--- スポンサーリンク -----

着付けを習い初めてから2年が経って一応他装まで習いました。その間の心境の変化が…

2016年03月27日

コメント ( 5 )



89:  2016年03月21日 23:56

夜中にコソッと書き込み。
着付けを習い初めてから、2年が経って一応他装まで習いました。
その間の心境の変化が自分で振り返ってみても面白かった。

・着付けを習い始める前
浴衣ドレス→うっわ、何あれ…。あんなの浴衣と名乗ってほしくない!何であんなの売り出すの!
肩だし(花魁?)着付け→何それあり得ない!!

・礼装の着付けに入った頃
浴衣ドレス→まぁ、ああいうのもアリ、か…?
肩だし着付け→だがしかし、コレはダメだ。ダメ。あり得ない。

・他装を一通り習い終える頃(現在)
浴衣ドレス→えっ、着つける人が近くにいない?浴衣ドレスでもいいんじゃない?楽だよ?
     興味持ったら浴衣買ってもいいんじゃない?
肩だし着付け→どうしたらイブニングドレスのように上品に見せる事ができるだろうか…。

お祭りで白杖を突いてるお嬢さんがお友達と浴衣ドレスを着ているのを見た時、「そういえば、そういう人って浴衣では心許ないだろうな」って思ったのは大きな転機だったと思います。
浴衣ドレスや肩だし着付けって、嫌いな人も多いだろうし実際自分もそうだったけど、だからこそ面白いなーと思った心境の変化でした!
さすがに少数派かな、とも思うのでたくさんの人がいるだろうここなら同志がいたら嬉しいな、と。

91:  2016年03月22日 01:20

89さん

確かにハンディのある方が浴衣を楽しみたいなら浴衣ドレスのほうがいいのかも、なるほどです(*´∀`*)
年中行事もファッションも新しいものを面白がり、駆逐せず、緩やかに混じり合う日本らしい視点が素敵だな~と思いました。

93:  2016年03月22日 07:37

89さん

私もお祭りの日に、車椅子のお嬢さんの浴衣ドレス姿を見て印象が変わりました。
ご本人も、車椅子を押す彼氏らしき男性(甚平姿)もニコニコしていて
とても楽しそうで、こちらまで幸せな気分になりました。
バリアフリーで、自装の壁を低くするのは良いなと思います。

でも、花魁風な露出過剰の着付けにはまだまだ抵抗があります。
着物は首・手首・足首がちらりとみえることで
女性の美しさを引き立たせるものだと思いますので。
イブニングドレス、ローブ・デコルテとは分けて考えたいです。

引用元: http://www.kimonolog.com/archives/post-32408.html


--- スポンサーリンク -----


コメント一覧

  1. 着物の名無しさん   2016年03月31日 11:40

    花魁風って言い方もある意味大迷惑だよな
    花魁涙目

  2. 着物の名無しさん   2016年03月31日 19:19

    今は本職の花魁はいないはずだから・・・・大丈夫だと思われ
    成人式に花魁だと水揚げ終わったんだね・・・・とゲスパーされるだけなのに

  3. 着物の名無しさん   2016年03月31日 19:30

    花魁風着付けの着物はそれで会社興してやってる人たちもいるらしいので、新しいジャンルを開いたって思ってる。
    今花魁着物着てる層って一昔前なら「着物とかマジださくね?振袖とか金の無駄だしwwその金で遊びてーwww」って言ってた層なので。
    伝統的かとか上品かとかそういう問題じゃなく「これが着たい!!!」思わせるってのはすごいと思った。

    そのうち江戸時代のばさら者みたいに男物の着物を着たりするようになるんだろうか・・・

  4. 着物の名無しさん   2016年04月01日 01:18

    現代版「傾奇者」かあいいかも

  5. 着物の名無しさん   2016年04月01日 01:21

    裾野が広くなれば、色んな着方が許容されて目くじら立てる必要もなくなるからな

    「礼装のコスプレ化」はそりゃ物申したくなる気持ちもあるだろうが、※3の言ってるとおりビジネスとして上手いよね

コメントする

煽り・荒らしはスルーでお願いいたします。
煽り・荒らしやそれに反応したコメントは削除する場合がございます。
悪質な煽り・荒らしコメント・過度な連投をされた方については、コメント規制させていただきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事






TOPページに戻る
きものろぐ