期待できる、かつ愛知県でも利用できる全国規模のお店になります。

もちろん安心して利用できるんですが、地元に根付いたお店のほうがなんとなく良いかも…って方もいるかと思うので、以下、参考情報として愛知県にある着物買取店を紹介しますね。

公式サイトに着物買取に関する詳細情報がないお店や、雑多なリサイクルショップなどを除外した結果、紹介できる愛知の着物買取店は『1件』です。

美彩屋

住所 愛知県名古屋市北区彩紅橋通1-5(Googleマップ
営業時間 9:00~18:00
定休日 日曜日
公式HP https://re-kimono.net/

▲愛知のおすすめ着物買取店に戻る


愛知の着物買取関連情報

タウンページのインターネット版「iタウンページ」には、公式サイトがない着物買取店も掲載されています。

着物買取に対応してるけど着物専門ではないってお店も多い為、高価買取が期待できるかわかりませんが、愛知県で持ち込み買取をしたいので、より近場の着物買取店を探している…という方は、一度見てみるのもありかもしれません。

愛知県の着物買取に該当するお店「35件


愛知の着物散策スポットと着物レンタル店

最後に。

着物買取店で着物を売ったあとに、また着物を着たくなるってこともあると思います。そういうときどうすれば?というと、手軽な方法は着物レンタル店の利用です。

ということで、着物を手放したけどまた着たいって方に、愛知県の着物散策スポットとその近隣にある着物レンタル店をピックアップして終わりますね。

余談ですが、成人式の振袖も今やレンタルのほうが多くなってきているそう。冠婚葬祭(成人式にかかわらず)の着物もレンタルで済ます時代になってきているんですよね。


愛知の着物散策スポット『犬山』

犬山の城下町(本町通り)

画像:犬山の城下町(本町通り)


尾張の小京都と呼ばれる「犬山」。国宝「犬山城」やその城下町など、着物散策にピッタリな観光地です。


犬山周辺の着物レンタル店Pick Up

犬山小町

住所 / 愛知県犬山市西古券21-3(Googleマップ
時間 / 10:00~17:00
料金プランの詳細や予約状況はこちら


犬山日和

住所 / 愛知県犬山市犬山東古券195(Googleマップ
時間 / 10:00~18:00
料金プランの詳細や予約状況はこちら


清華堂

住所 / 愛知県犬山市犬山北古券7-2 2階(Googleマップ
時間 / 10:00~17:00
料金プランの詳細や予約状況はこちら


▲愛知のおすすめ着物買取店に戻る