友人の結婚式。振袖にアンティークの丸帯ってどうですかね?染めだと思う

2017年03月24日

コメント ( 12 )


900: 2017/03/17(金) 01:35:39.77

ちょっと聞きたい。
友人の結婚式に振袖で行く予定なんだけど帯ってアンティークの丸帯(と言われたもの)ってどうですかね?
牡丹で金糸銀糸なし。染めだと思う。

903: 2017/03/17(金) 02:19:37.12

>>900
金糸銀糸なしで染め帯だと一般的には格が低いと思う
とても華やかならありかなあ

904: 2017/03/17(金) 06:29:32.66

>>903
レストランウエディングならセーフ
有名ホテルで披露宴だったらやめといた方がいいかも

905: 2017/03/17(金) 06:49:06.17

>>900
格は下がるけど、友人枠ならいいんじゃないかな。
身内枠なら駄目だね

906: 2017/03/17(金) 06:51:43.16

>>900
丸帯って袋帯より短くて、二重太鼓できないこともあるよね。
振袖なら変わり結びだけど、短くても結べるかな?

907: 2017/03/17(金) 07:28:43.88

>>900
あと重たくってごつくって
とっても結びにくいよ

908: 2017/03/17(金) 08:49:36.99

地方都市のホテルで友人の披露宴です!
丸帯は格が高いって聞いたけど染め帯だと格下がっちゃうんですね。
友人もお相手も地方の田舎の方らしいので今回はやめとこうかな、

909: 2017/03/17(金) 09:58:18.74

染めの丸帯は昭和初期まで作られていたんだよね
丸帯の格が高いのは織であること前提で、染め帯の丸帯は洒落帯にしかならないので、田舎ならなおのこと避けた方がいい

元スレ: http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/kankon/1484387823/


スポンサーリンク


コメント一覧

  1. 着物の名無しさん   2017年03月25日 01:44

    染めの袋帯なら持ってる。それだって相当珍しいと思ってたけど、染めの丸帯は存在すら知らなかった。着物との取り合わせも含めて、ものすごく見てみたい!
    909さんは博識だなあ。もう少し詳しく教えて頂けないかしら…。

  2. 着物の名無しさん   2017年03月25日 14:19

    染の袋帯ってそんなに珍しくないと思うよー。普通に洒落袋扱いで、キレイ目な小紋やキレイ目な紬にあわせてる。私が持ってるのはいわゆる作家物で、金通しとか銀通しの生地が多い。改良枕で二重太鼓にするから、結ぶのも苦にならない。

  3. 着物の名無しさん   2017年03月26日 00:37

    ※2さん 染めの袋帯は普通なの?
    着物好きになって30年以上ですが、1度も見たことありません。もちろん染めの丸帯も。
    地域性とかあるのかしら?

  4. 着物の名無しさん   2017年03月26日 00:59

    2さんじゃないけど。
    洒落袋ならごく普通にあると思う。自分も何本か持ってるぐらいだし。
    バブル以降だと思うけど、カジュアルには、名古屋帯より洒落袋をすすめられることが多かった印章。単価が高く設定できるからですかね。

  5. 着物の名無しさん   2017年03月26日 09:30

    >>3
    2です。普通というかそんな珍しくないと思いますよ。
    染色作家さんの帯とか、加賀友禅作家さんとか、名古屋だと単価が低いので、袋帯多いと思います。
    私も気が付けば5本ぐらいたしかあります。どれも、金通しや銀通しの生地だったり、箔が散らしてあったり、ドレッシーな感じです。
    私も丸帯は見たことないですが。。
    かえって名古屋帯の扱い自体が少なく、名古屋帯ないですか?って聞いたら、最近名古屋帯少ないのよねーと、綴れしかなかったり。

  6. 着物の名無しさん   2017年03月26日 17:54

    ※3です。
    ※2さん※4さん、気に掛けてご回答下さって、どうもありがとうございます。
    今日実家で「持ってないよね~?」と話題に出したら、なんとなんと、母も姉も持っていると!
    興味のあるものしか目に入らない、自己中心的な性格を、たしなめられて帰って参りました。
    皆さまにも、お騒がせしてすみませんでした。

  7. 着物の名無しさん   2017年03月26日 18:06

    目に入らないというか、染の袋帯を見ても、脳内であれは名古屋帯って確定しちゃってただけではないかしら?
    これからはここにもあそこにもある!てなるかも。

  8. 着物の名無しさん   2017年03月26日 19:05

    染めの袋帯はバブルの頃によく薦められた気がする。展示会にも行ったことあるよ。
    皆さんの仰ってるように、カジュアルだけどドレッシーなものが多い印象。
    私もごつい刺繍がしてあるのを持ってます。

    染めの丸帯も見たことあるけど、確か素人さんのしめる物じゃなかったと思いますよ。

  9. 着物の名無しさん   2017年03月26日 19:48

    私の持ってる染めの丸帯は、大正時代のもの
    着物専門の古物商から買ったんだけど、店主には訪問着から色無地までの礼装用と言われた
    でも織りの帯と比べるとかなり違和感あるので、無地紬にあわせてお出かけしてる
    古いものは生かし方が難しいね

  10. 着物の名無しさん   2017年03月26日 20:03

    袋帯が一般に広まる以前は、カジュアルも丸帯だったと思うから(昼夜帯などもあったけど)古いものは丸帯=礼装とは言えないはずだと思う。

  11. 着物の名無しさん   2017年03月28日 02:20

    ※1です。他力本願発言を反省し、少しは自分で調べてみたので、報告させて下さい。

    ・染めの丸帯について
    別冊太陽『昔きものを楽しむ』に、「染物が流行した大正末から昭和初期には染めの丸帯が作られ」とあり、909さんの話や灯屋さんのブログで読んだ「染めの丸帯は戦前までの物」とも一致します。この本によれば、一般には昼夜帯などを用いたそうで、たとえ染めでも丸帯ならかなり格上、日本に華族や財閥があった時代の、上流階級の盛装用という印象を受けました。
    別冊太陽の昔きものシリーズ4冊を眺めると、確かに素晴らしい華やかな染めの丸帯が何本も掲載されていて、うっとりします。またネット上でも、同様のアンティークな染めの丸帯の画像が幾つも見つかり、自分の無知を恥じました。こうした物なら、華やかな振袖や訪問着に合わせて、結婚披露宴に出るのも良いのではないでしょうか。
    尚、家庭画報特選『帯の常識と帯結び』では、現在使われている丸帯の例として、花嫁衣装と舞妓のだらりの帯だけが挙げられていました。舞妓は4・5・10月が染めの丸帯ですから、※8さんの仰る「素人の物ではない」というのは、この辺りを指すのかな、と納得しました。

    ・染めの袋帯について
    まずネットの画像を見ると、豪華な物からカジュアルな物まで、現在は様々な染めの袋帯が作られていて、全然珍しくないのだと分かりました。
    しかし、特選実用ブックス『帯の基礎知識』(2010年)では「まれに染めの袋帯もある。」と。前述の『帯の常識と帯結び』(1993年)でも「ごくまれに染めの袋帯を注文で作る人もいます。」と説明しています。これだけ読むと、絶滅危惧種って感じでしょう?
    結城屋さんのブログも「染めの帯と言えばほとんどが名古屋」と書いていますが、一方ステキな泥染めの袋帯の商品を載せています。
    つまり、私が買った頃には、確かに「染めの袋帯」は珍しかったと思います。けれども時代が変わったのですね。※5さんの仰る事情が、さもありなんと感じます。勉強になりました。

    長々と失礼しました。

  12. 着物の名無しさん   2017年03月28日 08:54

    わー、すごく調べたんだね! ※8です。

    ピンポン!
    ぼかして書いたけど、私の行った展示会で染めの丸帯をお買い上げされてたのは、有名な置屋さんでした。
    一点物の手描きでしょ。丸帯でしょ。どのような方がどのような時にしめられるのか聞いたのよ。
    そしたら(その当時は)染めの丸帯は、ほとんど玄人さんの注文で、ということでした。
    だらりに結ばないと勿体ない素晴らしい意匠のものばかりで、あれほど凝った染め帯は、
    あれ以来見たことがありません。(お値段も素晴らしかったですよ。表示なし←聞いたの)

コメントする

煽り・荒らしはスルーでお願いいたします。
煽り・荒らしやそれに反応したコメントは削除する場合がございます。
悪質な煽り・荒らしコメント・過度な連投をされた方については、コメント規制させていただきます。


関連する記事


TOPページに戻る
きものろぐ - 着物まとめ -